ブリヂストンタイヤ装着車がGT500(野尻智紀/小林崇志組、ARTA NSX-GT)、GT300(高木真一/S.ウォーキンショー組、ARTA BMW M6 GT3)両クラスにおいてポールtoウインを飾る

  • 開催場所:富士スピードウェイ
  • 開催日:2017年08月05日(土) 〜 2017年08月06日(日)
7.jpg

2017オートバックスSUPER GTシリーズ第5戦は、舞台を富士スピードウエイに移し、決勝日に33,500人の観衆を集めた。
前戦菅生の第4戦でポールポジションを獲得した野尻智紀/小林崇志(ARTA NSX-GT/BS)が今季3度目のポールポジションからトップを堅持して優勝。GT300クラスでは、高木真一/S.ウォーキンショー(ARTA BMW M6 GT3/BS)が同じくポールポジションから2位以下に大差をつけて優勝。ブリヂストンユーザーが両クラスで予選/決勝を席巻した。

8.jpg

<予選>
今季2回目の富士スピードウェイ開催となる第5戦。ポイントラインキング上位陣は、ハンディウェイトが嵩んで苦しい戦いとなるも、Q1のセッションから僅差の争いが展開された。開幕戦と第4戦でポールポジションを獲得しながらトラブルや不運な展開で思うようにポイントゲットできていなかった野尻/小林組が今季3回目のポールポジションを獲得した。GT300クラスでは、FIA GT3車両のBMW M6同士のポールポジション争いが展開されて、ブリヂストン装着車の高木/ウォーキンショー組が他社タイヤ装着車を抑えてトップタイムを叩き出した。

6.jpg

<決勝>
サーキットの上空は雲に覆われていたが、時折太陽が顔を覗かせ、ドライコンディションで66周の決勝スタートが切られた。両クラスでポールポジションのマシンがスタートから2位以下にギャップを築きながら周回を重ねていった。GT500クラスでは、終盤にトップグループ各車の差が詰まる状況となったが野尻/小林組が後続を振り切って優勝。GT300クラスは、コンスタントに差を広げ、同クラス全車を周回遅れにする圧倒的な速さで優勝。

9.jpg

<優勝ドライバーのコメント>
GT500クラス
野尻智紀「スタートから逃げて交替する前にできるだけ多くの差を築いて小林さんにバトンタッチできるようにと必死でした。コンディションも安定していて、トラブルも無くマシンとタイヤのマッチングも良かったので勝つことができました」

小林崇志選手「野尻が頑張ってくれて、そのまま大差でゴールしたかったのですが、終盤に下位のマシンをパスする際に走行ラインを外れてタイヤがゴミを拾ってグリップダウン、差を詰められてしまったのですが、タイヤの表面がクリーンになれば本来の速さを発揮することができました。今季3回目のポールスタートでやっと勝てました」

GT300クラス
高木真一選手「最高の予選、決勝結果でした。ボクもショーン(ウォーキンショー)も頑張ったのですが、素晴らしいマシンを用意してくれたチーム、サポートしていただいたスポンサーさん、そしてブリヂストンタイヤの安定したパフォーマンスのおかげで勝利を得られました。有り難うございます」

S.ウォーキンショー選手「タカギさんが大量リードを築いてくれてボクのスティントは、<サンデークルージング>のようにゴールを目指せば良かった。最高の展開で初優勝できて嬉しい。マシンもタイヤも最後までパーフェクトだった。唯一、エアーコンディションがあまり効かなかったので参った。それにしても日本の夏は蒸し暑い」

<ブリヂストン タイヤエンジニア:松本真幸のコメント>
「予選から決勝を通じて両クラスで最高の結果を示し、他メーカーに対して優位性をしっかりと示すことができました。ARTAチームの皆様、おめでとうございます。シーズンも後半戦にさしかかっていてポイント上位車は、ハンディウェイトが重くなって苦しい展開となっていますが、その中でも我々ブリヂストンのユーザーが上位フィニッシュを成し遂げられるよう努力しています。第5戦を終了してランキング4位までをブリヂストン装着車が占めています。残す3戦でも各チームをしっかりサポートして参ります」

1.jpg

レース結果

コース:富士スピードウェイ

[GT500]

決勝

  • 開催日:2017/08/06
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Dry
  • 路面温度: 36℃ ~ 32℃
  • 決勝出走:15
  • 完走:13
  • (4.563km x 66laps = 301.158km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 8 野尻 智紀/小林 崇志 BS Bridgestone ARTA NSX-GT 66 1:44:39.955
2 23 松田 次生/R.クインタレッリ MI MOTUL AUTECH GT-R 66 +1.530
3 38 立川 祐路/石浦 宏明 BS Bridgestone ZENT CERUMO LC500 66 +2.203
4 36 中嶋 一貴/J.ロシター BS Bridgestone au TOM'S LC500 66 +13.300
5 12 安田 裕信/J.マーデンボロー BS Bridgestone カルソニック IMPUL GT-R 66 +14.938
6 37 平川 亮/N.キャシディ BS Bridgestone KeePer TOM'S LC500 66 +15.244
7 19 関口 雄飛/国本 雄資 YH WedsSport ADVAN LC500 66 +19.525
8 100 山本 尚貴/伊沢 拓也 BS Bridgestone RAYBRIG NSX-GT 66 +19.603
9 6 大嶋 和也/A.カルダレッリ BS Bridgestone WAKO'S 4CR LC500 66 +19.666
10 1 H.コバライネン /平手 晃平 BS Bridgestone DENSO KOBELCO SARD LC500 66 +22.480
11 46 本山 哲/千代 勝正 MI S Road CRAFTSPORTS GT-R 66 +58.928
12 64 B.バゲット/松浦 孝亮 DL Epson Modulo NSX-GT 66 +1:04.652
13 24 佐々木 大樹/J.P.デ・オリベイラ YH フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R 52
14 16 武藤 英紀/中嶋 大祐 YH MOTUL MUGEN NSX-GT 45 DNF
15 17 塚越 広大/小暮 卓史 BS Bridgestone KEIHIN NSX-GT 30 DNF
[GT500]

予選

  • 開催日:2017/08/05
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Dry
  • 路面温度:33℃ 〜 33℃
  • 決勝出走:15
  • (4.563km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 8 野尻 智紀/小林 崇志 BS Bridgestone ARTA NSX-GT 1:29.104
2 23 松田 次生/R.クインタレッリ MI MOTUL AUTECH GT-R 1:29.475
3 36 中嶋 一貴/J.ロシター BS Bridgestone au TOM'S LC500 1:29.591
4 17 塚越 広大/小暮 卓史 BS Bridgestone KEIHIN NSX-GT 1:29.618
5 24 佐々木 大樹/J.P.デ・オリベイラ YH フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R 1:29.851
6 38 立川 祐路/石浦 宏明 BS Bridgestone ZENT CERUMO LC500 1:29.934
7 37 平川 亮/N.キャシディ BS Bridgestone KeePer TOM'S LC500 1:30.059
8 46 本山 哲/千代 勝正 MI S Road CRAFTSPORTS GT-R 1:30.777
9 1 H.コバライネン /平手 晃平 BS Bridgestone DENSO KOBELCO SARD LC500 1:29.921
10 12 安田 裕信/J.マーデンボロー BS Bridgestone カルソニック IMPUL GT-R 1:29.964
11 6 大嶋 和也/A.カルダレッリ BS Bridgestone WAKO'S 4CR LC500 1:29.985
12 16 武藤 英紀/中嶋 大祐 YH MOTUL MUGEN NSX-GT 1:30.005
13 64 B.バゲット/松浦 孝亮 DL Epson Modulo NSX-GT 1:30.045
14 19 関口 雄飛/国本 雄資 YH WedsSport ADVAN LC500 1:30.189
15 100 山本 尚貴/伊沢 拓也 DL RAYBRIG NSX-GT 1:30.322