昨年のチャンピオンチーム H.コバライネン/平手晃平(DENSO KOBELCO SARD LC500/BS)が激戦を制して今季初勝利

  • 開催場所:スポーツランドSUGO
  • 開催日:2017年07月22日(土) 〜 2017年07月23日(日)
sgt rd4 podium.jpg

<予選>
ブリヂストンタイヤを装着するホンダNSX-GTが予選を席巻した。前戦のオートポリスからパフォーマンスアップしてきたNSXがトップ3を独占した。ホンダ勢の菅生におけるトップ3は2008年以来。ポールポジションを獲得したのは野尻智紀/小林崇志(ARTA NSX-GT/BS)。開幕戦以来の今季2回目のポールポジション獲得となった。シーズン中盤にさしかかり、ポイント上位陣はウエイトハンディを背負うことで苦戦し、代わってまだウエイトハンディが軽いチームの活躍が目立った。

rd4 sard and lemans.jpg

<決勝>
予報通りに朝から天候が安定せず、まずスタートのタイヤのチョイスに悩むこととなった。グリッドに整列した際には雨が止んでおり、ブリヂストンユーザーの中にもドライ用のスリックタイヤを選択するチームもあったが、フォーメーションラップが始まると雨が降り始め、結果としてウエット用のウェットタイヤスタートが正解だった。断続的に雨が降ったり止んだりする不安定なコンディションではあったが、レース中盤には走行ラインはドライとなってドライバー交替のタイミングでは各車スリックへ交換した。コースオフ、接触によるアクシデントが何度も発生、3度セーフティーカーがコースイン。ピットインのタイミングとも重なって、これによってトップの座、上位ポジションを失ってしまったチームもあった。抜群のタイミングでコバライネンから平手に交替してトップに立ち、ゴール目前となった最終ラップに再び雨が路面を濡らし、平手がコースオフ、直ぐにコースへ復帰して2位のマシンと接触するもトップを死守して優勝した。


<優勝ドライバーのコメント>
ヘイキ・コバライネン選手「スタートタイヤの選択は本当に難しかった。しかし、直ぐに雨が降り始めて、ウェットタイヤでスタートしたことが正しかった。ハーフウエットのコースでもブリヂストンのウェットタイヤのパフォーマンスは抜群だった。チームの戦略も最高。そして最後のトップ争いをピットで見ていて心臓が止まりそうだった。よっぽど自分がドライブしている方が楽だった(笑)」

平手晃平選手「難しいコンディションの中でヘイキが落ち着いて順位を上げてくれました。そしてチームが最高のタイミングでピットインを指示してくれたのでトップに立つことができました。不安定なコンディションの中でもスリックタイヤが確実にグリップしてくれました。しかし、最後の最後にまた雨が降ってきてSPコーナーでコースオフしてしまった。コースに戻ったときに本山さんと接触してしまったのですが何とかトップを守ってゴールすることができました」

<ブリヂストン タイヤエンジニア:松本真幸のコメント>
「今季開幕戦からレクサスLC500と共に4連勝を達成することができました。レース中盤までトップを快走していたRAYBRIG NSX-GT/BSはセーフティーカーの導入でドライバー交替のタイミングを逸してしまったことは残念でした。しかし、SARDチームがトップに立っていただいたので良かったです。レース毎にライバルメーカーとの性能差はどんどんと狭まっていると思います。タイヤ供給している全てのチーム、車両がシーズン中盤で好成績を残せるように努力して参ります」

レース結果

コース:スポーツランドSUGO

[GT500]

決勝

  • 開催日:2017/07/23
  • 天候:Cloudy-Rain
  • 路面:Dry-Wet
  • 路面温度:28℃ ~26℃
  • 決勝出走:15
  • 完走:13
  • (3.737km x 81laps = 302.697km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 1 H.コバライネン /平手 晃平 BS Bridgestone DENSO KOBELCO SARD LC500 81 2:09:13.878
2 46 本山 哲/千代 勝正 MI S Road CRAFTSPORTS GT-R 81 +1.022
3 6 大嶋 和也/A.カルダレッリ BS Bridgestone WAKO'S 4CR LC500 80
4 23 松田 次生/R.クインタレッリ MI MOTUL AUTECH GT-R 80
5 8 野尻 智紀/小林 崇志 BS Bridgestone ARTA NSX-GT 80
6 16 武藤 英紀/中嶋 大祐 YH MOTUL MUGEN NSX-GT 80
7 36 中嶋 一貴/J.ロシター BS Bridgestone au TOM'S LC500 80
8 64 B.バゲット/松浦 孝亮 DL Epson Modulo NSX-GT 80
9 100 山本 尚貴/伊沢 拓也 BS Bridgestone RAYBRIG NSX-GT 79
10 37 平川 亮/N.キャシディ BS Bridgestone KeePer TOM'S LC500 79
11 12 安田 裕信/J.マーデンボロー BS Bridgestone カルソニック IMPUL GT-R 78
12 19 関口 雄飛/国本 雄資 YH WedsSport ADVAN LC500 77
13 38 立川 祐路/石浦 宏明 BS Bridgestone ZENT CERUMO LC500 76
14 24 佐々木 大樹/J.P.デ・オリベイラ YH フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R 34 DNF
15 17 塚越 広大/小暮 卓史 BS Bridgestone KEIHIN NSX-GT 2 DNF