蒲生尚弥/菅波冬悟(LEON PYRAMID AMG/BS)が最終ラップ、ゴール直前に失速し優勝を逃す。高木真一/福住仁嶺(ARTA NSX GT3/BS)がチャンピオンを獲得

  • 開催場所:ツインリンクもてぎ
  • 開催日:2019年11月02日(土) 〜 2019年11月03日(日)
GT300_1.jpg

2019年シーズンの最終戦もツインリンクもてぎを舞台に行われた。チャンピオン争いはブリヂストンユーザーの2台、高木真一/福住仁嶺(ARTA NSX GT3/BS)と新田守男/阪口晴南(K-tunes RC F GT3/BS)に絞られた。3年連続最終戦優勝を目指してトップを走行していた蒲生尚弥/菅波冬悟(LEON PYRAMID AMG/BS)が最終ラップの最終コーナーを立ち上がって失速、平中克幸/安田裕信(GAINER TANAX GT-R/DL)が優勝。高木/福住組が4位に入ってチャンピオンを獲得した。

<予選>
今シーズンから参戦を開始したマクラーレン720Sを駆る荒聖治/アレックス・パロウ(McLaren720S/YH)がコースレコードを更新して初ポールポジションを獲得した。これに第4戦で2位に入っている平峰一貴/サッシャ・フェネストラズ(リアライズ 日産自動車大学校 GT-R/YH)が2番手につけた。チャンピオンを目指す新田/阪口組は、Q1で各セクターを好タイムで通過して最終コーナーを立ち上がった時にスピン。Q2進出を果たすことなく予選を終えて、17番手スタートとなってしまった。蒲生/菅波組は3番手、そして14.5ポイントのリードでチャンピオン獲得に臨んでいる高木/福住組は5番手グリッドから決勝をスタートすることとなった。

GT300_4.jpg

<決勝>
レースの序盤から高木/福住組は順位アップに成功。1周目に4位、そして8周目に3位へ。17番手スタートという苦しい展開となった新田/阪口組はスタート直後から猛追を開始。10周を終えた時点で12位まで追い上げていた。第一スティントでは、多くのチームがドライバーの最低周回数を消化した時点でピットインを行った。新田/阪口組は15周してピットインし、その翌周に高木/福住もピットイン。この2チームはタイヤを4本交換。蒲生/菅波組はタイヤ無交換作戦に出て、全車がピットインを終えた時点でトップへ躍り出ることに成功した。第二スティントでも新田/阪口組の追撃の手は緩まず、10位以内に躍進しなおも順位をアップすると、終盤には3位走行の高木/福住組をパスして3位へ。そしてレースの最終盤にドラマが起きた。トップを快走していた蒲生/菅波組が最終ラップの最終コーナーを立ち上がったところで完全に失速。ガス欠状態でスピードダウンしてしまった。平中/安田組がゴール手前でこれをパスして優勝。アンカーの蒲生は、ゴールラインを通過して力なくストップして2位となってしまった。高木/福住組は結局4位フィニッシュで、昨年の雪辱を果たしチャンピオンに輝いた。

GT300_2.jpg

<チャンピオンドライバーのコメント>
高木真一選手「17年ぶりのチャンピオン獲得ができて、本当に嬉しいですね。ずっと鈴木亜久里監督と土屋圭一さんのもとで走らせていただいて再びチャンピオンを獲得することができました。(福住)仁嶺のスティントでは苦しい展開の中でも頑張って順位をキープしてくれました。オートバックスさん、ホンダさん、ブリヂストンさんをはじめ、サポートしていただいた皆さんに感謝します。ありがとうございます」

福住仁嶺選手「今シーズンにGT300の神様のような高木さんと一緒に走ることができて、それだけでもすごいことなのに、SUPER GTのルーキーイヤーでチャンピオンを獲得することができて嬉しいです。ちょっとペースが良くなくていっぱいいっぱいでした。でも、亜久里さんの怒った顔を見るのが怖かったので頑張りました。ゴールしたら高木さん待っていてくださって、泣いていたのでこちらも泣きそうになってしまいました。シーズンを通してサポートしていただきありがとうございました」

ARTA-A.jpg

<ブリヂストン MSタイヤ開発部マネージャー:山本貴彦のコメント>
「蒲生/菅波組はガス欠ということで、3年連続の最終戦勝利を飾ることができなくて本当に残念です。同チームはタイヤ交換を行わず、他のブリヂストンユーザーさんは4本交換を行っています。各チームの異なる作戦、要望に対応し、幅広く、安定した速さを発揮できるタイヤを今回も提供しサポートを行えました。17番手からスタートして3位まで上がってきた新田/阪口組のレースは素晴らしかったですね。予選順位が良かったら優勝も可能だったのではないでしょうか。そして、高木/福住組のチャンピオン獲得おめでとうございました」

レース結果

コース:ツインリンクもてぎ

[GT300]

決勝

  • 開催日:2019/11/03
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Dry
  • 路面温度:26℃〜24℃
  • 決勝出走:29
  • 完走:29
  • (4.8km x 49laps = 235.2km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 11 平中 克幸/安田 裕信 DL GAINER TANAX GT-R 49 1:32:19.435
2 65 蒲生 尚弥/菅波 冬悟 BS Bridgestone LEON PYRAMID AMG 49 +4.677
3 96 新田 守男/阪口 晴南 BS Bridgestone K-tunes RC F GT3 49 +13.484
4 55 高木 真一/福住 仁嶺 BS Bridgestone ARTA NSX GT3 49 +18.356
5 4 谷口 信輝/片岡 龍也 YH グッドスマイル 初音ミク AMG 49 +20.620
6 56 平峰 一貴/S.フェネストラズ YH リアライズ日産自動車大学校 GT-R 49 +33.320
7 720 荒 聖治/A.パロウ YH Mclaren 720S 49 +51.441
8 33 S.トン/道見 真也 YH エヴァRT初号機 X Works GT-R 48
9 60 吉本 大樹/宮田 莉朋 DL SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 48
10 360 青木 孝行/柴田 優作 YH RUNUP RIVAUX GT-R 48
11 88 小暮 卓史/元嶋 佑弥 YH マネバ ランボルギーニGT3 48
12 61 井口 卓人/山内 英輝 DL SUBARU BRZ R&D SPORT 48
13 52 脇阪 薫一/吉田 広樹 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB マークX MC 48
14 5 坂口 夏月/平木 湧也 YH ADVICS マッハ車検 MC86 マッハ号 48
15 9 横溝 直輝/峰尾 恭輔 YH PACIFIC MIRAI AKARI NAC PORSCHE 48
16 10 星野 一樹/石川 京侍 YH GAINER TANAX triple a GT-R 48
17 7 藤井 誠暢/J.P.デ・オリベイラ YH D'station Vantage GT3 48
18 25 松井 孝允/佐藤 公哉 YH HOPPY 86 MC 48
19 18 小林 崇志/松浦 孝亮 YH UPGARAGE NSX-GT3 48
20 31 嵯峨 宏紀/中山 友貴 BS Bridgestone TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 48
21 30 永井 宏明/織戸 学 YH TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 48
22 35 N.ホートンカム/S.ウォーキンショー YH arto RC F GT3 48
23 87 高橋 翼/A.クート YH T-DASH ランボルギーニGT3 48
24 34 道上 龍/大津 弘樹 YH Modulo KENWOOD NSX GT3 48
25 48 田中 勝輝/飯田 太陽 YH 植毛GO&FUN GT-R 47
[GT300]

予選

  • 開催日:2019/11/02
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 路面温度:25℃〜23℃
  • 決勝出走:29
  • (4.8km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 720 荒 聖治/A.パロウ YH Mclaren 720S 1:45.907
2 56 平峰 一貴/S.フェネストラズ YH リアライズ日産自動車大学校 GT-R 1:46.033
3 65 蒲生 尚弥/菅波 冬悟 BS Bridgestone LEON PYRAMID AMG 1:46.036
4 11 平中 克幸/安田 裕信 DL GAINER TANAX GT-R 1:46.166
5 55 高木 真一/福住 仁嶺 BS Bridgestone ARTA NSX GT3 1:46.304
6 33 S.トン/道見 真也 YH エヴァRT初号機 X Works GT-R 1:46.399
7 4 谷口 信輝/片岡 龍也 YH グッドスマイル 初音ミク AMG 1:46.410
8 88 小暮 卓史/元嶋 佑弥 YH マネバ ランボルギーニGT3 1:46.512
9 60 吉本 大樹/宮田 莉朋 DL SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 1:46.590
10 25 松井 孝允/佐藤 公哉 YH HOPPY 86 MC 1:46.595
11 52 脇阪 薫一/吉田 広樹 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB マークX MC 1:46.617
12 34 道上 龍/大津 弘樹 YH Modulo KENWOOD NSX GT3 1:46.646
13 360 青木 孝行/柴田 優作 YH RUNUP RIVAUX GT-R 1:46.716
14 9 横溝 直輝/峰尾 恭輔 YH PACIFIC MIRAI AKARI NAC PORSCHE 1:47.051
15 61 井口 卓人/山内 英輝 DL SUBARU BRZ R&D SPORT 1:47.075
16 2 高橋 一穂/加藤 寛規 YH シンティアム・アップル・ロータス 1:50.269
17 96 新田 守男/阪口 晴南 BS Bridgestone K-tunes RC F GT3 1:47.360
18 21 R.ライアン/富田 竜一郎 YH Hitotsuyama Audi R8 LMS 1:47.370
19 18 小林 崇志/松浦 孝亮 YH UPGARAGE NSX-GT3 1:47.411
20 7 藤井 誠暢/J.P.デ・オリベイラ YH D'station Vantage GT3 1:47.644
21 10 星野 一樹/石川 京侍 YH GAINER TANAX triple a GT-R 1:47.777
22 5 坂口 夏月/平木 湧也 YH ADVICS マッハ車検 MC86 マッハ号 1:47.778
23 30 永井 宏明/織戸 学 YH TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 1:48.018
24 87 高橋 翼/A.クート YH T-DASH ランボルギーニGT3 1:48.021
25 35 N.ホートンカム/S.ウォーキンショー YH arto RC F GT3 1:48.048