高木真一/佐藤蓮(ARTA NSX GT3/BS)が今季2度目の表彰台、最上位2位フィニッシュを果たす

  • 開催場所:スポーツランドSUGO
  • 開催日:2021年09月11日(土) 〜 2021年09月12日(日)
_44I2344.jpg

新型コロナウイルス感染の影響で2年ぶりの開催となる今回のスポーツランドSUGO。ブリヂストンユーザー大半のサクセスウェイトが重く、苦しい展開となった。その中で高木真一/佐藤蓮(ARTA NSX GT3/BS)が5番手グリッドから順調に順位アップ。2位フィニッシュを果たした。

<予選>
今回もGT300クラスの予選は2グループに分けて行なわれた。ランキング奇数と偶数グループに分かれてQ1を行い上位8台がQ2に進出した。ランキング上位に位置しているブリヂストンユーザーは、当然のことながらサクセスウェイトが嵩んで苦しい展開となっていた。その中でも45キロのサクセスウェイトを搭載しながら高木真一/佐藤蓮(ARTA NSX GT3/BS)が練習走行から2番手タイムを叩き出して好調、期待が掛かっていた。Q1Aグループの高木/佐藤組はコースイン早々にブレーキシステムに不具合があってピットイン。残り時間5分を切って再アタックし4番手でQ1を突破した。Q2になって上位陣が一気にタイムアップする中で高木/佐藤組は5位。他のブリヂストンユーザーでQ2に進出した嵯峨宏紀/中山友貴(TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT/BS)が13番手から決勝に臨む。ポールポジションは今季3度目、井口卓人/山内英輝(SUBARU BRZ R&D SPORT/DL)。

_44I2805.jpg

<決勝>
快晴の決勝日。気温上昇とともに路面温度も45度を超えていた。高木/佐藤組はスタート直後にひとつ、そして2周目にも順位アップして3位へ。20周目のストレートでさらに順位アップを果たして2位に浮上した。トップの井口/山内組との差を詰めつつ35周してピットイン。高木から佐藤へドライバー交代。クラスの全車がピットインを済ませた時点で2位を堅持してそのままゴール。今季最高位を獲得した。ランキング3位でサクセスウェイト75キロの蒲生尚弥/菅波冬悟(LEON PYRAMID AMG/BS)、ランキング6位でサクセスウェイト69キロの加藤寛規/阪口良平(muta Racing Lotus MC/BS)、ランキング8位でサクセスウェイト66キロの吉田広樹/川合孝汰(埼玉トヨペットGB GR Supra GT/BS)等は軒並み重いウェイトのために苦しい展開を強いられていたが、作戦を駆使して順位アップを狙っていた。しかし、蒲生/菅波組、吉田/川合組はピットイン前にセーフティカーがコースインしてピットインのタイミングを逃してしまい順位を下げてしまった。ブリヂストンユーザーの2番手として嵯峨/中山組が13位フィニッシュを果たした。優勝はポールポジションからスタートした井口/山内組で今季初勝利。

_C1I4976.jpg

<ドライバーのコメント>
高木真一選手「今回菅生への持ち込みセットアップから良かったです。決勝前のウォームアップも調子良くタイヤ選択という意味では非常に難しいところもありましたが、僕達の選んだブリヂストンのソフトタイヤはグリップの落ち込みが少なくて安定したペースで走り続けられたのが良かったと思います。後半は硬めのタイヤで(佐藤)蓮に行ってもらいましたが、路面温度が下がって、パフォーマンスを発揮するのが難しくて蓮は苦労したと思いますが、スバルが速かったというのもありましたけど、もしかしたらもうちょっと何か出来たかも知れないので、チェックして次に向けて準備したいです」

佐藤蓮選手「前半は高木さんがどんどん順位を上げてくれて、2番手でつないでくれました。ボクの後半スティントのタイヤはコンディションの変化、ガソリンが重い状態でコントロールが難しかったので、ちょっと苦労しました。タイヤがパフォーマンスを発揮して、ペースを回復するまでにトップと差をつけられてしまったので、それが勝てなかった理由かも知れません。そういったところを次戦以降に分析して優勝に向けて頑張っていきたいです」

<ブリヂストン MSタイヤ開発マネージャー:山本貴彦のコメント>
「今回の菅生と第6戦のオートポリスは、サクセスウェイトの点ではブリヂストンユーザーの大半が上位ランカー、つまり重いウェイトを搭載しているので苦しい展開が予想されていましたが、その中でARTAが練習走行から安定した速さを発揮していただきました。加藤/阪口組はウェイト感度が大きいようで特に苦戦を強いられていました。また、蒲生/菅波組、吉田/川合組は作戦が裏目となってピットインのタイミングでセーフティカーが導入されてそこまでの順位アップの努力が失われてしまい残念でした」

レース結果

コース:スポーツランドSUGO

[GT300]

決勝

  • 開催日:2021/09/12
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:28
  • 完走:27
  • (3.586km x 78laps = 279.708km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 61 井口 卓人/山内 英輝 DL SUBARU BRZ R&D SPORT 78 1:56'55.821
2 55 高木 真一/佐藤 蓮 BS Bridgestone ARTA NSX GT3 78 +11.442
3 56 藤波 清斗/J.P.デ・オリベイラ YH リアライズ日産自動車大学校 GT-R 78 +13.633
4 87 松浦 孝亮/坂口 夏月 YH グランシード ランボルギーニ GT3 78 +32.560
5 60 吉本 大樹/河野 駿佑 DL SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT 78 +41.972
6 34 道上 龍/密山 祥吾 YH Yogibo NSX GT3 78 +52.372
7 88 小暮 卓史/元嶋 佑弥 YH JLOC ランボルギーニ GT3 78 +52.465
8 96 新田 守男/小高 一斗 DL K-tunes RC F GT3 78 +1'06.725
9 244 三宅 淳詞/堤 優威 YH たかのこの湯 GR Supra GT 78 +1'06.930
10 11 平中 克幸/安田 裕信 DL GAINER TANAX GT-R 78 1'07.333
11 7 荒 聖治/山口 智英 YH Studie PLUS BMW 78 +1'09.705
12 18 小林 崇志/名取 鉄平 YH UPGARAGE NSX GT3 77
13 31 嵯峨 宏紀/中山 友貴 BS Bridgestone TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 77
14 65 蒲生 尚弥/菅波 冬悟 BS Bridgestone LEON PYRAMID AMG 77
15 9 木村 武史/K.コッツォリーノ YH PACIFIC NAC CARGUY Ferrari 77
16 2 加藤 寛規/阪口 良平 BS Bridgestone muta Racing Lotus MC 77
17 35 S.ウォーキンショー/G.アレジ YH arto RC F GT3 77
18 6 本山 哲/片山 義章 YH Team LeMans Audi R8 LMS 77
19 25 松井 孝允/佐藤 公哉 YH HOPPY Porsche 77
20 30 永井 宏明/織戸 学 YH TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 77
21 52 吉田 広樹/川合 孝汰 BS Bridgestone 埼玉トヨペット GB GR Supra GT 77
22 5 平木 湧也/平木 玲次 YH マッハ車検 GTNET MC86 マッハ号 76
23 4 谷口 信輝/片岡 龍也 YH グッドスマイル 初音ミク AMG 76
24 50 加納 政樹/柳田 真孝 YH ARNAGE AMG GT3 76
25 21 川端 伸太朗/篠原 拓朗 YH Hitotsuyama Audi R8 LMS 76
26 10 星野 一樹/石川 京侍 DL GAINER TANAX with IMPUL GT-R 75
27 48 田中 優暉/飯田 太陽 YH 植毛ケーズフロンティア GT-R 74
- 360 青木 孝行/内田 優大 YH RUNUP RIVAUX GT-R DNS
[GT300]

予選

  • 開催日:2021/09/11
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:26
  • (3.586km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 61 井口 卓人/山内 英輝 DL SUBARU BRZ R&D SPORT 1’17.479
2 18 小林 崇志/名取 鉄平 YH UPGARAGE NSX GT3 1’17.832
3 60 吉本 大樹/河野 駿佑 DL SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT 1’17.971
4 88 小暮 卓史/元嶋 佑弥 YH JLOC ランボルギーニ GT3 1’18.044
5 55 高木 真一/佐藤 蓮 BS Bridgestone ARTA NSX GT3 1’18.149
6 87 松浦 孝亮/坂口 夏月 YH グランシード ランボルギーニ GT3 1’18.229
7 4 谷口 信輝/片岡 龍也 YH グッドスマイル 初音ミク AMG 1’18.279
8 96 新田 守男/小高 一斗 DL K-tunes RC F GT3 1’18.443
9 244 三宅 淳詞/堤 優威 YH たかのこの湯 GR Supra GT 1’18.456
10 56 藤波 清斗/J.P.デ・オリベイラ YH リアライズ日産自動車大学校 GT-R 1’18.456
11 10 星野 一樹/石川 京侍 DL GAINER TANAX with IMPUL GT-R 1’18.521
12 34 道上 龍/密山 祥吾 YH Yogibo NSX GT3 1’18.784
13 31 嵯峨 宏紀/中山 友貴 BS Bridgestone TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 1’18.785
14 360 青木 孝行/内田 優大 YH RUNUP RIVAUX GT-R 1’18.898
15 7 荒 聖治/山口 智英 YH Studie PLUS BMW 1'19.237
16 9 木村 武史/K.コッツォリーノ YH PACIFIC NAC CARGUY Ferrari 1'20.397
17 30 永井 宏明/織戸 学 YH TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 1'18.552
18 65 蒲生 尚弥/菅波 冬悟 BS Bridgestone LEON PYRAMID AMG 1'18.801
19 35 S.ウォーキンショー/G.アレジ YH arto RC F GT3 1'18.578
20 11 平中 克幸/安田 裕信 DL GAINER TANAX GT-R 1'18.889
21 21 川端 伸太朗/篠原 拓朗 YH Hitotsuyama Audi R8 LMS 1'18.596
22 25 松井 孝允/佐藤 公哉 YH HOPPY Porsche 1'19.196
23 52 吉田 広樹/川合 孝汰 BS Bridgestone 埼玉トヨペット GB GR Supra GT 1'18.654
24 5 平木 湧也/平木 玲次 YH マッハ車検 GTNET MC86 マッハ号 1'19.847
25 2 加藤 寛規/阪口 良平 BS Bridgestone muta Racing Lotus MC 1'18.669
26 48 田中 優暉/飯田 太陽 YH 植毛ケーズフロンティア GT-R 1'21.212
- 6 本山 哲/片山 義章 YH Team LeMans Audi R8 LMS DNS
- 50 加納 政樹/柳田 真孝 YH ARNAGE AMG GT3 DNS