• 開催場所:筑波サーキット
  • 開催日:2019年06月22日(土) 〜 2019年06月23日(日)
【全日本ロードレース第4戦筑波 J-GP3レース2】ドライコンディションのレース2は長谷川聖が逆転のポールtoウイン!

全日本ロードレース第4戦筑波ラウンドは、雨の多いウイークエンドとなった。土曜日も上空は厚い雲に覆われていた。幸運にも午前中はドライコンディションで予選が行なわれた。ベストタイムでレース1のグリッドを、セカンドタイムでレース2のグリッドが決定。ベストタイムでは唯一1分の壁を破った長谷川聖(ブリヂストン)がポールポジションを獲得。そしてセカンドタイムでも長谷川がトップタイムをマーク。予選2番手の鈴木大空翔(DL)に0.385秒もの差をつけて2戦連続ポールポジション獲得となった。
 また、全日本ルーキーの大堀和基(ブリヂストン)、中山愛理(ブリヂストン)、太田虎之進(ブリヂストン)のブリヂストン若手3人がセカンドグリッドを独占。決勝での逆転をねらうことになった。

19JRR04_JGP3_FP2=041.JPG

日曜日も朝から曇天。いつ降り出してもおかしくない空模様の下、ドライコンディションでスタートした。
 ホールショットを奪ったのは鈴木。長谷川、安村武志(DL)、成田彬人(DL)、村瀬健琉(DL)が続き、5台でトップ集団を形成。
 5周目にはここに岡崎静夏(DL)と中山愛理(ブリヂストン)が追いつき、トップ争いは7台に膨らむ。
 9周目の1コーナーでトップは鈴木から成田に替わる。しかし翌10周目は鈴木がトップ奪回。
 14周目に今度は長谷川がトップ浮上。ペースを上げて逃げにかかる。村瀬と鈴木の2台が追いかけ、トップ集団は3台と4台のグループに分かれる。
 長谷川はファステストラップをたたき出してトップ独走状態を築くことに成功する。鈴木と村瀬は2位争いに移行。4台での4位争いは18周目に中山がトップに立つ。
 長谷川は最後には3秒以上の差をつけて独走優勝。2位争いは鈴木に軍配が上がり、村瀬は3位に甘んじたものの全日本初表彰台獲得。中山は集団から抜け出し、さらには2位争いとの差を詰めて4位単独フィニッシュとなった。
 また、太田は8位フィニッシュ。昨日ウエットコンディションのレース1で全日本初優勝を飾った福嶋佑斗(ブリヂストン)は11位。昨日はトップ争いを展開した大堀はレース中盤に転倒。ウエットコンディションでのレース1とドライコンディションのレース2、天候で明暗を分けた。

19JRR04_JGP3_RC2=328.JPG

●長谷川聖(予選1位/決勝1位)
「タイヤは最初から最後までたれることなく、レース後半もペースをキープできました。すごく助かったし、感謝の言葉しかありません。(レース序盤のペースが遅かったのは)タイヤ温存しているつもりはなかったです。ただ、抜くのが苦手なだけで…。シーズン後半戦は全部得意なコースなので、しっかりポイントを稼いでタイトルを取れるように頑張ります」
●山田宏(株式会社ブリヂストン モーターサイクルレーシングマネージャー)
「J-GP3のレース2は曇り空で気温23度、路面温度29度でスタートしました。レース中盤まで7台のトップグループが激しいバトルを繰り広げ、レース終盤には長谷川聖選手がトップに立ち、今季2勝目を挙げました。長谷川選手とチームの皆様にお祝いを申し上げます。また、激しい争いの中で4位になった中山愛理選手もすばらしい走りを見せてくれました。今回のJ-GP3クラスはブリヂストンユーザーが2レース共に優勝を飾ってくれて、非常にうれしく思います」

レース結果

コース:筑波サーキット

[J-GP3]

決勝

  • 開催日:2019/06/23
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:27
  • 完走:25
  • (2.07km x 20laps = 41.4km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 36 長谷川 聖 BS Bridgestone CLUB Y'S NSF250R ホンダ 20 15 1:00.226 20:21.754
2 11 鈴木 大空翔 DL BATTLE FACTORY NSF250R ホンダ 20 15 1:00.596 20:25.040
3 392 村瀬 健琉 DL ミクニ テリー&カリー NSF250R ホンダ 20 14 1:00.612 20:25.271
4 14 中山 愛理 BS Bridgestone TEAM SHOTA NSF250R ホンダ 20 17 1:00.374 20:26.309
5 18 安村 武志 DL 犬の乳酸菌.jp/プリミティブR.T PRCS3d PRCS 20 15 1:00.772 20:27.765
6 71 成田 彬人 DL Team P.MU 7C MIKUNI NSF250R ホンダ 20 2 1:00.646 20:28.069
7 13 岡崎 静夏 DL Kohara Racing Team NSF250R ホンダ 20 5 1:00.595 20:28.311
8 17 太田 虎之進 BS Bridgestone WJ-FACTORY NSF250R ホンダ 20 20 1:00.876 20:32.772
9 34 細谷 翼 DL TEAM SRS-Moto NSF250R ホンダ 20 11 1:00.943 20:33.642
10 88 福嶋 佑斗 BS Bridgestone Team Plusone +f NSF250R ホンダ 20 4 1:00.926 20:34.360
11 20 高杉 奈緒子 DL 41Planning RC250R KTM 20 6 1:01.001 20:39.934
12 29 S.アジウス DL MIE Racing NSF250R ホンダ 20 5 1:01.318 20:43.472
13 5 藤井 謙汰 DL Kohara Racing Team NSF250 ホンダ 20 20 1:01.296 20:43.542
14 9 山本 恭裕 DL チームライフ・ドリーム北九州 NSF250R ホンダ 20 19 1:01.349 20:44.281
15 61 柳沢 祐一 DL ENDLESS TEAM SHANTI NSF250R ホンダ 20 12 1:01.500 20:44.409
16 31 西田 信義 BS Bridgestone WJ-FACTORY NSF250R ホンダ 20 13 1:01.036 20:44.529
17 64 大堀 和基 BS Bridgestone CLUB HARC-PRO NSF250R ホンダ 20 16 1:01.044 20:45.032
18 16 白石 玲菜 BS Bridgestone Dreamline Plusone NSF250R ホンダ 20 9 1:01.332 20:46.868
19 15 野澤 秀典 BS Bridgestone ノザワレーシングファミリー NSF250R ホンダ 20 6 1:01.514 20:48.309
20 21 村田 憲彦 BS Bridgestone CLUB Y'S NSF250R ホンダ 20 4 1:01.702 20:51.331
[J-GP3]

予選

  • 開催日:2019/06/22
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:27
  • (2.07km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 36 長谷川 聖 BS Bridgestone CLUB Y'S NSF250R ホンダ 13 8 1:00.075
2 11 鈴木 大空翔 DL BATTLE FACTORY NSF250R ホンダ 4 1:00.460
3 392 村瀬 健琉 DL ミクニ テリー&カリー NSF250R ホンダ 16 1:00.474
4 64 大堀 和基 BS Bridgestone CLUB HARC-PRO NSF250R ホンダ 17 1:00.599
5 14 中山 愛理 BS Bridgestone TEAM SHOTA NSF250R ホンダ 11 1:00.750
6 17 太田 虎之進 BS Bridgestone WJ-FACTORY NSF250R ホンダ 20 1:00.780
7 71 成田 彬人 DL Team P.MU 7C MIKUNI NSF250R ホンダ 11 1:00.816
8 18 安村 武志 DL 犬の乳酸菌.jp/プリミティブR.T PRCS3d PRCS 10 1:00.889
9 88 福嶋 佑斗 BS Bridgestone Team Plusone +f NSF250R ホンダ 11 1:00.920
10 20 高杉 奈緒子 DL 41Planning RC250R KTM 9 1:00.950