GT500クラス:平川亮/ニック・キャシディー(KeePer TOM’S LC500/BS)が2位ゴールでチャンピオン獲得。ブリヂストン装着チームがGT500クラスを2年連続制覇。GT300クラス:黒澤治樹/蒲生尚弥(LEON CVSTOS AMG/BS)が終盤にトップを奪取して優勝。

  • 開催場所:ツインリンクもてぎ
  • 開催日:2017年11月11日(土) 〜 2017年11月12日(日)
_I0I6268.JPG

2017オートバックスSUPER GTシリーズ第8戦(最終戦)は、ツインリンクもてぎで開催され、快晴の天候の下、決勝日には36,000人の観客がサーキットに詰めかけた。

GT500クラスのポイントリーダー、平川亮/ニック・キャシディー(KeePer TOM’S LC500/BS)は、3番手グリッドからスタートし、序盤で2番手に順位をアップ、安定したペースでその順位をキープしてゴール。ブリヂストンユーザーが2年連続でGT500クラスチャンピオンを獲得した。
GT300クラスにおいては、3番手グリッドからスタートした黒澤治樹/蒲生尚弥(LEON CVSTOS AMG/BS)が早めのピットイン以後、着実に順位をアップして行き、ゴールまであと2周の時点でトップに立って優勝した。

_R8I6647.JPG

<予選>
心配された天候も午後になって好天。初冬の快晴のコンディションで決勝のグリッドを決するタイムアタックが行われた。6ポイント差でランキング2位の大嶋和也/アンドレア・カルダレッリ(WAKO’S 4CR LC500/BS)が2番手グリッドを獲得。ポイントリーダーの平川/キャシディー組は3番手から決勝をスタートすることとなった。ポールポジションは、松田次生/ロニー・クインタレッリ(MOTUL AUTECH GT-R/MI)

<決勝>
朝から快晴に恵まれた決勝日。周辺の道路が大渋滞するほど多くの観客が早朝から2017年のSUPER GT最終戦に詰めかけた。フォーメーションラップが最終コーナーにさしかかった時にトップの2台、ポールの松田/クインタレッリ組のGT-Rと2番手の大嶋/カルダレッリ組のLC500が接触。互いにボディカウルにダメージを受けてしまう。特にLC500の破損は大きく、その後の展開が苦しくなってしまった。4周目に平川/キャシディーが2番手に順位アップ。トップを追った。序盤の間隔を保ったままラップが重ねられ、終盤差をつめたものの平川/キャシディー組は2位でゴールしてチャンピオンを決定した。


GT300クラスでは高木真一/ショーン・ウォーキンショー(ARTA BMW M6 GT3/BS)と黒澤/蒲生組のトップ争いが展開されて高木/ウォーキンショー組がタイヤ無交換で終盤までトップを走行したもののタイムが落ち込み、黒澤/蒲生組がパスして優勝、高木/ウォーキンショー組は2位でゴールした。
LEON QVSTOS AMG/BSの黒澤/蒲生組はこの優勝で大きくシリーズポイント差を詰めたがわずかに届かずチャンピオン獲得とはならなかった。しかしながらシリーズランキング2位から4位をブリヂストンユーザーが占める結果となった。

_60A0860.JPG

<GT500クラスチャンピオンドライバーのコメント>
平川亮選手「ポイントリーダーとして乗り込んだ最終戦も落ち着いてレースができたと思います。チャンピオンになれたら自分がもっとはしゃぐかなと思っていましたけれど、それよりもほっとしたというのが本音ですね。チームが準備してくれたクルマも最高でしたが、難しいコンディションの中で素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれたブリヂストンに支えてもらって、チャンピオンになれました」

ニック・キャシディー選手「自分がチャンピオンになれたというのが現実なのか信じられない気分です。でも最高です。SUPER GT参戦2年目でチャンピオンになれるなんて本当に最高です。自分を信頼してくれるトヨタ、チーム、そしてブリヂストンに支えられてきました。タフなシーズンではありましたが、亮(平川)と共に頂点に立てました。有り難うございます」

_I0I5734.JPG

<GT300クラス優勝ドライバーのコメント>
黒澤治樹選手「今シーズンはメルセデス・ベンツAMGそしてブリヂストンタイヤさんに助けられた一年でした。特に今シーズンからブリヂストンさんにお世話になることになり、正直いって、当初マッチングがどうか心配でしたが、それは今回の優勝を見ても分かっていただける通り、最高のマッチングでした。今回ブリヂストンさんからのアドバイスで2本タイヤ交換を選択。それによって終盤の逆転ができました。有り難うございます」

蒲生尚弥選手「今回、自分なりに良いレースができたと思っています。バトンを受けて前のクルマを抜いて行き、そして最後に55号車をパスできました。パスする前のコーナーでかなり苦しそうだったので一気に行きました。クルマとタイヤのパッケージが最高だったと思います。有り難うございました」


<ブリヂストン MSタイヤ開発部マネージャー:松本真幸のコメント>
「まず、レクサスさんのチャンピオン連覇、トムスさんのドライバーズ・チームタイトル獲得おめでとうございます。最終戦を勝利で飾れなかったことに悔しさは残りますが、シーズンを通して優位性は発揮できたと思います。そしてGT500クラスでわれわれブリヂストンも連覇することができました。GT300クラスでは幅広い戦略をチームに提供して素晴らしいレースを展開していただきました。われわれは既に来年に向けての開発をスタートさせています。テストも直ぐに行われます。タイヤを供給する全てのメーカーチームが最高の結果を残せるように努力してまいります」

レース結果

コース:ツインリンクもてぎ

[GT500]

決勝

  • 開催日:2017/11/12
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 路面温度:22℃ ~ 18℃
  • 決勝出走:15
  • 完走:15
  • (4.801km x 53laps = 254.453km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 23 松田 次生/R.クインタレッリ MI MOTUL AUTECH GT-R 53 1:31:44.581
2 37 平川 亮/N.キャシディ BS Bridgestone KeePer TOM'S LC500 53 +6.263
3 38 立川 祐路/石浦 宏明 BS Bridgestone ZENT CERUMO LC500 53 +13.353
4 17 塚越 広大/小暮 卓史 BS Bridgestone KEIHIN NSX-GT 53 +19.962
5 100 山本 尚貴/伊沢 拓也 BS Bridgestone RAYBRIG NSX-GT 53 +20.537
6 46 本山 哲/千代 勝正 MI S Road CRAFTSPORTS GT-R 53 +20.857
7 12 安田 裕信/J.マーデンボロー BS Bridgestone カルソニック IMPUL GT-R 53 +38.909
8 1 H.コバライネン /平手 晃平 BS Bridgestone DENSO KOBELCO SARD LC500 53 +46.745
9 8 野尻 智紀/小林 崇志 BS Bridgestone ARTA NSX-GT 53 +1:01.721
10 64 B.バゲット/松浦 孝亮 DL Epson Modulo NSX-GT 53 +1:28.669
11 16 武藤 英紀/中嶋 大祐 YH MOTUL MUGEN NSX-GT 52
12 24 佐々木 大樹/J.P.デ・オリベイラ YH フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R 52
13 6 大嶋 和也/A.カルダレッリ BS Bridgestone WAKO'S 4CR LC500 51
14 36 中嶋 一貴/J.ロシター BS Bridgestone au TOM'S LC500 42
15 19 関口 雄飛/国本 雄資 YH WedsSport ADVAN LC500 38
[GT500]

予選

  • 開催日:2017/11/11
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 路面温度:22℃~23℃
  • 決勝出走:15
  • (4.801km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 23 松田 次生/R.クインタレッリ MI MOTUL AUTECH GT-R 1:36.316
2 6 大嶋 和也/A.カルダレッリ BS Bridgestone WAKO'S 4CR LC500 1:37.207
3 37 平川 亮/N.キャシディ BS Bridgestone KeePer TOM'S LC500 1:37.366
4 46 本山 哲/千代 勝正 MI S Road CRAFTSPORTS GT-R 1:37.530
5 24 佐々木 大樹/J.P.デ・オリベイラ YH フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R 1:37.580
6 100 山本 尚貴/伊沢 拓也 BS Bridgestone RAYBRIG NSX-GT 1:37.713
7 36 中嶋 一貴/J.ロシター BS Bridgestone au TOM'S LC500 1:37.916
8 17 塚越 広大/小暮 卓史 BS Bridgestone KEIHIN NSX-GT 1:37.927
9 38 立川 祐路/石浦 宏明 BS Bridgestone ZENT CERUMO LC500 1:37.858
10 12 安田 裕信/J.マーデンボロー BS Bridgestone カルソニック IMPUL GT-R 1:37.980
11 1 H.コバライネン /平手 晃平 BS Bridgestone DENSO KOBELCO SARD LC500 1:38.062
12 8 野尻 智紀/小林 崇志 BS Bridgestone ARTA NSX-GT 1:38.164
13 16 武藤 英紀/中嶋 大祐 YH MOTUL MUGEN NSX-GT 1:38.706
14 64 B.バゲット/松浦 孝亮 DL Epson Modulo NSX-GT 1:38.735
15 19 関口 雄飛/国本 雄資 YH WedsSport ADVAN LC500 1:39.066