ポールからスタートした蒲生尚弥/菅波冬悟(LEON PYRAMID AMG/BS)がピットストップで痛恨のタイムロス。序盤に2位へ順位アップしていた吉田広樹/川合孝汰(埼玉トヨペットGB GR Supra GT/BS)がチーム初優勝を飾る。

  • 開催場所:富士スピードウェイ
  • 開催日:2020年07月19日(日) 〜 2020年07月19日(日)
52_1.jpg

3ヶ月遅れで開幕した2020年オートバックスSUPER GTシリーズの第1戦は富士スピードウェイで開催され、ワンデーレース、予選と決勝を同日におこなった。ポールポジションからスタートした蒲生尚弥/菅波冬悟(LEON PYRAMID AMG/BS)は、序盤でトップポジションを奪われたが17周目にトップのポジションを奪い返した。しかし、ピットインした際のタイヤ交換作業に手間取ってタイムロス、順位を下げてしまった。4番手スタートから序盤で2位へ上がっていた吉田広樹/川合孝汰(埼玉トヨペットGB GR Supra GT/BS)がトップに立つとそのまま首位を守ってゴール、GT300クラスのGRスープラのデビューウィン。そしてチームにとって初優勝を飾った。

<予選>
29台がエントリーしたGT300クラスは、昨年のランキング順にABクラスに別れて予選を行なった。天気予報に反して天候が良くなって、予選開始時点では曇り、コースはハーフウェットから一気にドライへ変化して行った。Q1の両グループトップ8台がQ2に進出。Q216台で行なわれたタイムアタックでトップに立ったのは蒲生/菅波組。これに、平中克幸/安田裕信GAINER TANAX GT-R/DL)が0.31秒差で2番手。そして、3番手には加藤寛規/柳田真孝(シンティアム・アップル・ロータス/YH)がつけた。僅差のクラス上位陣の中で吉田/川合組は4番手から決勝をスタートすることとなった。

65_1.jpg

<決勝>
スタート直後に起きたGT500クラス車両のアクシデントで1周目からセーフティカーがコースイン。6周目からレース再開。リスタートで平中/安田組がトップに立った。蒲生/菅波組2位につけ、その背後に4番手スタートの吉田/川合組が積極的に序盤から順位アップして来ていた。17周目に蒲生/菅波組と吉田/川合組が同時に順位アップ。ブリヂストン装着車がGT300クラスの1-2体制となった。24周してトップの蒲生/菅波組がピットイン。左側前後のタイヤ2本を交換。その際にリヤタイヤの交換作業に手間取って大きくタイムロス、順位を下げてしまった。これでトップに立った吉田/川合組は30周してピットイン。タイヤ無交換作戦を挙行、トップポジションを守ってレースに復帰。終盤ではタイヤマネージメントを行いながらの走行となり、後続のマシン達が必死に追い上げリードの幅が狭まる展開となったが、これを振り切ってチームにとっての初優勝を飾った。

52_3.jpg

<優勝ドライバーのコメント>
吉田広樹選手
「これまで、富士では勝てそうで勝てないレースがありました。開幕戦を迎えて正直、勝てるとは思っていませんでした。(川合)孝汰がGTデビューレースで頑張ってくれましたし、普段はディーラーで整備をしているメカニックさん達も素晴らしい仕事をしてくれました。タイヤ交換の作業ミスのリスクを排除してタイヤ無交換の作戦をとりました。ブリヂストンさんのタイヤが最後まで素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれたお陰で優勝できました。感謝しています」


川合孝汰選手
「昨年までFIA F4に参戦して、今年GT300クラスにステップアップして、いきなり勝てて本当に嬉しいです。吉田さんに<あまり頑張り過ぎるなよ>と声をかけていただいてリラックスしてレースに臨めました。埼玉トヨペットの平沼社長をはじめ、メカニックさん達に支えられて勝つことができました。そして、無交換作戦を成功させてくれたブリヂストンさんのパフォーマンスによって勝つことができました。ありがとうございます」


<ブリヂストン MSタイヤ開発部マネージャー:山本貴彦のコメント>
「このところGT300クラスでは、タイヤ無交換作戦ができるかどうかは勝敗に大きく影響します。状況変化の中で各チームさんと話し合って作戦を支えています。LEONさんはパフォーマンスの低下を考慮して左側2本の交換をアドバイスさせていただきました。そして埼玉トヨペットさんは無交換作戦。GT300クラスデビューしたGRスープラは、タイヤとのマッチングも良く、最後まで安定したパフォーマンスを発揮することができました。チームにとっての初優勝おめでとうございます」

レース結果

コース:富士スピードウェイ

[GT300]

決勝

  • 開催日:2020/07/19
  • 天候:Cloudy-Fine
  • 路面:Dry
  • 路面温度:39°C〜34°C
  • 決勝出走:29
  • 完走:27
  • (4.563km x 62laps = 282.906km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 52 吉田 広樹/川合 孝汰 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB GR Supra GT 62 1:53:57.330
2 11 平中 克幸/安田 裕信 DL GAINER TANAX GT-R 62 +3.268
3 5 坂口 夏月/平木 湧也 YH マッハ車検 GTNET MC86 マッハ号 62 +4.596
4 56 藤波 清斗/J.P.デ・オリベイラ YH リアライズ日産自動車大学校 GT-R 62 +5.097
5 10 星野 一樹/石川 京侍 YH TANAX ITOCHU ENEX with IMPUL GT-R 62 +5.370
6 65 蒲生 尚弥/菅波 冬悟 BS Bridgestone LEON PYRAMID AMG 62 +6.152
7 55 高木 真一/大湯 都史樹 BS Bridgestone ARTA NSX GT3 62 +6.489
8 34 道上 龍/J.パーソンズ YH Modulo KENWOOD NSX GT3 62 +12.800
9 4 谷口 信輝/片岡 龍也 YH グッドスマイル 初音ミク AMG 62 +18.354
10 9 藤井 誠暢/K.コッツォリーノ MI PACIFIC NAC D'station Vantage GT3 62 +23.51
11 96 新田 守男/阪口 晴南 DL K-tunes RC F GT3 62 +25.63
12 2 加藤 寛規/柳田 真孝 YH シンティアム・アップル・ロータス 61
13 60 吉本 大樹/河野 駿佑 MI SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 61
14 6 阪口 良平/小高 一斗 BS Bridgestone ADVICS muta MC86 61
15 7 荒 聖治/山口 智英 YH Studie BMW M6 61
16 244 久保 凜太郎/三宅 淳詞 YH たかのこの湯 RC F GT3 61
17 21 川端 伸太朗/近藤 翼 YH Hitotsuyama Audi R8 LMS 61
18 33 S.トン/篠原 拓朗 YH エヴァRT初号機 X Works R8 61
19 25 松井 孝允/佐藤 公哉 YH HOPPY Porsche 61
20 50 加納 政樹/山下 亮生 YH ARNAGE AMG GT3 61
21 30 永井 宏明/織戸 学 YH TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 60
22 18 小林 崇志/松浦 孝亮 YH UPGARAGE NSX-GT3 60
23 48 田中 優暉/飯田 太陽 YH 植毛ケーズフロンティア GT-R 60
24 22 和田 久/城内 政樹 YH アールキューズ AMG GT3 59
25 88 小暮 卓史/元嶋 佑弥 YH JLOC ランボルギーニ GT3 59
[GT300]

予選

  • 開催日:2020/07/19
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Dry
  • 路面温度:29°C〜35°C
  • 決勝出走:29
  • (4.563km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 65 蒲生 尚弥/菅波 冬悟 BS Bridgestone LEON PYRAMID AMG 1:36.236
2 11 平中 克幸/安田 裕信 DL GAINER TANAX GT-R 1:36.297
3 2 加藤 寛規/柳田 真孝 YH シンティアム・アップル・ロータス 1:36.399
4 52 吉田 広樹/川合 孝汰 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB GR Supra GT 1:36.594
5 31 嵯峨 宏紀/中山 友貴 BS Bridgestone TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 1:36.921
6 5 坂口 夏月/平木 湧也 YH マッハ車検 GTNET MC86 マッハ号 1:36.945
7 61 井口 卓人/山内 英輝 DL SUBARU BRZ R&D SPORT 1:37.005
8 96 新田 守男/阪口 晴南 DL K-tunes RC F GT3 1:37.181
9 56 藤波 清斗/J.P.デ・オリベイラ YH リアライズ日産自動車大学校 GT-R 1:37.201
10 88 小暮 卓史/元嶋 佑弥 YH JLOC ランボルギーニ GT3 1:37.266
11 10 星野 一樹/石川 京侍 YH TANAX ITOCHU ENEX with IMPUL GT-R 1:37.536
12 18 小林 崇志/松浦 孝亮 YH UPGARAGE NSX-GT3 1:37.619
13 9 藤井 誠暢/K.コッツォリーノ MI PACIFIC NAC D'station Vantage GT3 1:37.883
14 60 吉本 大樹/河野 駿佑 MI SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 1:37.992
15 7 荒 聖治/山口 智英 YH Studie BMW M6 1:38.019
16 25 松井 孝允/佐藤 公哉 YH HOPPY Porsche 1:38.388
17 34 道上 龍/J.パーソンズ YH Modulo KENWOOD NSX GT3 1:37.448
18 4 谷口 信輝/片岡 龍也 YH グッドスマイル 初音ミク AMG 1:38.648
19 21 川端 伸太朗/近藤 翼 YH Hitotsuyama Audi R8 LMS 1:37.896
20 33 S.トン/篠原 拓朗 YH エヴァRT初号機 X Works R8 1:40.455
21 87 高橋 翼/山田 真之亮 YH T-DASH ランボルギーニGT3 1:38.156
22 55 高木 真一/大湯 都史樹 BS Bridgestone ARTA NSX GT3 1:42.292
23 244 久保 凜太郎/三宅 淳詞 YH たかのこの湯 RC F GT3 1:38.284
24 6 阪口 良平/小高 一斗 BS Bridgestone ADVICS muta MC86 1:42.726
25 48 田中 優暉/飯田 太陽 YH 植毛ケーズフロンティア GT-R 1:38.638