松原泰世がデビュー1周年の記念日を優勝で飾る

  • 開催場所:筑波サーキット
  • 開催日:2022年05月05日(木) 〜 2022年05月05日(木)
ロードスター・パーティレースⅢ 東日本 NDクラブマン Rd.1

5月5日の「こどもの日」、21年目を迎えたロードスター・パーティレースⅢの東日本シリーズが茨城県の筑波サーキットで開幕。21台で争われたNDクラブマンクラスは、昨年のこのレースでデビューした155号車の松原泰世がポールtoウィンで優勝を果たした。

●予選
パーティレース生誕の地である筑波の賑わいはやはり別格で、NDクラブマンクラスもシリーズ戦とは別々に開催される。今回もルーキー6名を含む21台と盛況だった。その初参加は、28号車・大高一乃/41号車・的場雅仁/65号車・長谷川敏一/94号車・小山政則/135号車・ザバツキ ルーカス パベル/151号車・T.Sakamotoの6選手だ。
2B3A0206.JPG

公式予選は8時30分からの15分間。コンディションは気温20.8℃・路面温度30.0℃・湿度61%で、開始早々は全体的ににタイムが低調だった。昨年の最終戦で初優勝を飾った42号車の小林浩暢が1分11秒904で唯一12 秒の壁を破って、暫定トップに立つが、4分を過ぎた頃からモニターが動き出す。まずは昨年の第3戦ウィナー、95号車の梅原祐一がアタック1周目に1分11秒236を叩き出す。
IMG_5594.JPG

これに刺激を受けたせいかは不明も、ルーキーの的場がアタック2周目に1分11秒695という好タイムを記録。さらに松原が同じくアタック2周目に1分11秒084でラップモニターの最上段に浮上。松原はここからが圧巻で、次の周も11秒094だったが、1周のクーリングを挟んだアタック5周目に1分10秒859まで刻んで勝負あり。まもなく9分という段階でタイムを削ってくるタフさを見せた。



最終的に、唯一の1分10秒台の松原がポールを獲得。梅原は前述のタイムは走路外走行で抹消されたが、ほぼ同じセカンドベストの1分11秒257で2番グリッドは確保。ルーキーの的場が3番グリッドで、一昨年の最終戦で勝っている198号車・山口 聡が1分11秒717をアタック7周目に叩き出して4番グリッドを獲得。以下、冒頭の小林が1分11秒746まで刻み、23号車・荒川 豊の1分11秒804、181号車の横田大樹までが1分11秒台を記録した。

IMG_6314.JPG

●決勝
15ラップの決勝レースは予定より少し遅れ、11時7分にローリング方式でスタート。コンディションは気温24.4℃・路面温度45.2℃・湿度44%となっていた。

ポールの松原は順当にポジションをキープするも、後続では波乱が起きた。イン側のマシンがオープニングの1コーナーでアウト側の前に続々と潜り込むことに成功。松原に続いて戻ってきたのが、3番グリッドの的場と5番グリッドの小林で、アウト側フロントローの梅原はふたつポジションを失って4位で通過し、山口もひとつ落として5位。イン側の7番グリッドだった横田は目前の荒川を抜いて6位に浮上した。
IMG_6338.JPGのサムネイル画像

ここから初参戦の洗礼を受けたのが的場だ。3周目には小林に、4周目には梅原という優勝経験者にパッシングを許して徐々に後退。11周目には一気に12位までポジションを失うという、厳しいデビュー戦となった。一方で、初めてトップを走った松原の冷静な試合運びが際立っていた。3周目に2.0秒のギャップを築いた後、結局最後まで2位の小林との差は2秒台をキープ。決して無理をせず、首位に立ったアドバンテージを最大限に活かす見事なマネージメントだった。
IMG_9084.JPG

ポディウムの松原の両脇には2位の小林と3位の梅原。つまり昨年の第3戦と最終戦のウィナーを従えての初優勝だった。昨年のこの大会でデビューした松原は予選4番手ながら、決勝は接触のためわずか1周でレースを終えている。ところが今年は西日本シリーズ開幕戦のクラブマンで2位に入賞。2戦連続のポディウムを経験し、飛躍の年になりそうな予感大だ。以下、4位には荒川、5位に山口、6位に横田となり、ここまでが入賞となった。
2B3A0624.JPG

IMG_0052.JPG

●優勝した松原選手コメント
「今回は練習からいい感触で“ポールから勝つ”と宣言していたので、有言実行できてよかったです。でも予選ではもっと早い段階でタイムを出したかったし、決勝後半ではタイヤも使い切っちゃった印象で、もっと上手くなりたいですね」

東日本シリーズの第2戦は2週間と少しの間隔で、ここ筑波で5月22日に開催予定。またロードスター・パーティレースⅢの次の戦いは5月15日、スポーツランドSUGOで北日本シリーズの第2戦がスタンバイ。ちなみにジャパンツアーシリーズは7月3日のオートポリス(大分県)の第3戦まで、少しインターバルが開いている。


Brand_Mark_Vertical_Primary_ver1.1.png
MOTOR SPORTS
https://www.mazda.com/ja/innovation/motorsports/
ROADSTER NR-A
https://www.mazda.co.jp/cars/roadster/grade/nr-a/

pr3_logo1.gif
MAZDA ROADSTER Party Race Ⅲ
https://www.party-race.com/

https___imgix-proxy_n8s_jp_DSXZZO5425102010012020000000-KB2.jpg
BRIDGESTONE POTENZA Adrenalin RE004
https://tire.bridgestone.co.jp/potenza/re004/

レース結果

コース:筑波サーキット

[NDクラブマン]

決勝

  • 開催日:2022/05/05
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:21
  • 完走:19
  • (2.045km x 15laps = 30.675km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 155 松原 泰世 BS Bridgestone CR55ロードスター 15 18'08.034
2 42 小林 浩暢 BS Bridgestone BooBooロードスター 15 18'10.328
3 95 梅原 祐一 BS Bridgestone ユニステージロードスター 15 18'13.688
4 23 荒川 豊 BS Bridgestone ホーショーロードスター 15 18'18.047
5 198 山口 聡 BS Bridgestone ユニバーサルツインロードスター 15 18'21.292
6 181 横田 大樹 BS Bridgestone クロノスPmGMロードスター 15 18'22.166
7 113 高居 慎司 BS Bridgestone TRES ロードスター 15 18'25.637
8 169 國井 宏樹 BS Bridgestone kunishouロードスター 15 18'26.637
9 151 T.Sakamoto BS Bridgestone NRS ROADSTER GT3 15 18'33.815
10 79 小林 秀樹 BS Bridgestone ケータツ&アネモネロードスター 15 18'37.726
11 65 長谷川 敏一 BS Bridgestone NejiDas ロードスター 15 18'42.847
12 41 的場 雅仁 BS Bridgestone gssRacingロードスター 15 18'44.003
13 114 相馬 勉 BS Bridgestone CRーロードスター 15 18'48.387
14 85 市川 潤 BS Bridgestone ND5 ROADSTER 15 18'49.914
15 148 間下 博寿 BS Bridgestone -Jin-ロードスター#148 15 18'54.296
16 135 ザバツキ ルーカス パベル BS Bridgestone MALUSAKAロードスター 15 18'54.780
17 12 古澤 巌 BS Bridgestone チーム テラモス ロードスター 15 18'55.500
18 28 大高 一乃 BS Bridgestone pttモタスポ部ロードスター 15 19'10.448
19 70 塚本 明善 BS Bridgestone おじじロードスター 14 18'27.432
- 138 佐藤 喜洋 BS Bridgestone -Jin-ロードスター#138 1 DNF
- 94 小山 政則 BS Bridgestone マツダ ロードスターND DNS