• 開催場所:ツインリンクもてぎ
  • 開催日:2019年04月06日(土) 〜 2019年04月07日(日)
JGP3_HASEGAWA_run1.JPG

全日本最軽量クラスであるJ-GP3は、近年特に若手中心のクラスになった。ブリヂストンタイヤを装着するJ-GP3ライダーも全日本経験の浅い、未来ある若手がそろう。
 ブリヂストンサポートライダーの長谷川聖(ブリヂストン)は、フル参戦2年目の昨年はランキング4位と大躍進。トップライダーに成長した。また福嶋佑斗(ブリヂストン)は昨年、世界グランプリも経験。着実にレベルアップを果たしている。
 また、このクラスの近年のもう一つの特徴となったのが女性ライダーの活躍。今回5人の女性ライダーが参戦しているが、特に中山愛理(ブリヂストン)は昨年の全日本岡山ラウンドでポールポジションを獲得するなど、注目を集めている。
 そして始まった2019シーズンの開幕戦。木曜日の特別スポーツ走行は福嶋がトップタイム。
金曜日の合同走行は中山がトップタイムとブリヂストンサポートライダーの活躍で始まる。
 土曜日の予選では、セッション残り3分で福嶋が2分1秒892と真っ先に2分1秒台にタイムを入れる。
残り1分で中山が2分1秒995をマーク。さらにアタックを続けた中山は2分1秒871と福嶋を上回る。
ブリヂストンユーザーの予選ワンツーかと思われたが、最後の最後に安村武志(DL)が2分1秒788をたたき出し、ポールポジションをさらっていった。
また、期待された長谷川はマシントラブルでアタックできずじまい。それでも最後1周で5番手グリッドを獲得し、決勝に期待をつないだ。

JGP3_NAKAYAMA_race.JPG

好天に恵まれた決勝日。長谷川が好スタートを決めて3番手で1コーナーに飛び込んでいく。
長谷川はオープニングラップから積極的に攻めてトップでホームストレートに戻ってきた。
レース序盤こそ6台のトップ集団ができたものの、4周目が終了するころにはトップ独走態勢に移行した長谷川。
一人だけ2分2秒台で周回を重ね、あっという間に完全な独走態勢を築く。
長谷川は周回ごとにアドバンテージを広げ、最後は11秒半もの大差を築いて全日本初優勝を飾った。
 一方、長谷川が抜け出したあとは5周目に1台が転倒で姿を消して4台になった2位争い。
この中で中山が大健闘。ラスト2周で集団2番手に上がり、ラストラップで集団トップに浮上。
2位で全日本初表彰台に立った。同時にブリヂストンにとっては、このクラス2016年以来のワンツーフィニッシュとなった。

19JRR01_JGP3_podium.JPG

●長谷川聖(予選5位/決勝1位)
「気温が高くなり、20周というかなり長いレースでした。加えて単独走行になったために他車のスリップストリームも使えず、コーナーごとに攻めていたのに、それでも最後までグリップが下がることなくタイムもキープできました。こんなレースができたのも、ブリヂストンタイヤのおかげです」


●山田宏(株式会社ブリヂストン モーターサイクルレーシングマネージャー)
「初日から決勝までブリヂストンユーザーが好調で、大きな期待が持てました。レースでは18歳の若い長谷川選手が全日本初優勝を飾ってくれました。2位にはやはり全日本初表彰台の女性ライダー中山選手が入り、3年ぶりにブリヂストンワンツーを飾ってくれ、非常にうれしく思います。中山選手は女性ライダーとして四半世紀ぶりの表彰台というすばらしい結果となりました。両ライダーとチームの皆様にお祝いを申し上げます。今回もブリヂストンユーザー全員がV02のミディアムコンパウンドを使用しました。次戦以降も非常に楽しみなクラスになりました」

レース結果

コース:ツインリンクもてぎ

[J-GP3]

決勝

  • 開催日:2019/04/07
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:26
  • 完走:22
  • (4.801km x 20laps = 96.02km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 36 長谷川 聖 BS Bridgestone CLUB Y'S NSF250R ホンダ 20 4 2:01.913 41:00.257
2 14 中山 愛理 BS Bridgestone TEAM SHOTA NSF250R ホンダ 20 4 2:02.621 41:11.792
3 11 鈴木 大空翔 DL BATTLE FACTORY NSF250R ホンダ 20 3 2:02.165 41:11.836
4 13 岡崎 静夏 DL Kohara Racing Team NSF250R ホンダ 20 3 2:02.431 41:12.102
5 18 安村 武志 DL 犬の乳酸菌.jp/プリミティブR.T PRCS3d PRCS 20 3 2:02.189 41:13.757
6 29 S.アジウス DL MIE Racing NSF250R ホンダ 20 7 2:03.274 41:30.563
7 34 細谷 翼 DL TEAM SRS-Moto NSF250R ホンダ 20 4 2:03.421 41:30.633
8 5 藤井 謙汰 DL Kohara Racing Team RC250R KTM 20 3 2:03.120 41:30.750
9 392 村瀬 健琉 DL ミクニ テリー&カリー NSF250R ホンダ 20 4 2:03.064 41:31.258
10 46 岡田 義治 BS Bridgestone TEAM PLUSONE ヨシハルジャパン NSF250R ホンダ 20 2 2:03.001 41:31.493
11 9 山本 恭裕 DL チームライフ・ドリーム北九州 NSF250R ホンダ 20 15 2:04.023 41:41.804
12 81 H. ボイット DL K1 Racing&T.ヨシハル NSF250R ホンダ 20 2 2:04.077 41:43.851
13 47 川瀬 啓一郎 DL Club NEXT & KOHSAKA TSR3 ホンダ 20 9 2:04.138 41:57.922
14 32 三好 菜摘 BS Bridgestone RG NIWA with オーテック・スズカ NSF250R ホンダ 20 6 2:04.723 41:58.099
15 17 太田 虎之進 BS Bridgestone WJ-FACTORY NSF250R ホンダ 20 9 2:04.404 41:59.508
16 44 小沢 良美 DL Obrigada!RTwithコーダ!! NSF250R ホンダ 20 12 2:04.892 42:02.625
17 16 白石 玲菜 BS Bridgestone Dreamline Plusone NSF250R ホンダ 20 17 2:05.358 42:07.515
18 72 岩田 吉正 DL BATTLE FACTORY NSF250R ホンダ 20 3 2:06.895 42:45.862
19 15 野澤 秀典 BS Bridgestone ノザワレーシングファミリー NSF250R ホンダ 18 2 2 2:04.556 42:22.096
20 21 村田 憲彦 BS Bridgestone CLUB Y'S NSF250R ホンダ 19 1 19 2:04.413 39:53.635
[J-GP3]

予選

  • 開催日:2019/04/06
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:27
  • (4.801km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 18 安村 武志 DL 犬の乳酸菌.jp/プリミティブR.T PRCS3d PRCS 2:01.788
2 14 中山 愛理 BS Bridgestone TEAM SHOTA NSF250R ホンダ 2:01.871
3 88 福嶋 佑斗 BS Bridgestone Team Plusone +f NSF250R ホンダ 2:01.892
4 13 岡崎 静夏 DL Kohara Racing Team NSF250R ホンダ 2:02.042
5 36 長谷川 聖 BS Bridgestone CLUB Y'S NSF250R ホンダ 2:02.358
6 11 鈴木 大空翔 DL BATTLE FACTORY NSF250R ホンダ 2:02.493
7 37 五十嵐 翔希 DL ライダーズサロン横浜 NSF250R ホンダ 2:02.840
8 71 成田 彬人 DL Team P.MU 7C MIKUNI NSF250R ホンダ 2:02.883
9 5 藤井 謙汰 DL Kohara Racing Team RC250R KTM 2:02.893
10 20 高杉 奈緒子 DL 41Planning RC250R KTM 2:02.938