野尻智紀/伊沢拓也(ARTA NSX-GT/BS)がパーフェクトなレースでポールtoウィン、さらにブリヂストン装着チームが表彰台を独占

  • 開催場所:鈴鹿サーキット
  • 開催日:2018年05月19日(土) 〜 2018年05月20日(日)
2018年 SUPER GT 第3戦 鈴鹿サーキット [GT500]

2018年オートバックスSUPER GTシリーズ第3戦は、舞台を鈴鹿サーキットに移し決勝日に33,000人の観衆を集めて行われた。例年鈴鹿のレースは、8月に1000キロレースで行われてきたが、今年スケジュール変更と距離が300キロとなって開催された。ポールポジションからスタートした野尻智紀/伊沢拓也(ARTA NSX-GT/BS)は、スタートから終始トップを快走して優勝を飾った。


<予選>
五月晴れに恵まれた予選日。今シーズン好調なホンダNSX勢がコースレコードタイムを続々と更新して上位を占めた。野尻/伊沢組はレコードタイムを約3秒短縮する驚異的な速さでポールポジションを奪取。それに山本尚貴/ジェンソン・バトン(RAYBRIG NSX-GT/BS)、塚越広大/小暮卓史(KEIHIN NSX-GT/BS)が続き、予選結果のトップ4をブリヂストンユーザーが占め、予選Q2に進出した8台中6台がブリヂストン装着車だった。


<決勝>
予選日と同じく、好天に恵まれた決勝日。スタートから伊沢は2位以下を引き離しにかかった。52周レースの12周目にデグナーカーブでクラッシュが起きてセーフティカーがコースイン。それまで2位に約10秒の大量リードを築いていたが、これで帳消しとなってしまった。しかし再びの快走でトップを堅守、24周してピットイン、野尻にバトンタッチ。30周を過ぎて2位の山本が猛追してテールtoノーズの状況となったが、最終盤に野尻が突き放してトップでゴール。3位に開幕戦3位の平川亮/ニック・キャシディー(KeePer TOM’S LC500/BS)が入り表彰台をブリヂストン装着車が独占。決勝順位のトップ5までブリヂストンユーザーが占めた。

8_3.jpg

<優勝ドライバーのコメント>
野尻智紀選手「伊沢さんが序盤に大量リードを築いてくれたのですが、セーフティカーによってそれが無くなってしまってすごいプレッシャーでした。そして2位の山本さんがガンガン来て本当に厳しい展開でしたが、マシンもタイヤもパフォーマンスが素晴らしかったので、絶対に抜かれないという気持ちで最後まで頑張りました」


伊沢拓也選手「ホンダさんをはじめ、チーム、そしてブリヂストンさんがサポートしてくれて、スタートから飛ばすことができました。本当にマシンとタイヤは快調でした。セーフティカーでリードが無くなってしまいましたけれど、野尻が頑張ってトップの座を守ってくれました。久しぶりに勝てて本当に嬉しいです。ありがとうございました」


<ブリヂストン MSタイヤ開発部マネージャー:松本真幸のコメント>
「天候に恵まれ、そして気温が例年行われている8月と比較して低い状況だったこともあり、コースレコードタイムが一気に更新されました。その中でもブリヂストンタイヤを装着したNSXの速さは素晴らしかったと思います。決勝でも安定したパフォーマンスで終始トップを快走したARTAチーム、優勝おめでとうございます。NSX以外にも3位に入ったLEXUS LC500、4位の日産GT-Rとブリヂストンが車種を問わず優位性を示すことができました」

8_1.jpg

レース結果

コース:鈴鹿サーキット

[GT500]

決勝

  • 開催日:2018/05/20
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 路面温度:34°C〜30°C
  • 決勝出走:15
  • 完走:13
  • (5.807km x 52laps = 301.964km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 8 野尻 智紀/伊沢 拓也 BS Bridgestone ARTA NSX-GT 52 1:46:39.770
2 100 山本 尚貴/J.バトン BS Bridgestone RAYBRIG NSX-GT 52 1:46:42.563
3 1 平川 亮/N.キャシディ BS Bridgestone KeePer TOM'S LC500 52 1:46:51.157
4 12 佐々木 大樹/J.マーデンボロー BS Bridgestone カルソニック IMPUL GT-R 52 1:47:17.858
5 36 中嶋 一貴/関口 雄飛 BS Bridgestone au TOM'S LC500 52 1:47:18.474
6 23 松田 次生/R.クインタレッリ MI MOTUL AUTECH GT-R 52 1:47:20.523
7 3 本山 哲/千代 勝正 MI CRAFTSPORTS MOTUL GT-R 52 1:47:44.580
8 38 立川 祐路/石浦 宏明 BS Bridgestone ZENT CERUMO LC500 52 1:47:45.157
9 24 J.P.デ・オリベイラ/高星 明誠 YH フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R 52 1:47:45.328
10 64 B.バゲット/松浦 孝亮 DL Epson Modulo NSX-GT 52 1:47:45.865
11 17 塚越 広大/小暮 卓史 BS Bridgestone KEIHIN NSX-GT 52 1:47:57.257
12 6 大嶋 和也/J.ロシター BS Bridgestone WAKO'S 4CR LC500 52 1:47:57.836
13 19 国本 雄資/山下 健太 YH WedsSport ADVAN LC500 52 1:48:12.597
14 16 武藤 英紀/中嶋 大祐 YH MOTUL MUGEN NSX-GT 23 DNF
15 39 H.コバライネン /小林 可夢偉 BS Bridgestone DENSO KOBELCO SARD LC500 12 DNF
[GT500]

予選

  • 開催日:2018/05/19
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 路面温度:36°C〜28°C
  • 決勝出走:15
  • (5.807km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 8 野尻 智紀/伊沢 拓也 BS Bridgestone ARTA NSX-GT 1:44.319
2 100 山本 尚貴/J.バトン BS Bridgestone RAYBRIG NSX-GT 1:44.473
3 17 塚越 広大/小暮 卓史 BS Bridgestone KEIHIN NSX-GT 1:44.834
4 1 平川 亮/N.キャシディ BS Bridgestone KeePer TOM'S LC500 1:45.181
5 64 B.バゲット/松浦 孝亮 DL Epson Modulo NSX-GT 1:45.202
6 12 佐々木 大樹/J.マーデンボロー BS Bridgestone カルソニック IMPUL GT-R 1:45.351
7 16 武藤 英紀/中嶋 大祐 YH MOTUL MUGEN NSX-GT 1:46.405
8 36 中嶋 一貴/関口 雄飛 BS Bridgestone au TOM'S LC500 1:59.203
9 19 国本 雄資/山下 健太 YH WedsSport ADVAN LC500 1:45.934
10 38 立川 祐路/石浦 宏明 BS Bridgestone ZENT CERUMO LC500 1:45.987
11 24 J.P.デ・オリベイラ/高星 明誠 YH フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R 1:46.013
12 3 本山 哲/千代 勝正 MI CRAFTSPORTS MOTUL GT-R 1:46.018
13 39 H.コバライネン /小林 可夢偉 BS Bridgestone DENSO KOBELCO SARD LC500 1:46.211
14 6 大嶋 和也/J.ロシター BS Bridgestone WAKO'S 4CR LC500 1:46.287
15 23 松田 次生/R.クインタレッリ MI MOTUL AUTECH GT-R 1:46.306