長田茂久が今季2勝目を達成!

  • 開催場所:岡山国際サーキット
  • 開催日:2020年09月27日(日) 〜 2020年09月27日(日)
ロードスター・パーティレースⅢ 西日本 NDシリーズ Rd.3

9月27日、ロードスター・パーティレースⅢの西日本シリーズ第3戦が岡山国際サーキットで行われた。NDシリーズクラスは長田茂久が今季2勝目を達成し、チャンピオンを争うポイントでもランキングトップのままリードを広げた。
HIRO9612.JPG

●予選
今回は全日本スーパーフォーミュラ選手権のサポートレースとしての開催。エントリーはNDシリーズが13台、混走のNDクラブマンが12台の計25台と盛況だ。全車が8時ちょうどから15分間の公式予選に臨んだ。天候は晴れ。風がやや強いものの、気温は約20℃で路面温度は25℃弱(予選終了後の9時現在)という絶好のコンディションで迎えた。先頭でコースインしたのは西日本V4の絶対王者である88号車・本多永一だったが、アタック1周目のタイムは1分58秒789と今ひとつ。第2戦に勝った61号車の杉野治彦は1分57秒929、開幕戦を制した46号車の長田は1分57秒953と、この2台だけが58秒を切ってリーダーボードの上段に並ぶ。長田は杉野を引き連れるようなカタチで、アタック2周目に1分57秒525で逆転。同じく3周目に57秒179まで刻んでピットで待機に入る。少なからずスリップの恩恵を受けた杉野も1分57秒744から57秒233まで削るが、わずかに及ばない。結局、1分58秒を切れたのはこのふたりだけ。決勝は今季好調なライバル同士のマッチレースを予感させた。予選3位に入ったのは今年デビューした180号車・大月崇央で、タイムは1分58秒307。本多はアタック3周目に1分58秒351を記録して、なんとかグリッド2列目を確保した。5番グリッドは110号車の末金孝夫となり、6番グリッドにはクラブマンクラスの最上位となる中原憲行が割って入った。
以下、シリーズクラスでは8番グリッドを45号車・黒原崇正が獲得。さらにグリッド5列目のクラブマン2台までが1分58秒台。6列目の11番と12番グリッドには、41号車・加藤沙也香と26号車・末永晃正が1分59秒台で続いた。西日本シリーズはクラブマン上位陣のレベルが高いのも特徴のひとつだ。

●決勝
IMG_4325.JPG
サーキットに降り注ぐ陽射しは次第に強まり、12時過ぎの気温は22.5℃、路面温度は29.8℃まで上昇。予選に続いて決勝もオンタイムの12時15分にスタートが切られた。
ところが、4番グリッドの本多がグリッドに止まったまま動かない。西日本V4かつ3年連続日本一のND遣いが、1速ではなくニュートラルのままアクセルを踏んでいたとのこと。追突こそ免れたがこれで20台以上に抜かれてしまい、本多はオープニングラップを総合15位で通過した。
フロントローの長田と杉野が1周目から0.276秒差のテールtoノーズになるのは想定内。さらに大月、末金をはじめ、総合11位の末永までは本多を除いたスターティンググリッド順通りに通過した。3位の大月から6位の構井(クラブマンクラス)までの4台も、早くも僅差でのダンゴ状態になった。トップ争いの最大のハイライトは4周目のヘアピンからだった。杉野がインを奪ってノーズを前に出すも、長田も次のリボルバーまで我慢して再び先行することに成功。2台の差はこの4周目までは0.4秒台だったが、5周目のバックストレートから明らかに広がりはじめて1.1秒差に。さらに1.7秒、2.3秒とギャップが拡大し、最後は3.831秒差でチェッカーを受けた。総合3位を争うバトルはファイナルラップまで延々と続くが、シリーズクラスの大月と末金の間にクラブマンの首位を争う2台が入ってしまったため、シリーズの3位と4位が直接対決するシーンは訪れなかった。スタートで出遅れた本多は2周目以降も1周につき1台ほどのペースでパッシングショーを展開。終わってみれば総合10位・シリーズ6位というポジションまで挽回してみせた。
IMG_4649.JPG
改めて整理すると、NDシリーズは長田が開幕戦に続く2勝目。ポイントランキングもトップを守り、かつリードを10ポイントに広げた。2位の杉野もランキングは2位にアップ。また3位の大月はデビュー3戦目での表彰台獲得の快挙だ。さらに4位の末金はこれでシリーズ3位タイ。5位の黒原は昨年の第2戦からの参戦で嬉しい初入賞で、6位の本多は末金と同点のランキング3位に後退した。
IMG_4693.JPG

HIRO9749.JPG

優勝した長田 茂久選手コメント
「決勝前にあったフォーミュラの予選で路面についたラバーのせいか、途中からはアンダー&オーバーがきつくて厳しかったです。ポールからの優勝は初めてなので、また別の喜びがありますね」と、少しホッとした表情で語った。またタイヤについては「いいタイヤで気に入ってしまったので、じつはRE003を1シーズン分買ってしまいました。今年限りなので、あと1戦で使い切りたいと思います」



ロードスター・パーティレースⅢの西日本シリーズ最終となる第4戦は、ここ岡山で11月22日に開催。またパーティレースの次の戦いは休む間もなく次の週末となる10月3日、宮城県のスポーツランドSUGOで北日本シリーズの第3戦と最終の第4戦がダブルヘッダーで行われる。

ロードスター・パーティレースⅢ 公式ホームページ
マツダロードスター 車両ページ
POTENZA AdrenalineRE004 製品ページ

レース結果

コース:岡山国際サーキット

決勝

  • 開催日:2020/09/27
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:13
  • 完走:13
  • (3.703km x 8laps = 29.624km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 46 長田 茂久 BS Bridgestone 愉快なおっさんロードスター 8 15:55.947
2 61 杉野 治彦 BS Bridgestone CUBEわくサポ・ロードスター 8 15:59.778
3 180 大月 崇央 BS Bridgestone クーリングドア ロードスター 8 16:08.644
4 110 末金 孝夫 BS Bridgestone K-MAX電材一番ロードスター 8 16:11.174
5 45 黒原 崇正 BS Bridgestone HSRたてぐ屋のロードスター 8 16:12.986
6 88 本多 永一 BS Bridgestone LEG Eds ロードスター 8 16:14.956
7 41 加藤 沙也香 BS Bridgestone Lovedriveロードスター 8 16:17.556
8 38 中村 進 BS Bridgestone Shooting ロードスター 8 16:29.276
9 26 末永 晃正 BS Bridgestone エフケーテックロードスター 8 16:29.792
10 170 桑野 祐希 BS Bridgestone 170SPRITロードスター 8 16:51.739
11 130 廣瀬 一郎 BS Bridgestone 人馬一体1号ロードスター 8 16:52.286
12 189 ATSUSHI AKITA BS Bridgestone 子どもの笑顔ロードスター 8 16:57.067
13 17 菊井 哲也 BS Bridgestone 団栗会/ヒロ自動車ロードスター 8 17:42.139