• 開催場所:オートポリス
  • 開催日:2020年09月19日(土) 〜 2020年09月20日(日)
【全日本ロードレース選手権 第3戦 オートポリス J-GP3 】J-GP3クラスに復帰した 経験豊富なベテラン徳留真紀が表彰台獲得!

九州に舞台を移した全日本ロードレース選手権。第3戦とはいえ、第2戦岡山大会が台風の影響で中止になったため、今季2回目の開催となった。
今季は、世界戦の経験もJ-GP3タイトル獲得経験もある徳留真紀(ブリヂストン)がJ-GP3クラスに復帰。開幕戦のSUGO大会は決勝をキャンセルした徳留にとっては、今大会が今季の開幕戦。しかも鹿児島出身ライダーとして九州大会は特に気合いが入る。

JGP3_TOKUDOME_run.jpg

新型コロナウイルス感染拡大の影響、さらには台風の影響で前戦の岡山大会がキャンセルとなり走行時間が激減した今季。少しでも走行したい状況にもかかわらず、ウイーク初日の合同走行は雨と霧でキャンセルされてしまった。土曜日の朝に予定よりも5分多く30分間の特別走行が設けられたが、ここでセッティングを決めて午後には予選という非常に厳しいスケジュールになった。
土曜日は天候が回復したものの、朝の特別走行時の路面には雨の影響が残った。
午後の予選はドライコンディション。徳留は5番手タイムで終了。明日の決勝を2列目からスタートすることになった。また、千田俊輝(ブリヂストン)は11番手、山田尚輝(ブリヂストン)は13番手、村田憲彦(ブリヂストン)は18番手となった。

JGP3_YAMADA_race.jpg

好天に恵まれた決勝日。15周の決勝レースの火ぶたが切られた。オープニングラップを5番手で終えた徳留。小室旭(DL)、村瀬健琉(DL)、成田彬人(DL)、高杉奈緒子(DL)と5台のトップ集団を形成。徳留は3周目には4番手、4周目には2番手に浮上。
積極的な攻めの姿勢を見せるがトップは次々に入れ替わる大激戦。徳留も何度も首位を奪取するも、トップ集団の中からはどのライダーも逃げ切ることができない。
最終ラップ、トップで突入したのは徳留。しかし小室に捕らわれてしまい、激しい争いに。その間に村瀬がトップ浮上。徳留は3位でフィニッシュ。J-GP3今季初レースを表彰台で飾った。
また、山田が7位、千田が8位と追い上げのレース展開を見せた。

JGP3_TOKUDOME_podium.jpg

●徳留真紀(予選5位/決勝3位)
「大好きなオートポリスで久々のJ-GP3レースでした。走行時間が少なかったのですが、2016年にはブリヂストンタイヤでチャンピオンも取っているし、その前からブリヂストンタイヤを履いて戦っていました。久々のJ-GP3タイヤを履いた訳ですが、以前と同じように安定していて、レース序盤から終盤まで安心して走れました。このコースはハイスピード旋回があり、剛性感が大事です。それでも市販タイヤで最後までいいレースができました。マシン差があって作戦失敗で勝てなかったのは悔しいです」

●東雅雄(株式会社ブリヂストン モーターサイクルレーシングマネージャー)
「順位が激しく入れ替わるというJ-GP3クラスらしいレースでした。その中で我々のユーザーである徳留選手がトップ争いに絡んでくれました。もう少しで優勝できたのに残念でしたが、3位というのは非常によろこばしい成績です。今季の1戦目は本人の都合で参戦できませんでした。今回、彼の地元で表彰台獲得したことは、残り2戦の大きなモチベーションになったのではないでしょうか。残りレースも今回のようにベテランらしいレースを展開し、優勝をねらってほしいです」

レース結果

コース:オートポリス

[J-GP3]

決勝

  • 開催日:2020/09/20
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:18
  • 完走:18
  • (4.674km x 15laps = 70.11km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 3 村瀬 健琉 DL Team TKR NSF250R ホンダ 15 1:58.592 29:57.155
2 32 小室 旭 DL Sunny moto planning AKR RC250R KTM 15 1:59.029 29:57.533
3 36 徳留 真紀 BS Bridgestone マルマエMTR NSF250R ホンダ 15 1:58.536 29:57.673
4 71 成田 彬人 DL Team P.MU 7C MIKUNI NSF250R ホンダ 15 1:59.075 29:57.795
5 12 高杉 奈緒子 DL Team NAOKO KTM RC250R KTM 15 1:59.085 30:03.896
6 2 鈴木 大空翔 DL BATTLE FACTORY NSF250R ホンダ 15 1:59.938 30:18.119
7 70 山田 尚輝 BS Bridgestone SDG Mistresa Jr.Team NSF250R ホンダ 15 2:00.206 30:18.231
8 95 千田 俊輝 BS Bridgestone SDG Mistresa Jr.Team NSF250R ホンダ 15 2:00.245 30:18.344
9 43 彌榮 郡 DL ClubPARIS・Y's NSF250R ホンダ 15 2:00.050 30:18.454
10 8 岡崎 静夏 DL RT YOLO SARD&ぱわあくらふと NSF250R ホンダ 15 2:00.396 30:19.304
11 72 藤田 哲弥 DL Team P.MU 7C MIKUNI NSF250R ホンダ 15 2:00.194 30:21.230
12 11 山本 恭裕 DL チームライフ・ドリーム北九州 NSF250R ホンダ 15 2:00.479 30:21.295
13 96 中島 元気 DL Honda 浜友会浜松エスカルゴ NSF250R ホンダ 15 2:00.941 30:31.965
14 41 宇井 陽一 DL 41プランニングTeam One For All TR004 IODA 15 1:59.402 30:32.203
15 33 仲村 瑛冬 DL 犬の乳酸菌.jp/プリミティブR.T NSF250R ホンダ 15 2:01.916 30:45.576
16 52 上江洲 葵要 DL ライダーズサロン横浜☆ペンスケ NSF250R ホンダ 15 2:01.817 30:45.640
17 50 大田 隼人 DL RSGレーシング&ドリーム北九州 NSF250R ホンダ 15 2:01.691 30:45.722
18 20 村田 憲彦 BS Bridgestone TEAM SAMURAI NSF250R ホンダ 15 2:04.222 31:26.036
[J-GP3]

予選

  • 開催日:2020/09/19
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:18
  • (4.674km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 32 小室 旭 DL Sunny moto planning AKR RC250R KTM 4 1:58.146
2 3 村瀬 健琉 DL Team TKR NSF250R ホンダ 10 1:58.539
3 71 成田 彬人 DL Team P.MU 7C MIKUNI NSF250R ホンダ 9 1:58.608
4 12 高杉 奈緒子 DL Team NAOKO KTM RC250R KTM 10 1:58.732
5 36 徳留 真紀 BS Bridgestone マルマエMTR NSF250R ホンダ 4 1:59.363
6 41 宇井 陽一 DL 41プランニングTeam One For All TR004 IODA 4 1:59.503
7 2 鈴木 大空翔 DL BATTLE FACTORY NSF250R ホンダ 5 2:00.469
8 11 山本 恭裕 DL チームライフ・ドリーム北九州 NSF250R ホンダ 10 2:00.865
9 96 中島 元気 DL Honda 浜友会浜松エスカルゴ NSF250R ホンダ 9 2:01.034
10 72 藤田 哲弥 DL Team P.MU 7C MIKUNI NSF250R ホンダ 5 2:01.251