谷口信輝がレースを完全支配2連勝でシリーズ争いに留まる

  • 開催場所:十勝インターナショナルスピードウェイ
  • 開催日:2019年08月17日(土) 〜 2019年08月18日(日)
TGR 86/BRZ Race 2019 Rd.6 PROFESSIONAL Series
pro-race1-start.jpg

オーバーテイクの難しい十勝スピードウェイ。それ以上にドライバーとチームの頭を悩ませたのはタイヤだった。やや荒れた路面はタイヤの磨耗が激しく、過去にはタイヤの残り溝が無くなりレース後の車検によって失格となったケースもあったほどだ。
SUPER GTやスーパー耐久が開催されていない十勝スピードウェイは、プロドライバーにとってもデータが不足しているサーキット。それだけにまずタイヤ選びが重要になる。しかも今回のレースは2ヒート制が採用されている。1セットのタイヤで予選+決勝2ヒート(14周×2)を走りきらなければならない。
エントリーした23台のマシンのうち、半数以上にブリヂストン・ポデンザRE-07Dが装着されることになった。グリップ性能はもちろん、耐久性の高さを含めた総合的な判断によって選択されたのだ。
折しも強力な台風が日本列島を縦断、北海道に到達する頃には熱帯性低気圧に変わっていたものの、雨はサーキットにも降り注ぎ、予選前日の金曜日まではウエットコンディション。そして土曜日は強い日差しが眩しい快晴へ一転。多くのドライバーはドライでの検証ができないまま、ぶっつけ本番の予選に臨むことになった。

pro-race2-034-sasaki.jpg

●予選
未明まで降り続いた雨の影響もあり、ドライに変わったばかりの路面コンディションは良くない。直前に行われたクラブマンシリーズの予選で出された泥が路面を汚してもいた。そのため予選は開始時間を過ぎても誰ひとりとしてコースインしないという、異様な状態となった。
1台また1台とコースインし、タイムモニターの表示が少しずつタイムアップしていく。半数以上のドライバーがタイムアタックを終えた時、トップタイムは#88井口卓人(ブリヂストン)だった。しかし予選終盤にアタックに入ったドライバーがそのタイムを更新していく。#34佐々木雅弘(ブリヂストン)、#98近藤翼(ブリヂストン)とトップタイムを更新した後、#1谷口信輝(ブリヂストン)が唯一1分36秒を切る、1分35秒913をマーク。ポールポジションを獲得した。
ブリヂストン装着勢は、上位5位までを独占した他、トップ10に8台が入った。決勝レースは事実上、ブリヂストン装着勢同士の戦いが展開されると予想できた。

pro-race2-start.jpg

●決勝
予選終了後は思いの外日差しが強く、路面温度が高くなっていた。
昨年の十勝以来、勝利していない谷口は、一際集中力を発揮していた。ポールポジションを獲得した以上、とにかくスタートを抑えれば勝機は大きい。トップ5までをブリヂストンが占める以上、特性の差はなく、道具が同じであれば谷口としては負けられないレースであろう。
第1ヒート、スタートはクリーンだった。上位陣はスターティンググリッドの並びのままレースが始まった。谷口は、2位近藤を巧みに抑えながら、トップをキープする。ペースは時として38秒台に入るほどスローで、その結果、後続のマシンが数珠繋ぎに並ぶことなる。縦一列に並んだ隊列のままレースが進んでいく。
プロドライバーたちは、明日の第2ヒートを見据えた、タイヤマネージメントも頭の中にあったのだろう。レースは予想以上に硬直していた。
そんな中で注目されたのは、#87久保凜太郎(ブリヂストン)だった。予選12位と沈んだものの、第1ヒートでは少しずつポジションを上げ、7位でフィニッシュした。上位陣の順位は変わらず、1位谷口、2位近藤、3位佐々木という結果となった。
pro-race1-087-kubo.jpg

pro-race2-001-taniguchi.jpg

第2ヒートもまた、スタートはクリーンだった。上位陣には変動がない。近藤を上手く抑えきって谷口がまたもやレースをリードする。まるで後ろしか見ていないのではないか? と思えるほど近藤のペース、距離に合わせて絶妙なペースコントロールをしていく。逃げようとすれば近藤もペースを上げ、2台のマッチレースになる可能性がある。谷口はあえてペースをキープすることで3位以下のマシンを近づけ、近藤に後方へ注意を払うように仕向けたのだ。
これは第1ヒートも同様だったのだが、やはり最終的なレース結果となる第2ヒートとなれば走りが変わってくる。時にはマシンが並走するシーンも見られ、混乱したレースが進んでいった。
アクシデントが起きたのは7周目、5位スタートから3位へとポジションを上げていた井口がはじき出されて8位に後退、その時に何台かのマシンも巻き込まれ、上位陣の順位が大きく変動することになった。それを機に谷口はタイムを上げリードを拡げていく。近藤もついていこうとするが、1秒以上に拡がった差はそう簡単に詰まらなかった。
谷口は、昨年の十勝以来、1年ぶりの優勝に輝いた。2位近藤はポイントリーダーへ。そして3位にはマシントラブルによって予選15位と沈んだ#7堤優威(ブリヂストン)が入り、ポイントリーダーの座は譲ったものの、しっかりリカバーしてきた。ブリヂストン装着勢は4位に#90阪口良平(ブリヂストン)、5位には挽回してきた井口が入るなど、5位までを独占。トップ10に8台が入った。
2台.png

pro-podium-001-taniguchi01.jpg

プロフェッショナルシリーズでの1年ぶりの優勝を果たした
#1 谷口信輝選手(ブリヂストン)のコメント
「オーバーテイクの難しい十勝だけに、やっぱり予選がとても重要。今回もポールポジションを取れていなければ優勝できなかったと思います。あとはスタートをミスすることなく、1コーナーにトップで入っていければ…、ということですね。レースでは序盤から後ろを離してリードしていくことは考えませんでした。後ろが詰まっている時はペースを上げないで、少しバラけたらリードを拡げるという形で、近藤選手も後ろのマシンに注意を払うように持って行けたと思います。今シーズンは1戦休んだのでチャンピオン争いは苦しいですが、これでシリーズランキングも2位に上がることができました」


●武田洋平(株式会社ブリヂストン 日本タイヤモータースポーツ推進ユニット)コメント
「優勝した谷口選手とチームの皆様おめでとうございます。また今大会もBS装着車で表彰台を独占することができ大変うれしいです。残り2戦シリーズチャンピオン争いも激しくなってくると思いますので、ブリヂストンもその争いを支えていきたいと思います。」

レース結果

コース:十勝インターナショナルスピードウェイ

[Professional Series]

総合

  • 開催日:2019/08/18
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:23
  • 完走:21
  • (3.405km x 14laps = 47.67km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 1 谷口 信輝 BS Bridgestone KTMS 86 14 22:59.025
2 98 近藤 翼 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 14 23:00.706
3 7 堤 優威 BS Bridgestone ADVICS カバナ BS 86 14 23:06.588
4 90 阪口 良平 BS Bridgestone 大阪トヨタ86 Racing 14 23:07.008
5 88 井口 卓人 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 14 23:09.041
6 10 菅波 冬悟 DL OTG TN滋賀 86 14 23:09.344
7 17 織戸 学 BS Bridgestone サミー☆K-one☆MAX86 14 23:09.927
8 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 14 23:11.587
9 121 蒲生 尚弥 BS Bridgestone tomicaネッツ兵庫86BS 14 23:11.650
10 906 佐々木 孝太 DL RECARO 86 14 23:12.405
11 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 AS86 BS 14 23:13.555
12 18 中山 雄一 BS Bridgestone GR Garage つくば 86R 14 23:14.634
13 31 青木 孝行 BS Bridgestone ケーエムエス フェニックス86 14 23:18.668
14 813 坂 裕之 DL ネッツ兵庫DLテックプロ86 14 23:19.820
15 312 松本 晴彦 DL 埼玉自動車大学校生駒SBS 86 14 23:20.647
16 293 岡本 大地 NEXEN Racing 86 14 23:21.658
17 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 14 23:24.317
18 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 14 24:16.216
19 369 平中 克幸 GY GY RACING 86 13 23:32.176
20 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 13 23:32.839
21 97 小河 諒 DL 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 14 23:22.137
- 25 水谷 大介 BS Bridgestone GR Tokyo Racing 86 0 DNF
- 11 脇阪 寿一 BS Bridgestone Owltech 86 0 DNF
[Professional Series]

決勝ヒート1

  • 開催日:2019/08/17
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:23
  • 完走:23
  • (3.405km x 14laps = 47.67km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 1 谷口 信輝 BS Bridgestone KTMS 86 14 22:59.351
2 98 近藤 翼 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 14 23:00.836
3 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 14 23:01.677
4 31 青木 孝行 BS Bridgestone ケーエムエス フェニックス86 14 23:01.813
5 88 井口 卓人 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 14 23:02.354
6 369 平中 克幸 GY GY RACING 86 14 23:02.950
7 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 14 23:03.288
8 90 阪口 良平 BS Bridgestone 大阪トヨタ86 Racing 14 23:06.887
9 121 蒲生 尚弥 BS Bridgestone tomicaネッツ兵庫86BS 14 23:08.279
10 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 14 23:08.714
11 7 堤 優威 BS Bridgestone ADVICS カバナ BS 86 14 23:15.231
12 17 織戸 学 BS Bridgestone サミー☆K-one☆MAX86 14 23:15.640
13 25 水谷 大介 BS Bridgestone GR Tokyo Racing 86 14 23:19.882
14 906 佐々木 孝太 DL RECARO 86 14 23:20.686
15 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 AS86 BS 14 23:22.550
16 10 菅波 冬悟 DL OTG TN滋賀 86 14 23:29.369
17 312 松本 晴彦 DL 埼玉自動車大学校生駒SBS 86 14 23:29.535
18 813 坂 裕之 DL ネッツ兵庫DLテックプロ86 14 23:32.066
19 293 岡本 大地 NEXEN Racing 86 14 23:32.528
20 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 14 23:33.767
21 18 中山 雄一 BS Bridgestone GR Garage つくば 86R 14 24:20.078
22 11 脇阪 寿一 BS Bridgestone Owltech 86 13 21:40.013
23 97 小河 諒 DL 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 11 22:53.550
[Professional Series]

予選

  • 開催日:2019/08/17
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:23
  • (3.405km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 1 谷口 信輝 BS Bridgestone KTMS 86 2 1:35.913
2 98 近藤 翼 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 2 1:36.061
3 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 2 1:36.221
4 31 青木 孝行 BS Bridgestone ケーエムエス フェニックス86 2 1:36.226
5 88 井口 卓人 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 2 1:36.469
6 369 平中 克幸 GY GY RACING 86 3 1:36.548
7 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 2 1:36.596
8 121 蒲生 尚弥 BS Bridgestone tomicaネッツ兵庫86BS 2 1:36.631
9 90 阪口 良平 BS Bridgestone 大阪トヨタ86 Racing 2 1:36.682
10 11 脇阪 寿一 BS Bridgestone Owltech 86 2 1:36.683
11 10 菅波 冬悟 DL OTG TN滋賀 86 2 1:36.848
12 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 2 1:36.947
13 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 AS86 BS 2 1:36.987
14 97 小河 諒 DL 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 2 1:36.997
15 7 堤 優威 BS Bridgestone ADVICS カバナ BS 86 3 1:37.002
16 17 織戸 学 BS Bridgestone サミー☆K-one☆MAX86 2 1:37.043
17 906 佐々木 孝太 DL RECARO 86 2 1:37.082
18 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 2 1:37.197
19 25 水谷 大介 BS Bridgestone GR Tokyo Racing 86 3 1:37.434
20 312 松本 晴彦 DL 埼玉自動車大学校生駒SBS 86 2 1:37.459
21 18 中山 雄一 BS Bridgestone GR Garage つくば 86R 2 1:37.649
22 813 坂 裕之 DL ネッツ兵庫DLテックプロ86 2 1:38.259
23 293 岡本 大地 NEXEN Racing 86 2 1:38.392