• 開催場所:スポーツランドSUGO
  • 開催日:2022年06月04日(土) 〜 2022年06月05日(日)
【2022年全日本ロードレース選手権 第4戦 SUGO ST600レース2】荒川晃大が波乱の末の超スプリントレースを制する

22JRR04_600_RC2=415.JPG全日本ロードレース選手権第4戦SUGOのST600クラスは2レース制。またグリッドは予選のセカンドタイムで決定。その結果、荒川晃大がダブルポールポジションとなった。

荒川は予選終了後に「セッションが朝一番のスケジュールだった。昨日(金曜日)の雨でコースコンディションが悪かった。様子を見ながらのタイムアタックだったが、タイミングよくタイムを出すことができた。セカンドタイムもよくて、2レース共にポールポジションを取ることができてよかった」とコメント。しかし、予選と同じ土曜日に行なわれたレース1では3位に終わった荒川は「タイムは少しアドバンテージがあったのに、レースでは警戒していた小山選手や羽田選手に案の定やられてしまった」と肩を落としていた。


22JRR04_600_RC2=207.JPG

日曜日に行なわれたレース2は、他クラスのアクシデントの影響でスタート時間も1時間遅くなり、周回数は20周から18周に減算された。

好スタートを切ってホールショットを奪ったのは荒川。オープニングラップからトップ独走態勢を築く。後方では伊達悠太、菅原陸が転倒。2周目には小山知良、長尾健吾、横山尚太が次々に転倒。これで赤旗中断となってしまう。
オイル処理の後、当初のスケジュールから2時間後の17時30分から12周のレースが行なわれることになった。

GVDX6757.JPG夕暮れのスタート。再び荒川がホールショットを奪ってレースをリード。羽田太河が後方につけ、一騎打ちの様相。セカンド集団は小山知良が引っ張る。2周目には羽田を引き離しにかかった荒川。それぞれが単独走行を開始。3位争い集団は小山を先頭に伊達、長尾健吾ら6台から8台で形成。

6周目に井手翔太が小山を捉えて3番手浮上。井手はペースを上げて羽田を追う。その井手の背後につけて小山、伊藤元治もペースを上げる。3位争いからはこの3台が抜け出す。

荒川は12周のレースで9秒もの大差を築いて優勝。羽田は3位争い集団から逃げ切って2位でフィニッシュ。3位争いは井手に軍配が挙がった。

22JRR04_600_RC2732.JPG

●荒川晃大(予選1位/決勝1位)
「バトルになると弱いところがあるから、行くしかないという気持ちが大きかったんです。気温も路面温度も下がっていましたが、サイティングラップで悪い感触がなかったので、最初からプッシュしていけると思いました。スタートしたら、やっぱりいけたという感じでした。1年ぶりの優勝なので、率直にうれしいです。しっかり準備をして、次も勝てるように頑張ります」

レース結果

コース:スポーツランドSUGO

[ST600]

決勝

  • 開催日:2022/06/05
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:33
  • 完走:33
  • (3.621km x 12laps = 43.453km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 3 荒川 晃大 BS Bridgestone MOTOBUM HONDA CBR600RR ホンダ 12 1:30.700 18:18.812
2 37 羽田 太河 BS Bridgestone TN45withMotoUPRacing CBR600RR ホンダ 12 1:31.539 18:27.942
3 12 井手 翔太 BS Bridgestone AKENO SPEED YAMAHA YZF-R6 ヤマハ 12 1:31.123 18:29.153
4 2 小山 知良 BS Bridgestone JAPAN POST Honda Dream TP CBR600RR ホンダ 12 1:31.262 18:29.823
5 15 伊藤 元治 BS Bridgestone MOTOBUM HONDA CBR600RR ホンダ 12 1:31.118 18:30.002
6 8 鈴木 光来 BS Bridgestone MOTOBUM HONDA CBR600RR ホンダ 12 1:31.828 18:35.844
7 21 鈴木 大空翔 BS Bridgestone BATTLE FACTORY CBR600RR ホンダ 12 1:31.499 18:35.931
8 11 松岡 玲 BS Bridgestone ITO RACING BORG YAMAHA YZF-R6 ヤマハ 12 1:31.452 18:36.248
9 4 長尾 健吾 BS Bridgestone TBB TEAMKENKEN YTch L8 YZF-R6 ヤマハ 12 1:31.467 18:36.593
10 5 阿部 恵斗 BS Bridgestone Team 51 GARAGE YAMAHA YZF-R6 ヤマハ 12 1:31.942 18:36.706
11 33 國井 勇輝 BS Bridgestone SDG Motor Sports RT HARC-PRO. CBR600RR ホンダ 12 1:31.812 18:36.860
12 7 伊達 悠太 BS Bridgestone AKENO SPEED YAMAHA YZF-R6 ヤマハ 12 1:31.967 18:39.622
13 13 佐野 勝人 BS Bridgestone TEAM VITAL SPIRIT YZF-R6 ヤマハ 12 1:31.919 18:39.669
14 10 横山 尚太 BS Bridgestone GarageL8 Racing Team.YAMAHA YZF-R6 ヤマハ 12 1:31.954 18:39.927
15 16 芳賀 涼大 BS Bridgestone NITRORACING41yamaha YZF-R6 ヤマハ 12 1:32.086 18:41.645
16 38 西村 硝 BS Bridgestone TN45withMotoUPRacing CBR600RR ホンダ 12 1:32.528 18:44.215
17 20 千田 俊輝 BS Bridgestone SDG Motor Sports RT HARC-PRO. CBR600RR ホンダ 12 1:32.476 18:44.531
18 28 山口 辰也 BS Bridgestone Team T2y CBR600RR ホンダ 12 1:32.391 18:44.851
19 35 長尾 健史 BS Bridgestone TBB TEAMKENKEN YTch L8 YZF-R6 ヤマハ 12 1:32.559 18:47.657
20 29 山田 尚輝 BS Bridgestone team elf CBR600RR ホンダ 12 1:33.093 18:52.858
[ST600]

予選

  • 開催日:2022/06/04
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:37
  • (3.621km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 3 荒川 晃大 BS Bridgestone MOTOBUM HONDA CBR600RR ホンダ 4 1:30.687
2 2 小山 知良 BS Bridgestone JAPAN POST Honda Dream TP CBR600RR ホンダ 2 1:31.040
3 37 羽田 太河 BS Bridgestone TN45withMotoUPRacing CBR600RR ホンダ 4 1:31.054
4 7 伊達 悠太 BS Bridgestone AKENO SPEED YAMAHA YZF-R6 ヤマハ 18 1:31.123
5 10 横山 尚太 BS Bridgestone GarageL8 Racing Team.YAMAHA YZF-R6 ヤマハ 2 1:31.178
6 4 長尾 健吾 BS Bridgestone TBB TEAMKENKEN YTch L8 YZF-R6 ヤマハ 7 1:31.242
7 15 伊藤 元治 BS Bridgestone MOTOBUM HONDA CBR600RR ホンダ 5 1:31.479
8 5 阿部 恵斗 BS Bridgestone Team 51 GARAGE YAMAHA YZF-R6 ヤマハ 5 1:31.670
9 9 菅原 陸 BS Bridgestone HokenSyokunin GBSRacing YAMAHA YZF-R6 ヤマハ 9 1:31.702
10 19 中山 耀介 BS Bridgestone ITO RACING SHOTA BORG YAMAHA YZF-R6 ヤマハ 5 1:31.708