新田守男/阪口晴南(K-tunes RC F GT3/BS)が波乱のレースを制する

  • 開催場所:岡山国際サーキット
  • 開催日:2019年04月13日(土) 〜 2019年04月14日(日)
okayama_300_1.jpg

予選から決勝までブリヂストンタイヤ装着車が上位を席巻。
断続的に振り続けた雨の悪コンディションの中で素晴らしいトップ争いを演じた新田守男/阪口晴南(K-tunes RC F GT3/BS)が12周目にトップに立つと、その後の波乱の展開の中でも首位を堅持して優勝。表彰台をブリヂストン装着車が独占した。

<予選>
今シーズンからブリヂストン装着車が1台増えて5台となった。トラブルに見舞われてしまった1台を除いて、4台が予選で1-4位を独占した。
出場台数が29台と多いGT300クラスは2グループによってQ1予選が行われ、両グループでブリヂストンタイヤ装着車がトップタイムをマーク。4台がQ2に進出を果たした。そして、Q2では新田守男/阪口晴南(K-tunes RC F GT3/BS)と高木真一/福住仁嶺(ARTA NSX GT3/BS)が緊迫のポールポジション争いを演じて、0.016秒差で高木/福住組がポールポジションを獲得した。

okayama_300_2.jpg

<決勝>
ウェットコンディションの決勝では、GT500クラスの巻き上げる水煙で視界が悪く厳しい状況の中でレースが展開された。セーフティカースタートの後に1コーナーで起きたスピン&クラッシュによって再びセーフティカーがコースイン、10周目にレースが再開された。新田/阪口組が12周目の1コーナーでトップを奪うと、度重なるアクシデントによる複数回のセーフティカーランとレース中断の中でも終始トップを守り、高木/福住組、脇阪薫一/吉田広樹(埼玉トヨペットGB マークX MC/BS)を従えてゴール、優勝した。

okayama_300_3.jpg

<優勝ドライバーのコメント>
新田守男選手のコメント「優勝できて良かったです。今日は本当に厳しいレースでした。2番手スタートだったので、前からの水煙で路面のコンディションが良く分からなかったほどです。高木選手が少しミスした時に思い切って抜くことができて、トップに立ってからははっきりとコースのコンディションが確認でき、ブリヂストンタイヤが頑張ってくれて勝つことができました。走行中にアクシデントに遭った車両を見て、その度に『大変だったんだろうなぁ』と感じていました。僕の周りはあまり激しいバトルがなかったけれど、何度もセーフティカーが出て2度も赤旗でレースが中断されたので、その度に『集中力を切らさないように!』と自分自身に言い聞かせていました。」


阪口晴南選手のコメント「結局レースではドライブしなかったですが、予選でフロントローを確保できていたことでチームの優勝に貢献できたんだと思いとても嬉しいです。僕がデビューレースで勝てたことより、多くのファンの方が応援に来てくれたチームのホームコースで勝つことができたのが本当に嬉しいです。新田さんがスタートしてからはずっと、ピットでモニターとにらめっこしていました。時間の流れるのがこんなに遅いと感じたのは初めてですね。新田さんが高木選手を抜いた瞬間は、もうシンプルに『本当に凄いな!』と思いました。」

<ブリヂストンMSタイヤ開発部マネージャー:松本真幸のコメント>
「予選のドライ、決勝のウェット、両コンディションで優位性を示すことができました。最高の開幕戦、シーズンのスタートを切ることができました。ベテラン二人のトップ争いも素晴らしかったですが、今シーズンからブリヂストンタイヤを装着する埼玉トヨペットさんは、テストの段階ではまだマッチングが良くなかったのですが、開幕戦までに一気にパフォーマンスをアップして初の表彰台を得ました。まだ第一戦が終わったばかりですが、チャンピオン連覇に向けて良いスタートが切られたと思います。」

レース結果

コース:岡山国際サーキット

[GT300]

決勝

  • 開催日:2019/04/14
  • 天候:Rain
  • 路面:Wet
  • 路面温度:14℃~13℃
  • 決勝出走:29
  • 完走:22
  • (3.703km x 30laps = 111.09km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 96 新田 守男/阪口 晴南 BS Bridgestone K-tunes RC F GT3 30 1:54:00.337
2 55 高木 真一/福住 仁嶺 BS Bridgestone ARTA NSX GT3 30 +2.092
3 52 脇阪 薫一/吉田 広樹 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB マークX MC 30 +3.885
4 61 井口 卓人/山内 英輝 DL SUBARU BRZ R&D SPORT 30 +6.686
5 56 平峰 一貴/S.フェネストラズ YH リアライズ日産自動車大学校 GT-R 30 +10.095
6 65 黒澤 治樹/蒲生 尚弥 BS Bridgestone LEON PYRAMID AMG 30 +12.800
7 60 吉本 大樹/宮田 莉朋 DL SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 30 +14.432
8 4 谷口 信輝/片岡 龍也 YH グッドスマイル 初音ミク AMG 30 +16.497
9 34 道上 龍/大津 弘樹 YH Modulo KENWOOD NSX GT3 30 +18.706
10 88 小暮 卓史/元嶋 佑弥 YH マネバ ランボルギーニGT3 30 +20.171
11 18 小林 崇志/松浦 孝亮 YH UPGARAGE NSX-GT3 30 +21.413
12 31 嵯峨 宏紀/中山 友貴 BS Bridgestone TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 30 +24.473
13 21 R.ライアン/富田 竜一郎 YH Hitotsuyama Audi R8 LMS 30 +24.927
14 2 高橋 一穂/加藤 寛規 YH シンティアム・アップル・ロータス 30 +28.726
15 9 横溝 直輝/峰尾 恭輔 YH PACIFIC MIRAI AKARI NAC PORSCHE 30 +30.386
16 87 高橋 翼/A.クート YH T-DASH ランボルギーニGT3 30 +31.665
17 22 和田 久/城内 政樹 YH アールキューズ AMG GT3 30 +33.125
18 35 N.ホートンカム/S.ウォーキンショー YH arto RC F GT3 30 +34.740
19 720 荒 聖治/A.パロウ YH Mclaren 720S 30 +37.318
20 48 田中 勝輝/飯田 太陽 YH 植毛GO&FUN GT-R 30 +39.530
21 11 平中 克幸/安田 裕信 DL GAINER TANAX GT-R 30 +42.293
22 50 加納 政樹/山下 亮生 YH ARNAGE AMG GT3 23
- 360 青木 孝行/田中 篤 YH RUNUP RIVAUX GT-R 13 DNF
- 10 星野 一樹/石川 京侍 YH GAINER TANAX triple a GT-R 12 DNF
- 7 藤井 誠暢/J.P.デ・オリベイラ YH D'station Vantage GT3 12 DNF
[GT300]

予選

  • 開催日:2019/04/13
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Dry
  • 路面温度:25℃~23℃
  • 決勝出走:29
  • (3.703km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 55 高木 真一/福住 仁嶺 BS Bridgestone ARTA NSX GT3 1:24.889
2 96 新田 守男/阪口 晴南 BS Bridgestone K-tunes RC F GT3 1:24.905
3 52 脇阪 薫一/吉田 広樹 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB マークX MC 1:25.091
4 65 黒澤 治樹/蒲生 尚弥 BS Bridgestone LEON PYRAMID AMG 1:25.186
5 25 松井 孝允/佐藤 公哉 YH HOPPY 86 MC 1:25.195
6 5 坂口 夏月/平木 湧也 YH ADVICS マッハ車検 MC86 1:25.241
7 4 谷口 信輝/片岡 龍也 YH グッドスマイル 初音ミク AMG 1:25.488
8 56 平峰 一貴/S.フェネストラズ YH リアライズ日産自動車大学校 GT-R 1:25.566
9 61 井口 卓人/山内 英輝 DL SUBARU BRZ R&D SPORT 1:25.575
10 11 平中 克幸/安田 裕信 DL GAINER TANAX GT-R 1:25.718
11 10 星野 一樹/石川 京侍 YH GAINER TANAX triple a GT-R 1:25.736
12 60 吉本 大樹/宮田 莉朋 DL SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 1:25.974
13 34 道上 龍/大津 弘樹 YH Modulo KENWOOD NSX GT3 1:26.103
14 88 小暮 卓史/元嶋 佑弥 YH マネバ ランボルギーニGT3 1:26.156
15 33 S.トン/M.リー YH エヴァRT初号機 X Works GT-R 1:26.933
16 2 高橋 一穂/加藤 寛規 YH シンティアム・アップル・ロータス 1:29.106
17 360 青木 孝行/田中 篤 YH RUNUP RIVAUX GT-R 1:26.309
18 18 小林 崇志/松浦 孝亮 YH UPGARAGE NSX-GT3 1:26.061
19 7 藤井 誠暢/J.P.デ・オリベイラ YH D'station Vantage GT3 1:26.367
20 87 高橋 翼/A.クート YH T-DASH ランボルギーニGT3 1:26.093
21 35 N.ホートンカム/S.ウォーキンショー YH arto RC F GT3 1:26.464
22 9 横溝 直輝/峰尾 恭輔 YH PACIFIC MIRAI AKARI NAC PORSCHE 1:27.050
23 21 R.ライアン/富田 竜一郎 YH Hitotsuyama Audi R8 LMS 1:26.571
24 50 加納 政樹/山下 亮生 YH ARNAGE AMG GT3 1:27.159
25 30 永井 宏明/織戸 学 YH TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 1:26.576