予選3番手の小泉洋史が土壇場で逆転のドラマを演出!

  • 開催場所:ツインリンクもてぎ
  • 開催日:2021年12月05日(日) 〜 2021年12月05日(日)
ロードスター・パーティレースⅢ NDクラブマン 交流戦

12月5日、栃木県のツインリンクもてぎでロードスター・パーティレースⅢの交流戦「Friendly Match」が開催。NDクラブマンクラスは予選3番手からスタートした197号車の小泉洋史が、なんと最終ラップの90°コーナーでの大逆転で初優勝を果たした。

●予選
ロードスター・パーティレースは2016年以来、スポーツランドSUGOの北日本と筑波サーキットの東日本、さらに岡山国際サーキットの西日本という3つのシリーズに分かれて開催されている。それが年に一度だけ、各地区シリーズにも有効な戦いとして一堂に会するのが交流戦だ。初開催は2017年でNDとNCの混走レースだったが、2018年からはNDのみのバトルに限定。開催時期は9月から10月にかけてで、戦いの舞台は静岡県の富士スピードウェイだった。ところが今年は心機一転。NDシリーズに加えてNCシリーズ、NDクラブマンの全クラスを開催。時期も各地区シリーズが全日程を終えた12月となり、栃木県のツインリンクもてぎというのは、2002年から始まるパーティレース史上でも初めてのロケーションだ。したがって本日の最速タイムが自動的に各クラスのコースレコードになる特典も付いた。NDクラブマンはNCシリーズと混走となり、第1レースとして開催された。
2021_1205-02882.JPG
公式予選は8時からの20分間。NDクラブマンへのエントリーはが12台で、NCシリーズ11台との合計23台がアタックに臨んだ。終了直後の8時30分の段階では気温5.4℃、路面温度8.5℃、湿度は46%というコンディションだった。クラストップは147号車の加藤 修で、ベストタイムはアタック3周目に叩き出した2分30秒700。
2021_1205-02967.JPG
NCシリーズの1台を挟んだクラス2番手は今回全クラス通じて紅一点の133号車・辻田 慈で、197号車の小泉洋史までが2分31秒台を記録。
2021_1205-00082.JPG2B3A1358.JPG
以下、4番手の52号車・古田孝一から113号車・高居慎司、23号車・荒川 豊、168号車・原嶋昭宏の4台は2分32秒台で続いた。



●決勝
交流戦「Friendly Match」第1レースの決勝は、予定よりわずかに遅れて10時44分にローリングスタートで開始。ゴール後に計測した気温は8.1℃、路面温度は22.4まで上がり、湿度は43%というコンディションだった。予選クラストップだった加藤は無難にスタート。NCシリーズの1台に抜かれて総合ではひとつ順位を落とすものの、辻田と小泉、古田と高居というグリッド順に後続を従えてオープニングラップを通過した。
2021_1205-03327.JPG
このクラスに異変が起こったのは、ちょうど2周目を終える頃だった。まずは2位を走っていた辻田のマシンにチェックランプが点灯。スロー走行を余儀なくされたため、労せずして小泉が2位に上がった(辻田は無念のリタイア)。また自前でミニサーキットを作る熱血漢ぶりで知られ、レースキャリアにも勝る古田が、今年デビューの高居をこの周に抜くことに成功する。
決勝も半ばを過ぎた4周目は加藤の1.3秒後に小泉が接近。
2021_1205-03431.JPG
3位争いも古田と高居に加えて、荒川もダンゴ状態になり、いよいよ最後のドラマが近づいてくる。小泉は5周目に0.729秒差、6周目に0.951秒差とロックオン状態を保ってファイナルラップに突入。このコースでは実質最後のパッシングポイントとなる90°コーナーで加藤のインを指すことに成功し、パーティレースでは初入賞が初優勝という快挙を達成した。
2021_1205-03576.JPG
以下、勢いに勝る小泉にスペースを残した加藤も初入賞で2位をゲット。さらに古田がレース後の再車検で車両規定違反が発覚して失格となったために、3位には高居が入ってJAFメダルを獲得。さらに入賞圏内だった荒川も最終ラップでコース上に止まってしまったため、4位には原嶋、5位には79号車の小林秀樹、6位には46号車の北田辰男が入賞となった。
2B3A1828.JPG

IMG_6989.JPG

優勝した小泉選手コメント
「パーティレースでは初めての入賞が優勝になっちゃいました。ちょうど先頭に追いつけたのがファイナルラップでした。クリーンなバトルに感謝したいです」
タイヤについて
「安定していますよね。熱ダレしにくいのに、熱の入りは悪くないです。ロードスターのパワーには十分なパフォーマンスだと思います」

レース結果

コース:ツインリンクもてぎ

[NDクラブマン]

決勝

  • 開催日:2021/12/05
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:12
  • 完走:10
  • (4.08km x 7laps = 28.561km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 197 小泉 洋史 BS Bridgestone ロードスター 7 17'53.475
2 147 加藤 修 BS Bridgestone KK・ベリーロードスター 7 17'53.886
3 113 高居 慎司 BS Bridgestone TRES ロードスター 7 18'04.761
4 168 原嶋 昭弘 BS Bridgestone ROADSTER-AH 7 18'10.108
5 79 小林 秀樹 BS Bridgestone ケータツ&アネモネロードスター 7 18'11.255
6 46 北田 辰男 BS Bridgestone マテリアル・ロードスター 7 18'14.872
7 37 倉持 彰彦 BS Bridgestone プロジェクトワン ロードスター 7 18'19.697
8 18 坂井 孝郎 BS Bridgestone 浅野自動車ロードスター 7 18'20.200
9 138 佐藤 喜洋 BS Bridgestone -Jin-ロードスター#138 7 18'38.288
10 23 荒川 豊 BS Bridgestone ホーショーロードスター 6 15'32.058
- 133 辻田 慈 BS Bridgestone ZEST☆ロードスター 2 DNF
- 52 古田 孝一 BS Bridgestone RSPECステージロードスター DQ