2戦連続の難しいコンディションの中で、平川亮/ニック・キャシディ(KeePer TOM’S LC500/BS)が4位フィニッシュ。ランキングトップの大嶋和也/山下健太(WAKO’S 4CR LC500/BS)は6位フィニッシュしてチャンピオン争いはほぼこの2台に絞られた

  • 開催場所:スポーツランドSUGO
  • 開催日:2019年09月21日(土) 〜 2019年09月22日(日)
500-1.jpg

第7戦の舞台はスポーツランドSUGO。2週間のインターバルで開催されたが、再び台風の影響を受けて決勝スタート直前から雨が降り出す悩ましい状況の中、スタートタイヤのチョイスが明暗を分けた。微妙な雨量の変化でレースの中盤から順位が変動し、平手晃平/フレデリック・マコヴィッキ(CRAFTSPORTS MOTUL GT-R/MI)が優勝。

<予選>
予選日の朝の天候は曇り。コースコンディションはドライ。予想よりも気温が低く、当然に路面温度も低く、タイヤのグリップが作動するまでにはウォームアップが多く必要な状況だった。練習走行から3時間後に行われた予選では状況はやや良くなったが、やはりウォームアップを十分に行なった後のアタックが必要だった。朝の練習走行でトップタイムを叩き出したのは第6戦の予選でポールポジションを獲得し、決勝で2位フィニッシュした塚越広大/ベルトラン・バゲット(KEIHIN NSX-GT/BS)だった。予選でも好調さを持続して第7戦でも他を圧倒するアタックタイムを叩き出した。コースレコードを大きく更新して2戦連続のポールポジションを獲得。これに続いたのが山本尚貴/ジェンソン・バトン(RAYBRIG NSX-GT/BS)。3位、4位もブリヂストンユーザーであるトムスチームの2台、中嶋一貴/関口雄飛(au TOM’S LC500/BS)と平川/キャシディ組が獲得し、決勝のスターティンググリッド2列目までをブリヂストンユーザーが独占した。

500-3.jpg

<決勝>
各マシンがグリッドに着いてスタート前のセレモニーが開始される前には霧雨が降っていたが、コースコンディションはドライだった。しかし、徐々に雨の量が多くなっていきスタートタイヤをスリックタイヤにするかウェットタイヤにするかの判断が別れたが、ポールポジションの塚越/バゲット組はスリックをチョイスした。セーフティカースタートから4周目にレースが開始されると、ウェットタイヤスタートの山本/バトン組、平川/キャシディ組、そして中嶋/関口組に一気にパスされてしまった。雨量はレースが進行するとともに時々で変化した。平川/キャシディ組は、早めのタイミングでピットインを済ませたが、その後の雨量変化は少ないと判断してタイヤ交換を行わずに再びレースに復帰した。その後セーフティカーが導入された後にトップに立ったが、レースが後半に入ると若干雨量が多くなり作戦が裏目に出てしまった。苦しい展開の中でも周回を重ねた結果、表彰台は逃したが4位フィニッシュして8ポイントを獲得。ランキングトップの大嶋/山下組は6位フィニッシュして5ポイントを獲得。ランキングトップ2の差は7ポイントとなって最終戦を迎える。

500-2.jpg

<ブリヂストン MSタイヤ開発部マネージャー:山本貴彦のコメント>
「2戦連続で難しいコンディションのレース展開となりました。スタート時点のタイヤ選択はとても難しくてポールポジションスタートのマシンがスリック、他のマシンもウェットタイヤをチョイスしてもハード目のものをチョイスしていました。しかし、大雨とならないまでも雨の量が増してスリックでの走行は無理となりました。レースの序盤はハード目のウェットタイヤに適したコンディションでしたが、その後はハードでは苦しい展開でした。また、セーフティカーが入ったことでタイヤの温度が下がってしまい、タイヤ内圧に変化が生じてしまったこともドライバーさんに難しいドライビングを強いる結果となりました。ランキングのトップ2台、両ブリヂストンユーザーチームにチャンピオン争いはほぼ絞られました。最終戦においても素晴らしいレースをサポートできるように努力してまいります」

レース結果

コース:スポーツランドSUGO

[GT500]

決勝

  • 開催日:2019/09/22
  • 天候:Rain
  • 路面:Wet
  • 路面温度:21〜20℃
  • 決勝出走:15
  • 完走:15
  • (3.738km x 81laps = 302.738km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 3 平手 晃平/F.マコヴィッキィ MI CRAFTSPORTS MOTUL GT-R 81 2:07:41.498
2 64 N.カーティケヤン/牧野 任祐 DL Modulo Epson NSX-GT 81 +19.873
3 23 松田 次生/R.クインタレッリ MI MOTUL AUTECH GT-R 81 +26.710
4 37 平川 亮/N.キャシディ BS Bridgestone KeePer TOM'S LC500 81 +45.046
5 17 塚越 広大/B.バゲット BS Bridgestone KEIHIN NSX-GT 80
6 6 大嶋 和也/山下 健太 BS Bridgestone WAKO'S 4CR LC500 80
7 39 H.コバライネン/中山 雄一 BS Bridgestone DENSO KOBELCO SARD LC500 80
8 1 山本 尚貴/J.バトン BS Bridgestone RAYBRIG NSX-GT 80
9 16 武藤 英紀/中嶋 大祐 YH MOTUL MUGEN NSX-GT 80
10 36 中嶋 一貴/関口 雄飛 BS Bridgestone au TOM'S LC500 80
11 38 立川 祐路/石浦 宏明 BS Bridgestone ZENT CERUMO LC500 79
12 8 野尻 智紀/伊沢 拓也 BS Bridgestone ARTA NSX-GT 79
13 19 国本 雄資/坪井 翔 YH WedsSport ADVAN LC500 78
14 12 佐々木 大樹/J.ロシター BS Bridgestone カルソニック IMPUL GT-R 76
15 24 高星 明誠/J.マーデンボロー YH リアライズコーポレーションADVAN GT-R 76
[GT500]

予選

  • 開催日:2019/09/21
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Dry
  • 路面温度:25〜24℃
  • 決勝出走:15
  • (3.738km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 17 塚越 広大/B.バゲット BS Bridgestone KEIHIN NSX-GT 1:09.676
2 1 山本 尚貴/J.バトン BS Bridgestone RAYBRIG NSX-GT 1:10.151
3 36 中嶋 一貴/関口 雄飛 BS Bridgestone au TOM'S LC500 1:10.163
4 37 平川 亮/N.キャシディ BS Bridgestone KeePer TOM'S LC500 1:10.690
5 19 国本 雄資/坪井 翔 YH WedsSport ADVAN LC500 1:10.717
6 64 N.カーティケヤン/牧野 任祐 DL Modulo Epson NSX-GT 1:10.799
7 3 平手 晃平/F.マコヴィッキィ MI CRAFTSPORTS MOTUL GT-R 1:11.026
8 6 大嶋 和也/山下 健太 BS Bridgestone WAKO'S 4CR LC500 1:11.303
9 8 野尻 智紀/伊沢 拓也 BS Bridgestone ARTA NSX-GT 1:10.845
10 23 松田 次生/R.クインタレッリ MI MOTUL AUTECH GT-R 1:10.881
11 38 立川 祐路/石浦 宏明 BS Bridgestone ZENT CERUMO LC500 1:10.999
12 24 高星 明誠/J.マーデンボロー YH リアライズコーポレーションADVAN GT-R 1:11.117
13 16 武藤 英紀/中嶋 大祐 YH MOTUL MUGEN NSX-GT 1:11.208
14 12 佐々木 大樹/J.ロシター BS Bridgestone カルソニック IMPUL GT-R 1:11.426
15 39 H.コバライネン/中山 雄一 BS Bridgestone DENSO KOBELCO SARD LC500 1:11.894