吉田広樹/川合孝汰(埼玉トヨペットGB GR Supra GT/BS)がポールtoウィン!藤波清斗/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(リアライズ 日産自動車大学校GT-R/YH)がチャンピオンを獲得

  • 開催場所:富士スピードウェイ
  • 開催日:2020年11月28日(土) 〜 2020年11月29日(日)
_D7A8401.JPG

2020年シーズンの開幕戦を制した吉田広樹/川合孝汰(埼玉トヨペットGB GR Supra GT/BS)がポールポジションから圧倒的な速さでクラスの全てのマシンを周回遅れにして優勝。チャンピオンの栄冠は2位フィニッシュした藤波清斗/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(リアライズ 日産自動車大学校GT-R/YH)の頭上に輝いた。2019チャンピオンの蒲生尚弥/菅波冬悟(LEON PYRAMID AMG/BS)は、4位フィニッシュしてランキング3位でシーズンを終えた。

<予選>
ランキング上位陣と富士スピードウェイを得意とするチームが入り混じってのポールポジション獲得合戦が展開された。ランキング4位の吉田/川合組がQ1Aグループで2位通過。そしてBグループでは、第2戦の同じく富士でポールポジションを獲得している阪口良平/小高一斗(ADVICS muta MC86/BS)がトップ、これにランキング2位の蒲生/菅波組が続いた。路面温度が低くタイヤが温まりにくい厳しいコンディションながら、決勝のスターティンググリッドを決めるQ2で驚速の速さを見せたのが開幕戦の富士でデビューウィンを飾ったスープラだった。従来のコースレコードタイムを1秒以上更新した吉田/川合組は初ポールポジションを奪取。2番手には井口卓人/山内英輝(SUBARU BRZ R&D SPORT/DL)。3番手に阪口/小高組。蒲生/菅波組は5番手グリッドからチャンピオン獲得へ向けてスタートすることとなった。

_44I1858.JPG

<決勝>
気温は10度を下回り、路面温度も13度という厳しい状況下で3周のフォーメーションラップの後に決勝のスタートが切られた。セカンドグリッドスタートの井口/山内組が一気にトップを奪うが吉田/川合組は9周目にはトップを奪い返し、そこから一気に後続を引き離すハイペースで快走した。レースの序盤には決勝中のファステストラップタイムを連発。28周してスタートドライバーの川合がピットイン。吉田に交代しタイヤは無交換、ガソリンを補給しただけで再びレースに復帰した。トップの座は変わらず、終わってみればクラス内全ての車両を周回遅れにするという圧倒的な速さを示して優勝。一方、チャンピオン争いは蒲生/菅波組と藤波/オリベイラ組との間で演じられた。レース中盤から順位アップして来た藤波は54周目にライバル蒲生組をパスして2位へ上がり、そのままのポジションでゴールしてチャンピオンを獲得した。

_C1I2881.JPG

<優勝ドライバーのコメント>
吉田広樹選手「開幕戦で勝って自らハードルを上げ、その後に勝てませんでした。タイヤ無交換のためにブリヂストンに良いタイヤを供給していただいていたのに自分たちのミスで勝てなかった。今回タイヤに優しいセッティングをチームがしてくれて、平沼代表が周りの状況をスポッターとして知らせてくれて、チームの総合力で勝てて、その気持ちに応える事ができました。チャンピオンを獲れなかったのは悔しいですが、来年は絶対に獲ってやります」

川合孝汰選手「フォーメーションラップでうまくタイヤを温める事ができずに抜かれてしまいました。でもタイヤが温まってきたらペースを上げる事ができて、トップを奪い返す事ができました。しかし、タイヤを少し酷使してしまって、吉田さんに少し辛い思いをさせてしまったと反省しています。素晴らしいクルマに仕上げてくれたチームとブリヂストンタイヤ。緊張をほぐしてくれたスタッフさん、そしてスポッターまで買って出てくれた平沼さん。チームの皆さんの期待に応える事ができました。今年多くを学ばせていただいたことをこれから良い成績を出せるように生かしていきます」

<ブリヂストン MSタイヤ開発部マネージャー:山本貴彦のコメント>
「正に圧倒的な速さで吉田/川合組が優勝しました。サポートさせていただいたタイヤもこの寒いコンディションの中で無交換作戦に完璧に対応できました。本当に一人旅という状況でした。チャンピオン争いでは追い上げてきた藤波/オリベイラ組がタイトルを獲得しましたが、優勝チームをはじめサポートチームのパフォーマンスは高かったと思います。来シーズンは、再びタイトル獲得に向けて努力します」

レース結果

コース:富士スピードウェイ

[GT300]

決勝

  • 開催日:2020/11/29
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Dry
  • 路面温度:13°C〜12°C
  • 決勝出走:30
  • 完走:27
  • (4.563km x 61laps = 278.343km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 52 吉田 広樹/川合 孝汰 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB GR Supra GT 61 1:42:00.517
2 56 藤波 清斗/J.P.デ・オリベイラ YH リアライズ日産自動車大学校 GT-R 60
3 6 阪口 良平/小高 一斗 BS Bridgestone ADVICS muta MC86 60
4 65 蒲生 尚弥/菅波 冬悟 BS Bridgestone LEON PYRAMID AMG 60
5 9 藤井 誠暢/篠原 拓朗 MI PACIFIC NAC D'station Vantage GT3 60
6 10 星野 一樹/石川 京侍 YH TANAX ITOCHU ENEX with IMPUL GT-R 60
7 55 大湯 都史樹/松下 信治 BS Bridgestone ARTA NSX GT3 60
8 61 井口 卓人/山内 英輝 DL SUBARU BRZ R&D SPORT 60
9 60 吉本 大樹/河野 駿佑 MI SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 60
10 31 嵯峨 宏紀/中山 友貴 BS Bridgestone TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 60
11 50 加納 政樹/安岡 秀徒 YH ARNAGE AMG GT3 59
12 21 川端 伸太朗/近藤 翼 YH Hitotsuyama Audi R8 LMS 59
13 30 永井 宏明/織戸 学 YH TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 59
14 25 松井 孝允/佐藤 公哉 YH HOPPY Porsche 59
15 4 谷口 信輝/片岡 龍也 YH グッドスマイル 初音ミク AMG 59
16 33 S.トン/佐々木 孝太 YH エヴァRT初号機 X Works R8 59
17 34 道上 龍/J.パーソンズ YH Modulo KENWOOD NSX GT3 59
18 11 平中 克幸/安田 裕信 DL GAINER TANAX GT-R 59
19 7 荒 聖治/山口 智英 YH Studie BMW M6 59
20 48 田中 優暉/飯田 太陽 YH 植毛ケーズフロンティア GT-R 59
21 360 青木 孝行/田中 篤 YH RUNUP RIVAUX GT-R 58
22 96 新田 守男/阪口 晴南 DL K-tunes RC F GT3 58
23 2 加藤 寛規/柳田 真孝 YH シンティアム・アップル・ロータス 58
24 244 三宅 淳詞/堤 優威 YH たかのこの湯 RC F GT3 58
25 18 小林 崇志/松浦 孝亮 YH UPGARAGE NSX-GT3 58
26 35 S.ウォーキンショー/M.ベッシェ YH arto RC F GT3 57
27 22 和田 久/城内 政樹 YH アールキューズ AMG GT3 52
- 87 高橋 翼/山田 真之亮 YH T-DASH ランボルギーニGT3 2 DNF
- 88 小暮 卓史/元嶋 佑弥 YH JLOC ランボルギーニ GT3 1 DNF
- 5 坂口 夏月/平木 湧也 YH マッハ5G GTNET MC86 マッハ車検 DNS
[GT300]

予選

  • 開催日:2020/11/28
  • 天候:Fine-Cloudy-Fine
  • 路面:Dry
  • 路面温度:17°C〜16°C
  • 決勝出走:28
  • (4.563km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 52 吉田 広樹/川合 孝汰 BS Bridgestone 埼玉トヨペット GB GR Supra GT 1:34.665
2 61 井口 卓人/山内 英輝 DL SUBARU BRZ R&D SPORT 1:35.009
3 6 阪口 良平/小高 一斗 BS Bridgestone ADVICS muta MC86 1:35.174
4 96 新田 守男/阪口 晴南 DL K-tunes RC F GT3 1:35.342
5 65 蒲生 尚弥/菅波 冬悟 BS Bridgestone LEON PYRAMID AMG 1:35.436
6 11 平中 克幸/安田 裕信 DL GAINER TANAX GT-R 1:35.527
7 56 藤波 清斗/J.P.デ・オリベイラ YH リアライズ日産自動車大学校 GT-R 1:36.039
8 2 加藤 寛規/柳田 真孝 YH シンティアム・アップル・ロータス 1:36.174
9 244 三宅 淳詞/堤 優威 YH たかのこの湯 RC F GT3 1:36.621
10 5 坂口 夏月/平木 湧也 YH マッハ5G GTNET MC86 マッハ車検 1:36.645
11 25 松井 孝允/佐藤 公哉 YH HOPPY Porsche 1:36.751
12 10 星野 一樹/石川 京侍 YH TANAX ITOCHU ENEX with IMPUL GT-R 1:36.831
13 7 荒 聖治/山口 智英 YH Studie BMW M6 1:37.131
14 30 永井 宏明/織戸 学 YH TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 1:37.179
15 34 道上 龍/J.パーソンズ YH Modulo KENWOOD NSX GT3 1:37.255
16 360 青木 孝行/田中 篤 YH RUNUP RIVAUX GT-R 1:38.569
17 87 高橋 翼/山田 真之亮 YH T-DASH ランボルギーニGT3 1:36.931
18 88 小暮 卓史/元嶋 佑弥 YH JLOC ランボルギーニ GT3 1:36.912
19 60 吉本 大樹/河野 駿佑 MI SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 1:36.998
20 21 川端 伸太朗/近藤 翼 YH Hitotsuyama Audi R8 LMS 1:36.944
21 31 嵯峨 宏紀/中山 友貴 BS Bridgestone TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 1:36.999
22 9 藤井 誠暢/篠原 拓朗 MI PACIFIC NAC D'station Vantage GT3 1:36.977
23 18 小林 崇志/松浦 孝亮 YH UPGARAGE NSX-GT3 1:37.305
24 4 谷口 信輝/片岡 龍也 YH グッドスマイル 初音ミク AMG 1:37.111
25 35 S.ウォーキンショー/M.ベッシェ YH arto RC F GT3 1:39.084
26 33 S.トン/佐々木 孝太 YH エヴァRT初号機 X Works R8 1:37.533
27 22 和田 久/城内 政樹 YH アールキューズ AMG GT3 1:40.024
28 50 加納 政樹/安岡 秀徒 YH ARNAGE AMG GT3 1:38.204
- 55 大湯 都史樹/松下 信治 BS Bridgestone ARTA NSX GT3 DNS
- 48 田中 優暉/飯田 太陽 YH 植毛ケーズフロンティア GT-R DNS