北日本2連勝中の新鋭、野島俊哉が筑波で初優勝

  • 開催場所:筑波サーキット
  • 開催日:2021年10月24日(日) 〜 2021年10月24日(日)
ロードスター・パーティレースⅢ 東日本 NDシリーズ Rd.4

10月24日、茨城県の筑波サーキットでロードスター・パーティレースⅢの東日本シリーズ第4戦が行われた。NDシリーズクラスでは118号車の野島俊哉が2番グリッドから鮮やかに逆転優勝。南澤拓実の完全制覇は夢と散ったが、東日本のタイトルはこれで確定した。

●予選
第3戦の予選レポートでも紹介したように、この日の予選で輝いたのは2号車の南澤拓実。1分9秒623のセカンドベストでもライバル全員を上回って連続ポールをゲット。残るフロントローも第3戦と同様に野島が1分9秒743で獲得した。またセカンドベストでは35号車の箕輪卓也までが9秒台で、4番グリッドの16号車・上田純司からは10秒台。3列目に21号車の吉田隆ノ介と191号車の菅原達也が続く結果となった。なお今回デビューした33号車の阿部圭祐は第3戦のみへの参戦だったが、93号車の細井明宏は第4戦のみへの参戦。したがって細井だけが予選自己ベストの1分10秒938が採用されて、14番グリッドを獲得している。さらに122号車の石川純二は車両トラブルで予選から欠場。決勝には24台がコマを進めることになった。



●決勝
筑波における今年のラストパーティレースとなったNDシリーズの第4戦決勝。秋の日差しがバックストレートでは逆光になる、ほぼオンタイムの15時42分にスタートが切られた。ここで出遅れてしまったのがポールの南澤。アウト側の野島が余裕を残してホールショットを奪う。ただ、そのままイン側をキープして1コーナーを回ったことで、3番グリッドの箕輪にスペースを与えずに済んだとも言える。さらにスタート得意の吉田が上田を仕留めて4位に浮上。
AI3I4207.JPG
その後方では、9番グリッドの72号車・オカハラタツヤがひとつ前の71号車・登坂 紀を1周目にパスして戻ってきた。野島はオープニングラップの最終コーナーで姿勢を乱すがなんとか立て直し、追う南澤も4輪逸脱が疑われるほど限界ギリギリの走行で追走。序盤はこれに箕輪と吉田も僅差で続いて4台でのバトルを展開する。
AL3I8096.jpg
5周を過ぎてからは2台ずつのグループに分かれるが、これだけ実力が接近していると、ミスのない限りパッシングは難しくなる。野島が念願の筑波での初優勝を果たして、2位に終わった南澤の開幕からの連勝は3で止まった。
AI3I4495.JPG
以下、箕輪が第2戦の2位以来の3位で表彰台を獲得。4位は吉田で、5位の上田、6位の菅原までが入賞。終わってみれば、6位までの入賞メンバーは第3戦と同じ6名という結果に終わった。なお後方では、登坂がお返しとばかりに9周目にオカハラを抜き返したのと、10周過ぎから最大で8台もの集団バトルが発生。実力上位のシリーズの強者たちだけに、最終戦に相応しいバトルを随所で演じてくれた。
2B3A7238.JPG

2B3A7574.JPG

優勝した野島選手コメント
「今年はSUGOでパーティレースに初めて優勝できましたが、やはり筑波で勝ちたかったので本当に嬉しいです。もてぎでもう1勝して、今年を締めくくりたいですね」

東日本NDシリーズでは、3勝して2位1回の南澤が82ポイントまで伸ばしたためにチャンピオンを確定。さらに全国シリーズは西日本NDシリーズで3連勝中の本多永一とのマッチレースになりそうな気配だが、西日本の最終戦や12月の交流戦があるため、まだ確定には至らない。北日本シリーズに続いて、これで東日本シリーズは閉幕したが、2021年のロードスター・パーティレースⅢの戦いはまだ続く。残しているのは11月20日に岡山国際サーキットで行われる西日本シリーズ最終戦と、12月5日に栃木県のツインリンクもてぎで開催される交流戦だ。北日本と西日本、さらに全国のNDシリーズと、東日本NCシリーズという4つのタイトルはこの2戦で決定する。

Brand_Mark_Vertical_Primary_ver1.1.png
MOTOR SPORTS
https://www.mazda.com/ja/innovation/motorsports/
ROADSTER NR-A
https://www.mazda.co.jp/cars/roadster/grade/nr-a/

pr3_logo1.gif
MAZDA ROADSTER Party Race Ⅲ
https://www.party-race.com/

https___imgix-proxy_n8s_jp_DSXZZO5425102010012020000000-KB2.jpg
BRIDGESTONE POTENZA Adrenalin RE004
https://tire.bridgestone.co.jp/potenza/re004/

レース結果

コース:筑波サーキット

[NDシリーズ]

決勝

  • 開催日:2021/10/24
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:24
  • 完走:24
  • (2.045km x 15laps = 30.675km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 118 野島 俊哉 BS Bridgestone -Jin-ロードスター#118 15 17'42.105
2 2 南澤 拓実 BS Bridgestone CP和光モタスポ部ロードスター 15 17'42.795
3 35 箕輪 卓也 BS Bridgestone ミノワファクトリーロードスター 15 17'47.457
4 21 吉田 隆ノ介 BS Bridgestone HTRロードスター 15 17'48.624
5 16 上田 純司 BS Bridgestone 上伸物流 ロードスター 15 17'54.774
6 191 菅原 達也 BS Bridgestone タケトモTCRロードスター 15 17'56.525
7 91 沢崎 祐一 BS Bridgestone DELTAロードスター 15 17'56.909
8 71 登坂 紀 BS Bridgestone Moty's☆ロードスター 15 18'02.408
9 72 オカハラ タツヤ BS Bridgestone ルビーストーン☆ロードスター 15 18'02.604
10 159 イシカワ BS Bridgestone TCコルセ mtwt ロードスター 15 18'03.356
11 6 satoshi BS Bridgestone ユニバーサルツインロードスター 15 18'07.573
12 93 細井 明宏 BS Bridgestone HUSHロードスター 15 18'07.735
13 8 須藤 利明 BS Bridgestone 酒レーシングロードスター美酒堂 15 18'10.790
14 132 新井 博史 BS Bridgestone メデアARASHOロードスター 15 18'13.292
15 14 Onodera Sho BS Bridgestone シグマワークス☆ロードスター 15 18'13.459
16 103 松尾 康博 BS Bridgestone 密林雲ロードスター 15 18'13.771
17 92 アイダ サトル BS Bridgestone プロセスUTロードスター 15 18'14.484
18 28 石井 達也 BS Bridgestone pttモタスポ部ロードスター 15 18'15.476
19 29 岩田 洋二 BS Bridgestone Moty's☆ロードスター 15 18'16.762
20 175 中村 公一 BS Bridgestone モクモクロードスター 15 18'19.160
21 81 瀧口 智弘 BS Bridgestone ALEX笑って丸丸ロードスター 15 18'19.457
22 49 石川 祥吾 BS Bridgestone TC CORSE ロードスター 15 18'28.227
23 22 荒井 彦幸 BS Bridgestone AKGS ロードスター 15 18'28.789
24 10 各務 猛 BS Bridgestone エルム ロードスター 15 18'30.153