BRIDGESTONE F1活動14年の軌跡
  • ブリヂストンのF1チャレンジはこうしてはじまった
  • ブリヂストンF1スタッフ歴戦の記憶
  • 内外の関係者が語る、F1活動の意義 F1参戦がもたらしたもの
  • 参戦年表
  • テクノロジー&レギュレーション
  • テクニカルデータ&メモ
PREV
NEXT
/ '97 / '98 / '99 / '00 / '01 / '02 / '03 / '04 / '05 / '06 / '07 / '08 / '09 / '10 /
レギュレーション

・グルーブドタイヤ(フロント溝4本、リア溝4本)
・ドライタイヤ:2種類(8セット=32本)
・ウエットタイヤ:3種類(7セット=28本)

・フリー走行では、ドライバーに2種類のドライタイヤが供給される。
 しかし予選開始前に、残りの日程で使用するスペックを決めなければならない。
・予選、ウォームアップ、決勝では7セット(28本)のタイヤを使用することができる。

Reglation
タイヤの方向性

ワンメイク2年目。レギュレーションも前年と変わることなく、浜島は、「作業も多少ルーティンになったところがあるかもしれません」という。サーキットに持ち込むのが2種類のドライタイヤと3種類のウエットタイヤであることも変わりはない。この年、ブリヂストンが第一義に考えたのは、"安全なタイヤを、全チームに公平に供給すること"だった。1997年からコンパウンダーとしてF1部門に参画し、99年からフェラーリの担当となった崎山淳は、「フェラーリ担当となると、さすがにマクラーレンに入っていけない。とはいえ、コンパウンダーとしての仕事もある。だから各担当エンジニアから、いろいろな情報を吸い上げていました」と当時の苦労を語る。そんなワンメイク2年目を過ごしていたブリヂストンを揺るがすニュースが届く。ミシュランのF1復帰だ。それが発表されると、BMWウィリアムズ、ジャガーが早々に翌年からの移籍を決める。前出の崎山は、「コンペティションに戻れるとワクワクしました。開発は大変になりましたけど、楽しかった」という。そしてシーズン中のテストも、次第に翌年からのタイヤ戦争を見越した"開発タイヤ"を入れたものへと変わっていくのである。

ブリヂストンF1タイヤ装着マシン
 

ウエスト・マクラーレン・メルセデス

マシン:MP4/15

エンジン:メルセデスFO110J(V10)

ドライバー:ミカ・ハッキネン/デビッド・クルサード

  

ゴロワース・プロスト・プジョー

マシン:AP03

エンジン:プジョーA20(V10)

ドライバー:ジャン・アレジ/ニック・ハイドフェルト

 

スクーデリア・フェラーリ

マシン:F1-2000

エンジン:フェラーリTipo049(V10)

ドライバー:ミハエル・シューマッハ/ルーベンス・バリチェロ

  

レッドブル・ザウバー・ペトロナス

マシン:C19

エンジン:ペトロナスSPE04E(V10)

ドライバー:ペドロ・ディニス/ミカ・サロ

 

ベンソン&ヘッジス・ジョーダン・無限ホンダ

マシン:EJ10

エンジン:無限MF301HE(V10)

ドライバー:ハインツ-ハラルド・フレンツェン/ヤルノ・トゥルーリ

  

アロウズ・F1

マシン:A21

エンジン:スーパーテックFB02(V10)

ドライバー:ペドロ・デ・ラ・ロサ/ヨス・フェルスタッペン

 

ジャガー・レーシング

マシン:R1

エンジン:フォードCR-2(V10)

ドライバー:エディ・アーバイン/ジョニー・ハーバート

  

テレフォニカ・ミナルディ・フォンドメタル

マシン:M02

エンジン:フォードZETEC-R(V10)

ドライバー:マルク・ジェネ/ガストン・マッツァカーネ

 

BMW・ウィリアムズF1チーム

マシン:FW22

エンジン:BMW E41(V10)

ドライバー:ラルフ・シューマッハ/ジェンソン・バトン

  

ブリティッシュ・アメリカン・レーシング・ホンダ

マシン:BAR002

エンジン:ホンダRA000E(V10)

ドライバー:ジャック・ビルヌーブ/リカルド・ゾンタ

 

ベネトン・プレイライフ

マシン:B200

エンジン:プレイライフFB02(V10)

ドライバー:ジャンカルロ・フィジケラ/アレキサンダー・ブルツ

  

PREV
NEXT
/ '97 / '98 / '99 / '00 / '01 / '02 / '03 / '04 / '05 / '06 / '07 / '08 / '09 / '10 /