参戦5年目の小林浩暢が逆転で念願の初優勝!

  • 開催場所:筑波サーキット
  • 開催日:2021年10月24日(日) 〜 2021年10月24日(日)
ロードスター・パーティレースⅢ 東日本 NDクラブマン Rd.4

10月24日、茨城県の筑波サーキットでロードスター・パーティレースⅢの東日本シリーズ第4戦が行われた。NDクラブマンクラスでは42号車の小林浩暢が予選2番手からスタートダッシュを決めて先頭を奪い、第3戦優勝でポールシッターの梅原祐一の追撃を振り切って、キャリア初の優勝を果たした。

●予選
第4戦のポールシッターも95号車の梅原祐一。第3戦の予選レポートでも紹介したように、1分11秒の壁を破ったのは彼だけで、セカンドベストも1分10秒913を記録。続く2番グリッドは42号車の小林浩暢が1分11秒223で獲得した。2列目に並んだのは101号車の緒方克明と66号車の関 裕。3列目には178号車の斎木一也と169号車の國井宏樹が続いた。斎木はこの第4戦のみにエントリーしたために、予選自己ベストの1分11秒379で5番グリッドを獲得している。ちなみに予選3位の緒方から6位の國井までの予選タイムの差は、わずかに0.089秒。さらに予選7位の74号車・井上雅貴からと同10位の181号車・横田大樹までのギャップは0.058秒と、もっと小さい。つまり予選3番手以降のドライバーたちの腕の差は、本当にごくわずかずつだと言えるだろう。
AI3I0182.JPG

●決勝
NDクラブマン第4戦の決勝レース開始は、オンタイムの14時25分からにスケジュールが回復。14時30分現在のコンディションは気温19.1℃、路面温度26.8℃、湿度40%となっていた。第3戦ではスタートを決めた梅原だったが、今回は小林のクラッチミートが絶妙で1コーナーまでに逆転で勝負あり。また後方では8番グリッドだった155号車の松原泰世がごぼう抜きで5位まで一気にジャンプアップ。
AL3I7595.JPG
逆に6番グリッドだった國井は失速し、9位でオープニングラップを通過した。予選では0.3秒の差があった梅原と小林だが、追走する梅原はなかなか差を詰められない。6周目には0.381秒差に接近するが、8周目には1.2秒と少し水を開けられ、ロックオン状態までには持ち込めず。最後も1.174秒と僅差ではあるが、逆転の匂いがしないまま小林がトップチェッカー。参戦5年目にして嬉しい初優勝となった。
AI3I3754.JPG
後方ではレース終盤、6位の斎木を追って井上と横田、國井の4台が数珠つなぎになってバトルを展開。初入賞のかかる参戦2年目の斎木には大きな試練となったが、最後は0.36秒差で凌ぎきることに成功した。また予選を走れなかったため、嘆願書提出で最後尾スタートが認められた25号車の風間俊雄は9台をパスして15位でフィニッシュした。2位の梅原に続いて、表彰台の残る一角には予選順位を着実に守った緒方が登壇。以下、4位の関、5位の松原、6位の斎木までが表彰対象となった。ルーキーの松原も初めての入賞だ。さらに関には今回、パーティレースに通算10シーズン以上および公式戦30戦以上出走したドライバーのみに授与される「Great Party Racer賞」が贈られた。

2B3A7431.JPG

優勝した小林選手コメント
「フロントローは初めてだったのですが、決勝のペースには少し自信を持っていたので、前に出られればチャンスがあると思っていました。今日の勝利はユニバーサルツインの稲垣さんはじめ、多くの皆さんにアドバイスいただいた賜物です」

2B3A7650_関裕.JPG

Great Party Racer賞を獲得した関選手コメント
「今日は予選でダメージを受け、もう無理かなと思ったのですが、マツダの木村さんたちの献身的なサポートで第4戦は無事に完走できました。今ゼッケンにしている66歳で復帰を決めた最大の理由がこの賞をもらうことだったので、優勝した時より嬉しいです」



北日本シリーズに続いて、これで東日本シリーズは閉幕したが、2021年のロードスター・パーティレースⅢの戦いはまだ続く。残しているのは11月20日に岡山国際サーキットで行われる西日本シリーズ最終戦と、12月5日に栃木県のツインリンクもてぎで開催される交流戦だ。北日本と西日本、さらに全国のNDシリーズと、東日本NCシリーズという4つのタイトルはこの2戦で決定する。

Brand_Mark_Vertical_Primary_ver1.1.png
MOTOR SPORTS
https://www.mazda.com/ja/innovation/motorsports/
ROADSTER NR-A
https://www.mazda.co.jp/cars/roadster/grade/nr-a/
pr3_logo1.gif
MAZDA ROADSTER Party Race Ⅲ
https://www.party-race.com/
https___imgix-proxy_n8s_jp_DSXZZO5425102010012020000000-KB2.jpg
BRIDGESTONE POTENZA Adrenalin RE004
https://tire.bridgestone.co.jp/potenza/re004/

レース結果

コース:筑波サーキット

[NDクラブマン]

決勝

  • 開催日:2021/10/24
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:24
  • 完走:24
  • (2.045km x 15laps = 30.675km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 42 小林 浩暢 BS Bridgestone boobooロードスター 15 18'05.374
2 95 梅原 祐一 BS Bridgestone Unistage ロードスター 15 18'06.548
3 101 緒方 克明 BS Bridgestone IHJロードスター 15 18'07.780
4 66 関 裕 BS Bridgestone TAKE&HAIRロードスター 15 18'09.502
5 155 松原 泰世 BS Bridgestone CR55ロードスター 15 18'10.688
6 178 齋木 一也 BS Bridgestone プロアイズNNBSロードスター 15 18'14.854
7 74 井上 雅貴 BS Bridgestone COMDRIVE ロードスター 15 18'15.214
8 181 横田 大樹 BS Bridgestone クロノスPmGMロードスター 15 18'16.004
9 169 國井 宏樹 BS Bridgestone kunishouロードスター 15 18'16.499
10 140 小野津 博之 BS Bridgestone だるすぎるロードスター 15 18'21.799
11 1 鎌野 宇宙 BS Bridgestone IDSレイルガルフロードスター 15 18'22.461
12 113 高居 慎司 BS Bridgestone TRES ロードスター 15 18'26.910
13 98 星野 計 BS Bridgestone フィールドスター☆ロードスター 15 18'28.853
14 123 石田 直樹 BS Bridgestone ISHIDA ロードスター 15 18'29.352
15 25 風間 俊雄 BS Bridgestone 伊豆移住協会ロードスター 15 18'29.589
16 46 北田 辰男 BS Bridgestone マテリアル・ロードスター 15 18'32.082
17 133 辻田 慈 BS Bridgestone ZEST☆ロードスター 15 18'32.428
18 23 荒川 豊 BS Bridgestone ホーショーロードスター 15 18'33.078
19 197 小泉 洋史 BS Bridgestone ロードスター 15 18'36.404
20 100 芹澤 祥宏 BS Bridgestone S☆ロードスター 15 18'43.047
21 12 古澤 巌 BS Bridgestone チーム テラモス ロードスター 15 18'51.435
22 148 間下 博寿 BS Bridgestone -Jin-ロードスター#148 15 18'51.732
23 138 佐藤 喜洋 BS Bridgestone -Jin-ロードスター#138 15 19'18.394
24 128 野村 純 BS Bridgestone -Jin-ロードスター#128 14 19'05.121