決勝TOP6をBS装着勢が独占!

  • 開催場所:オートポリス
  • 開催日:2018年05月27日(日) 〜 2018年05月27日(日)
pro-race-start.JPG

今シーズンのプロフェッショナルシリーズは、高い性能を誇るポテンザRE-07Dが主流となっている。開幕戦では#17織戸学選手(ブリヂストン)が久々の優勝、第2戦では#7堤優威選手(ブリヂストン)が初優勝を飾っている。予選結果も含めて見ると、順位の入れ替りが大きく、わずかな差が大きく順位に影響するシビアな展開となっている。それはタイヤも含めて同じパッケージとなったことが、拍車をかけているに違いない。
シリーズ第3戦オートポリスで、今シーズン3人目の勝者が生まれる予感はあった。

pro-race-82-tanighuchi.JPG

●予選
気温が30度に近づき、快晴の空から降り注ぐ強い日差しで路面温度も高くなっていた。そのためドライバーはアタックする前にタイヤに熱を入れすぎないように、コースインしてもスローペースでマシンを走らせていた。あまり熱を入れ過ぎると、予選アタックの最後のセクションでは辛くなってしまう可能性があった。
しかし、それは同時に逆の現象も見せる。ニュルブルクリンク24時間、スーパーGTと、2週連続で素晴らしいパフォーマンスを見せた#88井口卓人選手(ブリヂストン)は、アタックに入った1コーナーでコースオフ。アタックをやり直すことになり、予選9位となった。
ほとんどのドライバーは早めのタイミングで予選アタックに入った。その中でトップタイムを獲得したのは#80菅波冬悟選手(DL)だった。#17織戸学選手(ブリヂストン)、#34佐々木雅弘選手(ブリヂストン)、#121蒲生尚弥選手(ブリヂストン)が続く。
そして予選終了が近づき、満を持して誰も居ないコースで#82谷口信輝選手(ブリヂストン)がアタックに入る。そこで見事にトップタイムを奪うことに成功。後に続いてアタックに入った、今週も好調だった昨年のオートポリス覇者#31青木孝行選手(ブリヂストン)は、最終セクションでわずかにタイムロスして3番手に留まった。

pro-podium.JPG

●決勝レース
スタートで上位陣はスターティンググリッドの順位は変わらず、レースは始まった。全車がピタリと並んだ状態で、周回が進んでいく。そして4周目に入った1コーナー、ブレーキングで2位菅波選手に3位青木選手が接触、菅波選手はコースアウトし順位を落してしまう。それでトップ3は、谷口選手、青木選手、織戸選手が、いずれもブリヂストンユーザーとして並ぶというシーンが生まれた。
しかし7周目、今度は青木選手と織戸選手がサイド・バイ・サイドで並んだ時に接触、第1ヘアピンの出口で青木選手がスピンしてしまう。そこに6位走行中だった蒲生選手が突っ込んでしまいクラッシュ。2台はリタイヤとなった。
追いかけてくる2位のドライバーが、次々と消えた谷口信輝選手には、もはやブロックする相手は居なかった。レース後半には3秒以上ものマージンを持ち、圧巻のポール・トゥ・ウィンを達成、今シーズン初優勝を飾った。
2位には織戸選手、3位は佐々木選手が入った。ブリヂストン装着勢は表彰台の3名を含めて、トップ10に8台を占めた。

プロフェッショナルシリーズ決勝レースで、優勝した#82谷口信輝選手(ブリヂストン)のコメント。
「ポールポジションだったので、抜かれるわけにはいかないレースでしたね。後ろとの間に隙間ができたら逃げようと思っていたんだけど、レース序盤は後ろの菅波選手の元気が良かったので、抑えていました。そうしているうちに、少し差ができたので、逃げに入っていったんです。2位が青木選手に変わって、そうなると同じタイヤなので、安心して逃げることができました。後はゴールに向かって淡々と行きました」

レース結果

コース:オートポリス

[Professional Series]

決勝

  • 開催日:2018/05/27
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:26
  • 完走:24
  • (4.674km x 10laps = 46.74km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 82 谷口 信輝 BS Bridgestone KTMS 86 10 2:15.260 22:36.842
2 17 織戸 学 BS Bridgestone サミー☆K-one☆MAX86 10 2:14.887 22:40.464
3 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 10 2:15.029 22:40.878
4 88 井口 卓人 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 10 2:14.991 22:41.806
5 18 平木 湧也 BS Bridgestone 茨城トヨペット86レーシング 10 2:15.103 22:43.465
6 1 近藤 翼 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 10 2:15.373 22:44.001
7 55 元嶋 佑弥 GY THE BRIDE 86 10 2:15.267 22:44.561
8 369 平中 克幸 GY GY RACING 86 10 2:14.826 22:47.663
9 97 小河 諒 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 10 2:15.303 22:48.814
10 11 脇阪 寿一 BS Bridgestone ネッツ東京レーシング86 10 2:15.572 22:49.059
11 80 菅波 冬悟 DL OTG DL 86 10 2:15.476 22:49.246
12 32 市森 友明 BS Bridgestone 大阪トヨタ86レーシング 10 2:14.954 22:49.728
13 7 堤 優威 BS Bridgestone ADVICS CABANA 86 10 2:15.038 22:50.017
14 90 阪口 良平 BS Bridgestone 大阪トヨタ86レーシング BS 10 2:14.976 22:50.403
15 770 山田 英二 BS Bridgestone CUSCO BS 86 10 2:15.518 22:50.730
16 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 10 2:15.660 22:51.131
17 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 10 2:15.805 22:55.010
18 328 密山 祥吾 DL 埼玉トヨペットGB 86 10 2:16.030 22:55.940
19 10 吉田 広樹 DL OTG TN滋賀 86 10 2:16.016 22:56.258
20 520 平沼 貴之 DL 埼玉トヨペットGB 86 10 2:16.258 22:58.556
21 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 86 ポテンザ 10 2:16.212 22:58.952
22 813 坂 裕之 DL ネッツ兵庫DLテックプロ86 10 2:16.216 23:03.469
23 6 渡辺 圭一 BS Bridgestone スコーシュ☆JCS 86 10 2:18.099 23:13.668
24 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 9 2:15.225 20:58.728
- 31 青木 孝行 BS Bridgestone ケーエムエス フェニックス86 6 2:15.302 DNF
- 121 蒲生 尚弥 BS Bridgestone tomicaネッツ兵庫86BS 6 2:14.898 DNF
[Professional Series]

予選

  • 開催日:2018/05/27
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:26
  • (4.674km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 82 谷口 信輝 BS Bridgestone KTMS 86 2 2:12.643
2 80 菅波 冬悟 DL OTG DL 86 2 2:12.669
3 31 青木 孝行 BS Bridgestone ケーエムエス フェニックス86 2 2:12.804
4 17 織戸 学 BS Bridgestone サミー☆K-one☆MAX86 2 2:12.855
5 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 2 2:12.857
6 121 蒲生 尚弥 BS Bridgestone tomicaネッツ兵庫86BS 2 2:12.883
7 18 平木 湧也 BS Bridgestone 茨城トヨペット86レーシング 2 2:12.916
8 97 小河 諒 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 2 2:12.999
9 88 井口 卓人 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 4 2:13.023
10 1 近藤 翼 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 2 2:13.042
11 55 元嶋 佑弥 GY THE BRIDE 86 2 2:13.073
12 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 2 2:13.140
13 32 市森 友明 BS Bridgestone 大阪トヨタ86レーシング 2 2:13.157
14 369 平中 克幸 GY GY RACING 86 2 2:13.184
15 11 脇阪 寿一 BS Bridgestone ネッツ東京レーシング86 2 2:13.238
16 10 吉田 広樹 DL OTG TN滋賀 86 2 2:13.261
17 7 堤 優威 BS Bridgestone ADVICS CABANA 86 2 2:13.273
18 770 山田 英二 BS Bridgestone CUSCO BS 86 2 2:13.468
19 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 2 2:13.507
20 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 2 2:13.527
21 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 86 ポテンザ 2 2:13.581
22 90 阪口 良平 BS Bridgestone 大阪トヨタ86レーシング BS 3 2:14.014
23 813 坂 裕之 DL ネッツ兵庫DLテックプロ86 2 2:14.109
24 328 密山 祥吾 DL 埼玉トヨペットGB 86 2 2:14.420
25 520 平沼 貴之 DL 埼玉トヨペットGB 86 2 2:14.937
26 6 渡辺 圭一 BS Bridgestone スコーシュ☆JCS 86 2 2:15.066