中嶋一貴/関口雄飛(au TOM’S LC500/BS)がシリーズ最長の500マイルレースで今季初勝利。トップ5までをブリヂストン装着チームが独占

  • 開催場所:富士スピードウェイ
  • 開催日:2018年08月04日(土) 〜 2018年08月05日(日)
36and1.jpg

2018年オートバックスSUPER GTシリーズ第5戦は、今シーズン2度目の富士スピードウェイで行われ、決勝日に38,300人の観衆を集めた。今回の走行距離は500マイル(約800キロ)。2018年シーズン最長のレースは灼熱の夏のドラマチックな展開の中で中嶋/関口(au TOM’S LC500/BS)が3番手グリッドからスタートし、ピットインのタイミングで順位を入れ替えながらトップ争いを演じ終盤戦に突入、最終ピットストップの際にトップに立ち、そのままチームメイトの平川亮/N.キャシディ(KeePer TOM’S LC500/BS)を従えて優勝。トムスチームは、国内トップツーリングカーシリーズで初のチーム1-2フィニッシュを果たした。

<予選>
気温31度、路面温度44度から予選のセッションが開始された。路面温度50度を超えることも予想されたが、やや低めのコンディションの中行われた予選だった。Q1で3番手につけた中嶋/関口組は、Q2でもトヨタレクサス勢のトップ、3番手を堅持して決勝に進むこととなった。ブリヂストンを装着する佐々木大樹/J.マーデンボロー(カルソニック IMPUL GT-R/BS)が5番手。ホンダNSX-GTの予選トップは第3戦の鈴鹿を制している野尻智紀/伊沢拓也(ATRA NSX-GT/BS)。ポールポジションは松田次生/R.クインタレッリ(MOTUL AUTHECH GT-R/MI)だった。

36and12.jpg

<決勝>
今回の500マイルレース(177周)では、4回のピットストップが義務づけられた。最初のスティントで中嶋/関口組は2位へ順位アップし、トップの松田/クインタレッリ組へ迫った。一旦トップに立つがピット作業に手間取って順位を下げてしまった。しかし、挽回して再びトップグループの一角を占めてレースは進行していった。佐々木/マーデンボロー組が55周目にトップに立ち、それ以降は松田/クインタレッリ組との攻防を制した中嶋/関口組が追いかける展開となっていく。しかし最終ピットストップのタイミングで佐々木/マーデンボロー組がインタークーラーのパイプが外れるトラブルでスローダウン。順位が逆転した。安定したペースで3位へ上がってきた平川/キャシディ組も2位へ上がり、トムスチームの1-2フォーメーションでチェッカードフラッグをかいくぐった。3位には予選でトラブルによって出走できず、14番手から追い上げてきた塚越広大/小暮卓史(KEIHIN NSX-GT/BS)が入った。

500podium2.jpg

<ドライバーコメント>
中嶋一貴選手「勝つことができてホッとしています。雄飛(関口)とのコンビでは初優勝ですし、トムスとしても初の1-2フィニッシュで、チームにとってもうれしい週末になりました。終盤までトップを走っていたGT-Rには申し訳ない気持ちもありますが、僕たちのクルマの速さは彼らと同等か、部分的には上回っていたと思っています。ピット作業で遅れた時には、少しガッカリしました。正直、最後に雄飛に替わった時には、2位でも仕方ないのかな・・・と思ったりもしました。雄飛にはこれまで不運続きでしたが最後まで諦めずに走ろうとしたことで、ご褒美として1位が手に入ったんだと思います。残り3戦ですが、ここから勝負に行きたいですね」

関口雄飛選手「今年からトムスに移籍してきて今回が初優勝、というか初めての表彰台なのでとても嬉しいです。チームも初の1-2フィニッシュということで本当に良かったです。ピット作業でのタイムロスは人間なのでミスもある、仕方ない、と思っています。怒ったところでロスした時間が取り戻せるわけじゃないですからね。それよりも少しでも追い上げて行こうと気持ちを切り替えました。クルマもタイヤも最後まで調子は良かったです。次回からはウェイトハンディが50kgを超えるので燃料流量リストリクターが絞られることになります。GT500で走るようになってから6シーズン目、燃リスが絞られるのは初めて。だからちょっと興味があるというか楽しみな部分もあります。次戦の菅生は燃リスの影響が少ないコースなので、上位を狙いたいですね」

<ブリヂストン MSタイヤ開発部マネージャー:松本真幸のコメント>
「今回準備したタイヤが予選でライバルに対して劣勢だったので、外してしまったかなと不安もありましたが、決勝においては予想通りのパフォーマンスを発揮し、供給しているメーカー全てで安定した速さを示すことができました。厳しいコンディション下で優位性を発揮できたと思っています。トムスさんの初1-2フィニッシュをサポートできたことを嬉しく思います。またチームインパルさんのGT-Rは本当に残念でした。次戦の菅生ではまだハンディウエイトも少ないですから健闘していただけると信じています。そして、菅生ではNSXも速いので再び上位独占を目指します」

レース結果

コース:富士スピードウェイ

[GT500]

決勝

  • 開催日:2018/08/05
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Dry
  • 路面温度:47℃〜34℃
  • 決勝出走:15
  • 完走:15
  • (4.563km x 177laps = 807.651km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 36 中嶋 一貴/関口 雄飛 BS Bridgestone au TOM'S LC500 177 4:40:08.601
2 1 平川 亮/N.キャシディ BS Bridgestone KeePer TOM'S LC500 177 +1.564
3 17 塚越 広大/小暮 卓史 BS Bridgestone KEIHIN NSX-GT 177 +21.184
4 8 野尻 智紀/伊沢 拓也 BS Bridgestone ARTA NSX-GT 177 +26.906
5 100 山本 尚貴/J.バトン BS Bridgestone RAYBRIG NSX-GT 177 +32.197
6 24 J.P.デ・オリベイラ/高星 明誠 YH フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R 177 +52.449
7 6 大嶋 和也/F.ローゼンクヴィスト BS Bridgestone WAKO'S 4CR LC500 177 +56.084
8 38 立川 祐路/石浦 宏明 BS Bridgestone ZENT CERUMO LC500 177 +1:22.587
9 23 松田 次生/R.クインタレッリ MI MOTUL AUTECH GT-R 177 +1:23.911
10 19 国本 雄資/山下 健太 YH WedsSport ADVAN LC500 176
11 39 H.コバライネン /小林 可夢偉 BS Bridgestone DENSO KOBELCO SARD LC500 176
12 12 佐々木 大樹/J.マーデンボロー BS Bridgestone カルソニック IMPUL GT-R 175
13 64 B.バゲット/松浦 孝亮 DL Epson Modulo NSX-GT 166
14 16 武藤 英紀/中嶋 大祐 YH MOTUL MUGEN NSX-GT 162
15 3 本山 哲/千代 勝正 MI CRAFTSPORTS MOTUL GT-R 139
[GT500]

予選

  • 開催日:2018/08/04
  • 天候:Fine-Cloudy
  • 路面:Dry
  • 路面温度:44℃〜42℃
  • (4.563km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 23 松田 次生/R.クインタレッリ MI MOTUL AUTECH GT-R 4 1:28.461
2 24 J.P.デ・オリベイラ/高星 明誠 YH フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R 4 1:28.493
3 36 中嶋 一貴/関口 雄飛 BS Bridgestone au TOM'S LC500 5 1:28.749
4 3 本山 哲/千代 勝正 MI CRAFTSPORTS MOTUL GT-R 4 1:28.872
5 12 佐々木 大樹/J.マーデンボロー BS Bridgestone カルソニック IMPUL GT-R 5 1:29.068
6 19 国本 雄資/山下 健太 YH WedsSport ADVAN LC500 5 1:29.222
7 1 平川 亮/N.キャシディ BS Bridgestone KeePer TOM'S LC500 4 1:29.430
8 8 野尻 智紀/伊沢 拓也 BS Bridgestone ARTA NSX-GT 3 1:29.563
9 100 山本 尚貴/J.バトン BS Bridgestone RAYBRIG NSX-GT 5 1:29.464
10 64 B.バゲット/松浦 孝亮 DL Epson Modulo NSX-GT 4 1:29.482
11 39 H.コバライネン /小林 可夢偉 BS Bridgestone DENSO KOBELCO SARD LC500 5 1:29.670
12 16 武藤 英紀/中嶋 大祐 YH MOTUL MUGEN NSX-GT 3 1:29.683
13 6 大嶋 和也/F.ローゼンクヴィスト BS Bridgestone WAKO'S 4CR LC500 5 1:30.033
- 17 塚越 広大/小暮 卓史 BS Bridgestone KEIHIN NSX-GT DNS
- 38 立川 祐路/石浦 宏明 BS Bridgestone ZENT CERUMO LC500 DNS