高木真一/福住仁嶺(ARTA NSX GT3/BS)が6位フィニッシュしてポイントランキング首位を守る。吉本大樹/宮田莉朋(SYNTIUM LMcorsa RC F GT3/DL)が初勝利

  • 開催場所:オートポリス
  • 開催日:2019年09月07日(土) 〜 2019年09月08日(日)
GT300_2.jpg

シリーズ終盤戦に突入した第6戦オートポリスは、レース前半のドライコンディショから後半のウェットからハーフウェットに変化するコンディションによって順位が目まぐるしく変化する展開だった。2番手スタートから序盤にトップに立った脇阪薫一/吉田広樹(埼玉トヨペットGB マークX MC/BS)は、早めのピットインを行なったがその後に雨が降り始めて順位を落とした。6番手から追い上げて一時はトップに立った高木真一/福住仁嶺(ARTA NSX GT3/BS)は、ペナルティを受けて6位フィニッシュ。8番手スタートの新田守男/阪口晴南(K-tunes RC F GT3/BS)が手堅い作戦で5位フィニッシュを果たした。

<予選>
毎戦僅差の予選が展開されている。シリーズ最大のウェイトハンディを搭載して行われる第6戦において、ランキング上位にいるブリヂストン装着車は当然重いウェイトハンディを背負ってのタイムアタックを強いられた。GT300クラスのマザーシャシー勢がここオートポリスでは優位な状況を示していた。前戦の富士で2位フィニッシュを果たした脇阪薫一/吉田広樹(埼玉トヨペットGB マークX MC/BS)は引き続き好調を維持して0.097秒差で予選2番手グリッド、フロントローを得て決勝をスタートすることとなった。ランキングトップの高木真一/福住仁嶺(ARTA NSX GT3/BS)は、73Kgの最重ウェイトを搭載しながら7番手、今季2勝を挙げている新田守男/阪口晴南(K-tunes RC F GT3/BS)は、ランキング3位、60Kgを搭載して8番手をゲットした。ポールポジションは、マザーシャシーの松井孝充/佐藤公哉(HOPPY 86 MC/YH)が獲得している。

GT300_1.jpg

<決勝>
スタート時点では、雲間から時折陽が差し込むドライコンディション。しかし、天気予報では、レースの中盤で雨が降り始めるとされていた。ポールポジションスタートの松井/佐藤組に続いて脇阪/吉田が2位につける展開で12周目にトップが入れ替わり、その後も上位の順位が目まぐるしく入れ替わった。20周を過ぎて1コーナーで激しく雨が降り始めた。その時点でコースの他のエリアは、ドライコンディションだったためにピットインのタイミングとその際にウェットか、スリックかどちらのタイヤをチョイスするかの判断が難しかった。コースの前半がハーフウェットになって今回2回目のセーフティカーがコースイン。その後も雨量が増して合計3回セーフティカーがコースインした。2回目のセーフティカーが導入される直前のタイミングでピットインした高木/福住組がピットアウトする際にGT500クラスのマシンとピットロードで接触。これによって、クラスのトップに順位アップしながらドライブスルーペナルティを受けて6番手まで後退してしまい、そのまま6位でフィニッシュした。優勝した吉本/宮田組は、40周目まで引っ張ってピットイン。その時点でコースはハーフウェットながら天候の好転を予測してスリックタイヤを選択してコースへ復帰。その戦略が的中して、レースの終盤にコースが乾き始めてクラス10番手から一気に順位アップ、ゴール2周前にトップに立って優勝。2位以下の上位陣は、ウェットタイヤ装着車が占めた。

<ブリヂストン MSタイヤ開発部マネージャー:山本貴彦のコメント>
「レースの中盤からコンディションがドライからハーフウェット、ウェットに変化して、スリックとウェットタイヤを装着するマシンが混在しながらレースが進みました。タイヤチョイスの判断がとても難しい一戦でしたが、結果としてスリックをチョイスしたチームが優勝を飾っています。ポイントラインキングトップの高木/福住組は、ペナルティを受けて、優勝を逃してしまったのは残念ですが、6位フィニッシュを果たしてランキングトップを守っています。残す2戦も強力にブリヂストンユーザーチームをサポートして行きます」

レース結果

コース:オートポリス

[GT300]

決勝

  • 開催日:2019/09/08
  • 天候:Cloudy-Rain
  • 路面:Dry-Wet
  • 路面温度:38℃〜28℃
  • 決勝出走:29
  • 完走:25
  • (4.674km x 62laps = 289.788km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 60 吉本 大樹/宮田 莉朋 DL SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 62 2:19:33.864
2 720 荒 聖治/A.パロウ YH Mclaren 720S 62 +12.332
3 88 小暮 卓史/元嶋 佑弥 YH マネバ ランボルギーニGT3 62 +19.792
4 4 谷口 信輝/片岡 龍也 YH グッドスマイル 初音ミク AMG 62 +27.054
5 96 新田 守男/阪口 晴南 BS Bridgestone K-tunes RC F GT3 65 +30.349
6 55 高木 真一/福住 仁嶺 BS Bridgestone ARTA NSX GT3 62 +32.743
7 65 蒲生 尚弥/菅波 冬悟 BS Bridgestone LEON PYRAMID AMG 62 +38.235
8 56 平峰 一貴/S.フェネストラズ YH リアライズ日産自動車大学校 GT-R 62 +40.746
9 18 小林 崇志/松浦 孝亮 YH UPGARAGE NSX-GT3 62 +45.965
10 10 星野 一樹/石川 京侍 YH GAINER TANAX triple a GT-R 62 +48.318
11 34 道上 龍/大津 弘樹 YH Modulo KENWOOD NSX GT3 62 +56.071
12 50 加納 政樹/山下 亮生 YH ARNAGE AMG GT3 62 +1:06.866
13 21 R.ライアン/富田 竜一郎 YH Hitotsuyama Audi R8 LMS 62 +1:11.543
14 31 嵯峨 宏紀/中山 友貴 BS Bridgestone TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 62 +1:22.805
15 11 平中 克幸/安田 裕信 DL GAINER TANAX GT-R 61
16 25 松井 孝允/佐藤 公哉 YH HOPPY 86 MC 61
17 5 坂口 夏月/平木 湧也 YH ADVICS マッハ車検 MC86 マッハ号 61
18 7 藤井 誠暢/J.P.デ・オリベイラ YH D'station Vantage GT3 60
19 33 S.トン/道見 真也 YH エヴァRT初号機 X Works GT-R 60
20 35 N.ホートンカム/S.ウォーキンショー YH arto RC F GT3 60
21 48 田中 勝輝/飯田 太陽 YH 植毛GO&FUN GT-R 60
22 9 横溝 直輝/峰尾 恭輔 YH PACIFIC MIRAI AKARI NAC PORSCHE 59
23 2 高橋 一穂/加藤 寛規 YH シンティアム・アップル・ロータス 58
24 52 脇阪 薫一/吉田 広樹 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB マークX MC 58
25 360 青木 孝行/田中 篤 YH RUNUP RIVAUX GT-R 58
[GT300]

予選

  • 開催日:2019/09/07
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Dry
  • 路面温度:32℃〜33℃
  • 決勝出走:29
  • (4.674km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 25 松井 孝允/佐藤 公哉 YH HOPPY 86 MC 1:44.423
2 52 脇阪 薫一/吉田 広樹 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB マークX MC 1:44.520
3 7 藤井 誠暢/J.P.デ・オリベイラ YH D'station Vantage GT3 1:44.653
4 61 井口 卓人/山内 英輝 DL SUBARU BRZ R&D SPORT 1:45.073
5 33 S.トン/道見 真也 YH エヴァRT初号機 X Works GT-R 1:45.353
6 4 谷口 信輝/片岡 龍也 YH グッドスマイル 初音ミク AMG 1:45.378
7 55 高木 真一/福住 仁嶺 BS Bridgestone ARTA NSX GT3 1:45.384
8 96 新田 守男/阪口 晴南 BS Bridgestone K-tunes RC F GT3 1:45.395
9 56 平峰 一貴/S.フェネストラズ YH リアライズ日産自動車大学校 GT-R 1:45.409
10 10 星野 一樹/石川 京侍 YH GAINER TANAX triple a GT-R 1:45.485
11 21 R.ライアン/富田 竜一郎 YH Hitotsuyama Audi R8 LMS 1:45.554
12 60 吉本 大樹/宮田 莉朋 DL SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 1:45.579
13 65 蒲生 尚弥/菅波 冬悟 BS Bridgestone LEON PYRAMID AMG 1:46.056
14 5 坂口 夏月/平木 湧也 YH ADVICS マッハ車検 MC86 マッハ号 1:46.914
15 360 青木 孝行/田中 篤 YH RUNUP RIVAUX GT-R 1:47.679
16 2 高橋 一穂/加藤 寛規 YH シンティアム・アップル・ロータス 1:48.491
17 18 小林 崇志/松浦 孝亮 YH UPGARAGE NSX-GT3 1:46.300
18 34 道上 龍/大津 弘樹 YH Modulo KENWOOD NSX GT3 1:46.343
19 720 荒 聖治/A.パロウ YH Mclaren 720S 1:46.410
20 11 平中 克幸/安田 裕信 DL GAINER TANAX GT-R 1:46.424
21 30 嵯峨 宏紀/中山 友貴 BS Bridgestone TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 1:46.505
22 88 小暮 卓史/元嶋 佑弥 YH マネバ ランボルギーニGT3 1:46.583
23 35 N.ホートンカム/S.ウォーキンショー YH arto RC F GT3 1:46.751
24 50 加納 政樹/山下 亮生 YH ARNAGE AMG GT3 1:46.951
25 87 高橋 翼/A.クート YH T-DASH ランボルギーニGT3 1:46.972