H.コバライネン/平手晃平(DENSO KOBELCO SARD RC F/BS)がポールtoウィンで有終の美を飾りチャンピオンに輝く

  • 開催場所: ツインリンクもてぎ
  • 開催日:2016年11月13日(日) 〜 2016年11月13日(日)
669601.jpg

2016オートバックス SUPER GT第8戦(最終戦)がツインリンクもてぎで開催され、決勝日に36,000人の観衆を集めた。土曜日の第3戦代替え戦の後に好天に恵まれた日曜日に行われた予選、決勝においてランキングトップのH.コバライネン/平手晃平(DENSO KOBELCO SARD RC F/BS)が第3戦に続きポールポジションを獲得、スタートからトップを快走して優勝。2016年ブリヂストン装着チームがチャンピオンに輝き、チャンピオンタイヤのポジションを奪還した。

669603.jpg

<予選>
晩秋の好天に恵まれた最終戦午前中予選は、第3戦と同じ15分間で1人のドライバーのアタック。また、第3戦でアタックしたドライバーはドライブすることは出来ないルールだった。最終戦は、ウエイトハンディ無し。マシンとタイヤ本来のパフォーマンスによる予選タイムアタックとなった。前日のハーフウエットコンディションとは異なるドライコンディションとなった状況でもコバライネン/平手組がポールポジションを獲得。両日共にブリヂストン装着車がポールポジションを獲得した。予選のトップ3は、レクサスRC Fとブリヂストンタイヤの組み合わせによって占められた。

<決勝>
RC F+ブリヂストンの車両が上位グループを形成してレースは始まった。ポールスタートのコバライネン/平手組は、安定したペースで首位を堅持して快走した。ハイペースでラップを重ねるブリヂストンユーザー達は、タイヤ無交換作戦に出たライバル達に対しても序盤に築いた大量リードによってピットイン後もポジションをキープしてレースの終盤へ突入。予選3番手ポジションから2番手に上がって来た大嶋和也/A.カルダレッリ(WAKO'S 4CR RC F/BS)がトップへ迫ったがコバライネン/平手組が逃げ切り優勝、同時にチャンピオンを獲得した。

<GT500クラス 優勝ドライバーのコメント>
H.コバライネン選手
「われわれにとって素晴らしい週末だった。トヨタ、TRD、チームがこの勝利に向けて全力を注入してくれてサポートしてくれた。そしてブリヂストンがドライブをサポートしてくれた。感謝したい。晃平(平手)のファーストスティントの走りも最高だった。レース終盤、あと10周くらいの時点でタイヤのグリップがやや低下してきたので、ペースを若干落として再び残り5周くらいでスパートをした。スーパーGT参戦2年目でチャンピオンとなれて最高だ」

平手晃平選手
「第3戦と路面コンディションが異なる中でも予選でポールを獲得出来たのはチームのマシンセッティングが最高だったこととブリヂストンタイヤのアドバンテージだと思います。ヘイキ(コバライネン)との2年目シーズンで最高の成績を残すことが出来ました。ここまでサポートしていただいた皆さんのおかげでチャンピオンを獲得することが出来ました。有り難うございます」

<ブリヂストン タイヤエンジニア:松本真幸のコメント>
「ブリヂストン装着チームのチャンピオン奪還は最終目標でした。シーズン中では苦しいレースもありましたが、最終戦では完全に優位性を示すことが出来ました。レクサスRC Fのみならず日産さんのGT-R、ホンダさんのNSXコンセプトのブリヂストン装着車もパフォーマンスを発揮することが出来たと思います。既に来シーズンに向けたテストも始まり、これから本格化して参ります。来シーズンもチャンピオンを目指し、オフシーズンの開発を頑張ります」

レース結果

コース:ツインリンクもてぎ

[GT500]

決勝

  • 開催日:2016/11/13
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 路面温度:27℃ ~22℃
  • 決勝出走:15
  • 完走:15
  • (4.801km x 53laps = 254.453km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 39 H.コバライネン /平手 晃平 BS Bridgestone LEXUS RC F 53 1:31:57.828
2 6 大嶋 和也/A.カルダレッリ BS Bridgestone LEXUS RC F 53 +0.472
3 19 関口 雄飛/国本 雄資 YH LEXUS RC F 53 +7.471
4 36 伊藤 大輔/N.キャシディ BS Bridgestone LEXUS RC F 53 +14.666
5 37 J.ロシター/平川 亮 BS Bridgestone LEXUS RC F 53 +16.160
6 46 本山 哲/千代 勝正 MI ニッサン GT-R ニスモ GT500 53 +19.132
7 1 松田 次生/R.クインタレッリ MI ニッサン GT-R ニスモ GT500 53 +20.461
8 12 安田 裕信/J.P.デ・オリベイラ BS Bridgestone ニッサン GT-R ニスモ GT500 53 +25.829
9 38 立川 祐路/石浦 宏明 BS Bridgestone LEXUS RC F 53 +29.152
10 24 佐々木 大樹/柳田 真孝 YH ニッサン GT-R ニスモ GT500 53 +36.738
11 17 塚越 広大/小暮 卓史 BS Bridgestone Honda NSX CONCEPT-GT 53 +42.167
12 100 山本 尚貴/伊沢 拓也 BS Bridgestone Honda NSX CONCEPT-GT 53 +54.279
13 8 松浦 孝亮/野尻 智紀 BS Bridgestone Honda NSX CONCEPT-GT 53 +1:20.430
14 64 中嶋 大祐/B.バゲット DL Honda NSX CONCEPT-GT 52
15 15 武藤 英紀/牧野 任祐 BS Bridgestone Honda NSX CONCEPT-GT 45
[GT500]

予選

  • 開催日:2016/11/13
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 路面温度: 14℃ ~ 19℃
  • 決勝出走:15
  • (4.801km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 39 H.コバライネン /平手 晃平 BS Bridgestone LEXUS RC F 1:36.491
2 37 J.ロシター/平川 亮 BS Bridgestone LEXUS RC F 1:36.774
3 6 大嶋 和也/A.カルダレッリ BS Bridgestone LEXUS RC F 1:36.776
4 19 関口 雄飛/国本 雄資 YH LEXUS RC F 1:37.141
5 12 安田 裕信/J.P.デ・オリベイラ BS Bridgestone ニッサン GT-R ニスモ GT500 1:37.144
6 36 伊藤 大輔/N.キャシディ BS Bridgestone LEXUS RC F 1:37.226
7 38 立川 祐路/石浦 宏明 BS Bridgestone LEXUS RC F 1:37.270
8 46 本山 哲/千代 勝正 MI ニッサン GT-R ニスモ GT500 1:37.483
9 1 松田 次生/R.クインタレッリ MI ニッサン GT-R ニスモ GT500 1:37.635
10 17 塚越 広大/小暮 卓史 BS Bridgestone Honda NSX CONCEPT-GT 1:37.741
11 8 松浦 孝亮/野尻 智紀 BS Bridgestone Honda NSX CONCEPT-GT 1:37.786
12 24 佐々木 大樹/柳田 真孝 YH ニッサン GT-R ニスモ GT500 1:37.812
13 15 武藤 英紀/牧野 任祐 BS Bridgestone Honda NSX CONCEPT-GT 1:37.977
14 100 山本 尚貴/伊沢 拓也 BS Bridgestone Honda NSX CONCEPT-GT 1:38.114
15 64 中嶋 大祐/B.バゲット DL Honda NSX CONCEPT-GT 1:39.424