北日本V2マシンを引き継いだ2号車の南澤拓実が初優勝!

  • 開催場所:筑波サーキット
  • 開催日:2021年05月05日(水) 〜 2021年05月05日(水)
ロードスター・パーティレースⅢ 東日本 NDシリーズ Rd.1

5月5日、茨城県の筑波サーキットで東日本NDシリーズの第1戦が行われた。NDシリーズクラスは2号車の南澤拓実が予選2番手からスタートで先頭に立ち、堂々の初優勝。この2号車は先日の北日本NDシリーズで関 豊が2連勝しているため、同一車が開幕から3連勝の快挙達成となった。
2B3A4834.JPG

●予選
パーティレースの歴史はここ筑波で、19年前のこの日から始まっている。昨年は開幕戦が9月にずれ込んだが、今年は万全の感染防止対策を施して、2年ぶりに恒例となる「こどもの日」に開催。芝生広場には鯉のぼりが掲揚された。エントリーは第1レースのNDシリーズに29台、3レース合計で71台という大盛況。初参加もこのレースだけで6名(全クラス合計は20名)を数えている。
_ATO3234.JPG
公式予選は9時15分から15分間で、2台が欠場して27台がコースイン。天候は曇りで、気温21.9℃・路面温度27.9℃・湿度52%というコンディションだった。時おり10mを超す強い風が吹く中、先頭でコースに入った19歳の大学生、35号車の箕輪卓也がいきなり1分10秒297をマーク。結局、このタイムを誰も上回れなかった。
2B3A5044.JPG
箕輪はカートの経験は豊富だが、4輪車では今日が初レース。大いに注目を集めることになった。フロントローに並んだのは南澤で、ベストは1分10秒482。191号車の菅原達也が残り5分を切ってから1分10秒564まで削って予選3番手に浮上した。先日の合同テストではトップだった16号車の上田純司が1分10秒626で4番グリッドを獲得。さらに118号車の野島俊哉、71号車の登坂紀が3列目で続き、予選9位の21号車・吉田隆ノ介までが1分10秒台という接近戦となっている。
IMG_3530.JPG

●決勝
午前の予選はドライ路面で行われたが、パラついていた雨が午後に入ると本降りとなり、路面もフルウエットに変化。パーティレースでは通常オープンでの走行が義務となっているが、競技長より決勝レース(15ラップ)はトップを閉じての走行が許された。14時の時点でのコースコンディションは、気温18.6℃・路面温度20.6℃・湿度78%となった。
NDシリーズ決勝はほぼオンタイムの14時52分にシグナルがブラックアウト。
IMG_5388.JPG
ポールの箕輪にとって人生初めてのグリッドスタートは厳しい試練となった。ご存知の方も多いだろうが、2ペダルのカートはローリングスタートが基本。クラッチミートという工程がないのだ。もたつく箕輪の横を2番グリッドの南澤が抜き去って1コーナーをクリア。その後、スリーワイドでダンロップコーナーに進入することになった箕輪と6番グリッドだった登坂が接触。スピンした登坂は最後尾まで後退する。オープニングラップは「南澤→菅原→上田→野島」という、箕輪を除く2番から5番のグリッド通りの順番で通過。以下、5位と6位には9番グリッドの吉田と10番グリッドの1号車・丹羽英司が、混乱にも乗じてジャンプアップした。
IMG_5581.JPG
2周目にもドラマが起きた。南澤が1コーナーで一度トップの座を奪われるが、奥のヘアピンで抜き返すことに成功。続く2位から4位が「野島→菅原→上田」の順となった。さらに9位までドロップした箕輪は単独スピンを喫して緊急ピットイン。周回遅れで完走こそ果たすものの、ほろ苦いデビュー戦になってしまった。
3周目に上田が菅原をかわして3位となると、それ以降は上位陣に順位の変動は起きなかった。南澤は6周目には1秒、12周目には2秒と少しずつリードを拡大。これが初優勝とは思えない、安定した走りを披露した。
2B3A5688.JPG
2位には野島、4位となる菅原の猛攻をしのぎ切った上田が3位でポディウムに立ち、5位の吉田と6位の丹羽までが入賞となった。なお、1周目に最後尾までドロップした登坂だが、その後は「追い抜きショータイム」を披露。14台をパスして13位まで順位を回復した。さらに登坂は今回、このパーティレースに通算10年以上、かつ30戦以上参加した功労を讃える「Great Party Racer賞」も受賞している。
2B3A6041.JPG

2B3A5970.JPG

●優勝した南澤選手コメント
2号車はSUGOで関さんが2連勝したマシンなので、プレッシャーはありました。でもスタートがうまくいき、先頭に立ってからはイイ感じで走ることができました。チームの皆さんに感謝です」
タイヤについては
「チームは昨年からRE004を使用していますが、バトルの時も安心です。今日みたいな路面で、最終でリアが少し流れた時も立て直せるのがありがたいです」

レース結果

コース:筑波サーキット

[NDシリーズ]

決勝

  • 開催日:2021/05/05
  • 天候:Rain
  • 路面:Wet
  • 決勝出走:27
  • 完走:26
  • (2.045km x 15laps = 30.675km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 2 南澤 拓実 BS Bridgestone pttモタスポ部ロードスター 15 19'36.596
2 118 野島 俊哉 BS Bridgestone -Jin-ロードスター#118 15 19'40.442
3 16 上田 純司 BS Bridgestone 上伸物流 ロードスター 15 19'45.280
4 191 菅原 達也 BS Bridgestone タケトモTCRロードスター 15 19'46.025
5 21 吉田 隆ノ介 BS Bridgestone HTRロードスター 15 19'52.585
6 1 丹羽 英司 BS Bridgestone IDSレイルガルフロードスター 15 20'06.530
7 91 沢崎 祐一 BS Bridgestone DELTAロードスター 15 20'12.750
8 49 石川 祥吾 BS Bridgestone TC CORSE ロードスター 15 20'16.025
9 28 石井 達也 BS Bridgestone pttモタスポ部ロードスター 15 20'16.696
10 14 Onodera Sho BS Bridgestone シグマワークス☆ロードスター 15 20'18.045
11 29 岩田 洋二 BS Bridgestone Moty's☆ロードスター 15 20'18.978
12 80 Jco Iinura BS Bridgestone Jocロードスター@LD 15 20'20.203
13 71 登坂 紀 BS Bridgestone Moty's☆ロードスター 15 20'29.244
14 92 アイダ サトル BS Bridgestone プロセスUTロードスター 15 20'31.640
15 27 田中 祐也 BS Bridgestone TCC DR ロードスター 15 20'31.845
16 81 瀧口 智弘 BS Bridgestone 笑っていいTOMOロードスター 15 20'44.079
17 133 辻田 佳典 BS Bridgestone ZEST☆ロードスター 15 20'44.808
18 53 SOSUKE SEKIGUCHI BS Bridgestone 五反田珍走団ロードスター 15 20'44.993
19 175 中村 公一 BS Bridgestone モクモクロードスター 15 20'52.827
20 105 相馬 勉 BS Bridgestone soma_MX-5ロードスター 15 20'53.403
21 159 イシカワ BS Bridgestone TCコルセ mtwt ロードスター 15 20'55.201
22 10 各務 猛 BS Bridgestone エルム ロードスター 15 20'55.923
23 22 荒井 彦幸 BS Bridgestone 酒処かっば ロードスター 15 20'57.916
24 36 上入佐 慶太 BS Bridgestone Moty's ROADSTER 14 19'57.140
25 126 川島 修 BS Bridgestone OKE MS ロードスター 14 20'04.227