開幕戦から好調の若手・堤優威が3位入賞でランキングトップへ浮上

  • 開催場所:富士スピードウェイ
  • 開催日:2019年04月20日(土) 〜 2019年04月21日(日)
TGR 86/BRZ Race 2019 Rd.2 PROFESSIONAL Series
pro-Race2-start.jpg

毎年少しずつレギュレーションが手直しされてきたGR 86/BRZ Raceだが、7年目の今年大きな変化があり1大会2ヒート制が導入された。富士スピードウェイを例にすると、これまでは1戦10周のレースが行われてきたが1大会2ヒート制によって10周×2レースの周回数となる。そして使用できるタイヤ1セットのみとなっており、予選、決勝①、決勝②の全てを走り切らなければならない。


スプリントレースということもあって、GR 86/BRZ Race向けのタイヤは耐久性よりもグリップ力を重視したものが少なくない。しかし2倍の周回数が設定されることにより、高い耐久性を前提としたバランスに優れた高性能タイヤが要求されることになると共に、タイヤマネジメントがさらに重要な要素となることが予想できた。


そうした条件の中、エントラントが慎重に選択した結果、今回の第2戦では34台のエントリーのうち、ブリヂストン装着車は13台に達し、最大勢力となっていた。

pro-Race1-007-tsutsumi.jpg

●予選
前日の専有走行でトップタイムをマークした#88井口卓人(ブリヂストン)が真っ先にコースイン、2分4秒221でトップに立つ。しかしベテラン#60服部尚貴(DL)が4秒を切る2分3秒936をマークしてみせた。そのタイムはしばらく更新されなかったが、今シーズンからプロフェッショナルシリーズへステップアップした#25水谷大介(GY)が2分3秒910でトップに立つ。GRガレージ東京のスタッフでもあるディーラーマンが、居並ぶプロフェッショナルドライバーたちを制して見事にポールポジションを獲得した。2位には#90阪口良平(GY)、3位が服部となった。


ブリヂストン装着勢は、開幕戦で3位表彰台を得た#7堤優威が4位、開幕戦の予選が不発だったものの決勝レースでペースを取り戻し入賞した#87久保凜太郎が6位、#121蒲生尚弥が7位、井口が8位と、トップ10に4台が入った。


pro-Q-087-kubo.jpg pro-Q-121-gamou.jpg

pro-Race2-podium-007-tsutsumi2.jpg

●決勝レース
水谷の戦いぶりに注目が集まった第1ヒートだったが、しかし日本のトップドライバーたちの洗礼を受けることになった。2位の阪口にキッチリとマークされ、2周目の最終コーナーでラインを乱してオーバーテイクを許してしまう。3周目には多くのマシンに先行され、一気に8位にまでポジションを落とすことになった。


トップの阪口に続いたのは服部で、3位には堤が上がっていた。第1ヒートは、そのままの順位でチェッカーを迎えた。冷静なプロドライバーたちは第1ヒートでのバトルを避け、より重要な第2ヒートのためにタイヤを温存することを望んでいたのだ。


第2ヒート、ポールポジションの阪口はスタートで大きく出遅れ、14位まで順位を落としてしまう。難敵が目の前から消え、トップに立った服部は、背後には堤がそのまま付き、さらにその後ろにはチームメイトの#10菅波冬悟(DL)が陣取るというトップグループが形成された。菅波にマークされた堤から見れば、攻めるに攻められない難しい状況となり、服部にとって危険性が少ない状態となっていたのだ。


周回が進むにつれて、トップグループの3台は距離を縮め密集し、時にサイド・バイ・サイドとなることもあった。そしてファイナルラップ、堤選手に上手く並びかけた菅波選手がオーバーテイクに成功。堤選手は、開幕戦に続き2戦連続の3位表彰台に立った。これによりシリーズランキングではトップとなった。


その他のブリヂストン装着勢は、5位に久保、7位には今シーズンから参戦開始した若手トップドライバー#18中山雄一、8位に蒲生、そして10位に#32市森友明と、トップ10に5台が入った。

pro-Race2-podium-007-tsutsumi1.jpg

開幕戦に続き3位表彰台を獲得した#7堤優威(ブリヂストン)のコメント。


「第2ヒートは2位を走っていたのですが、最後の最後に抜かれてしまって3位になってしまったのが、とても悔しいです。1位と3位が同じチームだったので、ペースをコントロールされてしまっていた部分もありましたね。ペース自体は悪くなかったとは思いますが、オーバーテイクするのは難しかったです。タイヤは2レース分でタレもありましたが、それはライバルメーカーも同じだと思います。ただ路面温度が低くなって、それに上手く合わせ切れなかったのが敗因ですね。次は相性の良い(昨年初優勝している)SUGOなので、巻き返したいと思います」

レース結果

コース:富士スピードウェイ

[Professional Series]

総合

  • 開催日:2019/04/21
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:34
  • 完走:33
  • (4.563km x 20laps = 91.26km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 10 21:00.561
2 10 菅波 冬悟 DL OTG TN滋賀 86 10 21:01.433
3 7 堤 優威 BS Bridgestone ADVICS カバナ BS 86 10 21:02.371
4 1 谷口 信輝 GY KTMS 86 10 21:04.850
5 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 10 21:05.543
6 25 水谷 大介 GY GR Tokyo Racing 86 10 21:05.634
7 18 中山 雄一 BS Bridgestone GR Garage つくば 86R 10 21:08.264
8 121 蒲生 尚弥 BS Bridgestone tomicaネッツ兵庫86BS 10 21:09.782
9 90 阪口 良平 GY 大阪トヨタ86 Racing 10 21:11.092
10 32 市森 友明 BS Bridgestone 大阪トヨタ86 Racing 10 21:11.094
11 123 松井 孝允 GY NETZ TOYAMA Racing 86 10 21:12.037
12 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 10 21:12.404
13 98 近藤 翼 GY 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 10 21:12.988
14 17 織戸 学 GY サミー☆K-one☆MAX86 10 21:14.633
15 97 小河 諒 GY 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 10 21:15.541
16 31 青木 孝行 GY ケーエムエス フェニックス86 10 21:15.763
17 11 脇阪 寿一 GY Owltech 86 10 21:15.831
18 199 大原 佳祐 BS Bridgestone COROLLA MIE 86 10 21:20.821
19 312 松本 晴彦 DL 埼玉自動車大学校生駒SBS 86 10 21:21.446
20 79 市丸 聡 DL カローラ千葉86 10 21:25.830
21 813 坂 裕之 DL ネッツ兵庫DLテックプロ86 10 21:25.934
22 973 新井 大輝 DL RECARO BRZ 10 21:26.226
23 583 近藤 説秀 GY 高野山with P和歌山GY86 10 21:26.864
24 55 森山 鉄也 GY THE BRIDE 86 10 21:27.996
25 999 森川 基雄 BS Bridgestone ウィニング制動屋86 長谷川運輸 10 21:30.644
26 906 佐々木 孝太 DL RECARO 86 10 21:31.705
27 293 岡本 大地 NEXEN Racing 86 10 21:32.530
28 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 AS86 BS 10 21:33.298
29 911 K.D.ユン HK ASA-INJE☆86☆HK 10 21:34.840
30 8 渡辺 圭一 BS Bridgestone LIGHTEC 86 10 21:36.477
31 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 10 21:37.143
32 178 吉田 綜一郎 BS Bridgestone チームトレジャー86 10 21:39.040
33 88 井口 卓人 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 10 21:34.939
- 369 平中 克幸 GY GY RACING 86 DNS
[Professional Series]

決勝ヒート1

  • 開催日:2019/04/21
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:34
  • 完走:32
  • (4.563km x 10laps = 45.63km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 90 阪口 良平 GY 大阪トヨタ86 Racing 10 21:02.059
2 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 10 21:03.975
3 7 堤 優威 BS Bridgestone ADVICS カバナ BS 86 10 21:05.298
4 10 菅波 冬悟 DL OTG TN滋賀 86 10 21:05.493
5 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 10 21:07.404
6 25 水谷 大介 GY GR Tokyo Racing 86 10 21:07.580
7 121 蒲生 尚弥 BS Bridgestone tomicaネッツ兵庫86BS 10 21:10.724
8 18 中山 雄一 BS Bridgestone GR Garage つくば 86R 10 21:11.249
9 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 10 21:12.201
10 1 谷口 信輝 GY KTMS 86 10 21:15.570
11 32 市森 友明 BS Bridgestone 大阪トヨタ86 Racing 10 21:17.741
12 98 近藤 翼 GY 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 10 21:19.041
13 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 10 21:19.859
14 97 小河 諒 GY 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 10 21:20.260
15 123 松井 孝允 GY NETZ TOYAMA Racing 86 10 21:20.633
16 17 織戸 学 GY サミー☆K-one☆MAX86 10 21:21.388
17 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 AS86 BS 10 21:22.625
18 312 松本 晴彦 DL 埼玉自動車大学校生駒SBS 86 10 21:24.240
19 79 市丸 聡 DL カローラ千葉86 10 21:25.618
20 11 脇阪 寿一 GY Owltech 86 10 21:26.236
21 813 坂 裕之 DL ネッツ兵庫DLテックプロ86 10 21:27.152
22 583 近藤 説秀 GY 高野山with P和歌山GY86 10 21:32.190
23 199 大原 佳祐 BS Bridgestone COROLLA MIE 86 10 21:32.388
24 906 佐々木 孝太 DL RECARO 86 10 21:33.334
25 973 新井 大輝 DL RECARO BRZ 10 21:37.200
26 293 岡本 大地 NEXEN Racing 86 10 21:37.342
27 178 吉田 綜一郎 BS Bridgestone チームトレジャー86 10 21:38.316
28 911 K.D.ユン HK ASA-INJE☆86☆HK 10 21:40.084
29 55 森山 鉄也 GY THE BRIDE 86 10 21:42.060
30 999 森川 基雄 BS Bridgestone ウィニング制動屋86 長谷川運輸 10 21:42.107
31 8 渡辺 圭一 BS Bridgestone LIGHTEC 86 10 21:42.759
32 31 青木 孝行 GY ケーエムエス フェニックス86 10 21:46.434
- 88 井口 卓人 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 4 DNF
- 369 平中 克幸 GY GY RACING 86 4 DNF
[Professional Series]

予選

  • 開催日:2019/04/20
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:34
  • (4.563km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 25 水谷 大介 GY GR Tokyo Racing 86 4 2:03.910
2 90 阪口 良平 GY 大阪トヨタ86 Racing 4 2:03.935
3 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 3 2:03.936
4 7 堤 優威 BS Bridgestone ADVICS カバナ BS 86 3 2:04.168
5 10 菅波 冬悟 DL OTG TN滋賀 86 3 2:04.182
6 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 3 2:04.183
7 121 蒲生 尚弥 BS Bridgestone tomicaネッツ兵庫86BS 3 2:04.206
8 88 井口 卓人 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 3 2:04.221
9 1 谷口 信輝 GY KTMS 86 4 2:04.287
10 369 平中 克幸 GY GY RACING 86 4 2:04.312
11 18 中山 雄一 BS Bridgestone GR Garage つくば 86R 3 2:04.451
12 31 青木 孝行 GY ケーエムエス フェニックス86 5 2:04.480
13 32 市森 友明 BS Bridgestone 大阪トヨタ86 Racing 3 2:04.484
14 98 近藤 翼 GY 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 3 2:04.546
15 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 3 2:04.654
16 79 市丸 聡 DL カローラ千葉86 3 2:04.680
17 97 小河 諒 GY 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 4 2:04.710
18 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 3 2:04.945
19 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 AS86 BS 3 2:05.004
20 312 松本 晴彦 DL 埼玉自動車大学校生駒SBS 86 5 2:05.151
21 178 吉田 綜一郎 BS Bridgestone チームトレジャー86 3 2:05.159
22 999 森川 基雄 BS Bridgestone ウィニング制動屋86 長谷川運輸 3 2:05.176
23 813 坂 裕之 DL ネッツ兵庫DLテックプロ86 3 2:05.204
24 906 佐々木 孝太 DL RECARO 86 4 2:05.382
25 123 松井 孝允 GY NETZ TOYAMA Racing 86 3 2:05.440
26 973 新井 大輝 DL RECARO BRZ 3 2:05.448
27 17 織戸 学 GY サミー☆K-one☆MAX86 7 2:05.793
28 911 K.D.ユン HK ASA-INJE☆86☆HK 5 2:05.802
29 583 近藤 説秀 GY 高野山with P和歌山GY86 4 2:05.906
30 11 脇阪 寿一 GY Owltech 86 6 2:06.052
31 55 森山 鉄也 GY THE BRIDE 86 4 2:06.151
- 8 渡辺 圭一 BS Bridgestone LIGHTEC 86 4 DNF
- 199 大原 佳祐 BS Bridgestone COROLLA MIE 86 4 DNF
- 293 岡本 大地 NEXEN Racing 86 3 DNF