塚越広大/小暮卓史(KEIHIN NSX-GT/BS)が今シーズン開幕戦をポールtoウィン。ブリヂストン装着チームが4位までを独占

  • 開催場所:岡山国際サーキット
  • 開催日:2018年04月07日(土) 〜 2018年04月08日(日)
17and100.jpg

2018年オートバックスSUPER GTシリーズ第1戦は岡山県の岡山国際サーキットで開催され、決勝日に17,700人のモータースポーツファンが詰めかけた。予想外に気温が低く、路面温度が上がらない中で行われた予選でポールポジションを獲得した塚越広大/小暮卓史(KEIHIN NSX-GT/BS)は、決勝で一旦はトップを奪われるもののピットイン後のセカンドスティントで再びトップを奪還して優勝を飾った。


<予選>
春、桜はほぼ散りかけているというのに、曇り空の下、気温が10度に至らず時折雨がぱらつき、あられまで降るという悪条件の中で予選は行われた。予選Q1はドライコンディションで行われたが、Q2はウェットコンディションとなった。Q1で3番手につけた塚越/小暮組はQ2でトップタイムをマークして久々のポールポジションをゲット。これに続いて野尻智紀/伊沢拓也(ARTA NSX-GT/BS)がセカンドポジションに位置。ブリヂストンがフロントロウを占めた。


<決勝>
決勝日は、天候が好転、午前中に通り雨がコースを濡らしたが、午後の決勝を前にしてコースはドライとなった。レース序盤にポジションをキープしてトップを走行した塚越/小暮組は、9番手ポジションから一気に順位を上げてきた昨年のチャンピオンチーム、平川亮/ニック・キャシディ(KeePer TOM’S LC500/BS)に82周レースの中盤でトップを明け渡すが44周目にピットイン、ドライバー交換した後に再びトップを奪還。タイヤ無交換作戦を行った、同じNSXの山本尚貴/ジェンソン・バトン(RAYBRIG NSX-GT/BS)の終盤での追撃をかわしてトップでチェッカードフラグを受けて優勝。3位には平川/キャシディ組がフィニッシュした。表彰台には、全てブリヂストンキャップのドライバーたちが立ち、トップ4までブリヂストン装着チームが独占した。

podium2.jpg

<優勝ドライバーのコメント>
塚越広大選手「これまで頑張っても結果が出せずに苦しんでいたのですが、今回はスタートからゴールまで快調でブリヂストンさんをはじめ、ホンダさんやチームのサポートで優勝することができました。ありがとうございます」


小暮卓史選手「嬉しいです。本当に嬉しいです。久しぶりの優勝です。優勝ってこれほど嬉しいものかと自身で感動しています。スタートからタイヤはパフォーマンスを発揮してくれて、一旦2位になりましたけれど、チームの迅速なピット作業で直ぐにトップを奪い返せたし、最高なレースでした」




<ブリヂストン MSタイヤ開発部マネージャー:松本真幸のコメント>
「まず、予選日の気温の低さにはちょっとビックリしました。しかし、ある程度予測していたので低い路面温度でもパフォーマンスを発揮するタイヤを用意してきたのですが、そのレンジを少し下回るほどの低温でした。その状況下でNSXがフロントロウを獲得してくれました。決勝日には温度も上昇してタイヤの作動域にマッチした状況になり、結果として上位を独占して優位性を充分に発揮できました」

レース結果

コース:岡山国際サーキット

[GT500]

決勝

  • 開催日:2018/04/08
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Dry
  • 路面温度:22℃ - 18℃
  • 決勝出走:15
  • 完走:15
  • (3.703km x 82laps = 303.646km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 17 塚越 広大/小暮 卓史 BS Bridgestone KEIHIN NSX-GT 82 1:19.710 1:55:14.381
2 100 山本 尚貴/J.バトン BS Bridgestone RAYBRIG NSX-GT 82 1:21.071 1:55:15.991
3 1 平川 亮/N.キャシディ BS Bridgestone KeePer TOM'S LC500 82 1:21.071 1:55:19.963
4 6 大嶋 和也/F.ローゼンクヴィスト BS Bridgestone WAKO'S 4CR LC500 82 1:20.684 1:55:20.140
5 23 松田 次生/R.クインタレッリ MI MOTUL AUTECH GT-R 82 1:20.515 1:55:51.371
6 24 J.P.デ・オリベイラ/高星 明誠 YH フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R 82 1:20.652 1:56:02.756
7 3 本山 哲/千代 勝正 MI CRAFTSPORTS MOTUL GT-R 82 1:21.002 1:56:13.743
8 38 立川 祐路/石浦 宏明 BS Bridgestone ZENT CERUMO LC500 82 1:20.930 1:56:14.738
9 19 国本 雄資/山下 健太 YH WedsSport ADVAN LC500 82 1:20.409 1:56:19.913
10 16 武藤 英紀/中嶋 大祐 YH MOTUL MUGEN NSX-GT 82 1:21.714 1:56:20.913
11 8 野尻 智紀/伊沢 拓也 BS Bridgestone ARTA NSX-GT 82 1:20.938 1:56:21.580
12 39 H.コバライネン /小林 可夢偉 BS Bridgestone DENSO KOBELCO SARD LC500 82 1:21.657 1:56:24.491
13 36 中嶋 一貴/関口 雄飛 BS Bridgestone au TOM'S LC500 82 1:21.618 1:56:25.791
14 12 佐々木 大樹/J.マーデンボロー BS Bridgestone カルソニック IMPUL GT-R 82 1:21.435 1:56:26.219
15 64 B.バゲット/松浦 孝亮 DL Epson Modulo NSX-GT 81 1:21.401 1:55:27.255
[GT500]

予選

  • 開催日:2018/04/07
  • 天候:Rain
  • 路面:Wet
  • 決勝出走:15
  • (3.703km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 17 塚越 広大/小暮 卓史 BS Bridgestone KEIHIN NSX-GT 1:26.905
2 8 野尻 智紀/伊沢 拓也 BS Bridgestone ARTA NSX-GT 1:27.058
3 3 本山 哲/千代 勝正 MI CRAFTSPORTS MOTUL GT-R 1:27.486
4 6 大嶋 和也/F.ローゼンクヴィスト BS Bridgestone WAKO'S 4CR LC500 1:27.570
5 100 山本 尚貴/J.バトン BS Bridgestone RAYBRIG NSX-GT 1:27.985
6 24 J.P.デ・オリベイラ/高星 明誠 YH フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R 1:28.659
7 19 国本 雄資/山下 健太 YH WedsSport ADVAN LC500 1:29.793
8 23 松田 次生/R.クインタレッリ MI MOTUL AUTECH GT-R 1:35.248
9 1 平川 亮/N.キャシディ BS Bridgestone KeePer TOM'S LC500 1:18.796
10 38 立川 祐路/石浦 宏明 BS Bridgestone ZENT CERUMO LC500 1:18.877
11 12 佐々木 大樹/J.マーデンボロー BS Bridgestone カルソニック IMPUL GT-R 1:18.944
12 16 武藤 英紀/中嶋 大祐 YH MOTUL MUGEN NSX-GT 1:18.992
13 64 B.バゲット/松浦 孝亮 DL Epson Modulo NSX-GT 1:18.994
14 36 中嶋 一貴/関口 雄飛 BS Bridgestone au TOM'S LC500 1:19.108
15 39 H.コバライネン /小林 可夢偉 BS Bridgestone DENSO KOBELCO SARD LC500 1:19.315