平川亮/ニック・キャシディ(KeePer TOM’S LC500/BS)が逆転勝利。前戦優勝の山本尚貴/ジェンソン・バトン(RAYBRIG NSX-GT/BS)と同ポイントでトップに並ぶ

  • 開催場所:オートポリス
  • 開催日:2018年10月20日(土) 〜 2018年10月21日(日)
rd7 ap podium1.jpg

九州のオートポリスで開催された2018年オートバックスSUPER GTシリーズ第7戦は、決勝日に20,380人の観衆を集めた。5番手から決勝をスタートした平川亮/ニック・キャシディ(KeePer TOM’S LC500/BS)は、レース序盤から積極的な展開で順位アップ。ピットイン後にチームメイトの中嶋一貴/関口雄飛(au TOM’S LC500/BS)と1-2態勢を築き、65周レースの60周目にトップに立って今季初勝利をマークした。


<予選>
秋の気候となった阿蘇の外輪山に位置するオートポリスは、予選日の午前中は、気温が低く路面温度もかなり低かった。各チームは予選前の最後のセットアップを行うべく走行を繰り返すがタイヤのグリップが得られずに、セットアップも思うように進まない状況だった。午後の予選では気温が上昇、路面温度も30度以上に上がり、想定した路面温度域となった。予選を席巻したのはホンダNSX-GTのブリヂストン装着車だった。第3戦鈴鹿で優勝した野尻智紀/伊沢拓也(ARTA NSX-GT/BS)が、コースレコードを更新する圧倒的な速さでポールポジションを獲得、トップ3は同じくブリヂストンタイヤ装着のNSX勢。その後ろに中嶋/関口組と平川/キャシディ組が続いてブリヂストンユーザーがトップ5を占めた。



rd7 ap 1_3.jpg

<決勝>
決勝日は、素晴らしい初秋の天候に恵まれた。決勝のスタート前、既に予選日よりも気温、路面温度が上回る状況となっていた。トップグループの中で4番手スタートの中嶋/関口組がスタート直後に山本/バトン組をパス。なおも前を行く塚越広大/小暮卓史(KEIHIN NSX-GT/BS)に激しく迫って行った。序盤からペースが上がらない塚越/小暮組を11周目に、トップの野尻/伊沢組を12周目に抜き去ってトップに立つと2位以下を引き離していった。コースサイドで1台がスピン、ストップしてしまってセーフティカーがコースイン。一旦は築き上げたリードがなくなってしまったが、中嶋/関口組はセーフティカーランの終りから即、再びリードを築き上げていった。各車ピットインを開始した際に平川/キャシディ組が順位をアップして2位に上がり、トムスチームの1-2体制となった。終盤にトップ2台は接近。そして60周目に順位が逆転した。ポイントリーダーで第7戦に臨んだ山本/バトン組が5位フィニッシュして、平川/キャシディ組と67ポイントで並び最終戦を迎えることとなった。

rd7 ap 36_1.jpg

<ドライバーコメント>
平川亮選手「予選でNSXが凄く速く、決勝でも厳しい展開かなと思っていたので、結果的にトムスチームの1-2で終わることができたので最高ですね。チームはもちろんですが、LEXUS、TRDそして、ブリヂストンタイヤに感謝したいです。LEXUSが上位を独占でき、戦略的にもうまく行き、ピットイン後にNSXの前に出られた。これでランキングポイントが同点でトップになれたので、最終戦もこの勢いて行きたいですね」


ニック・キャシディ選手「優勝できるなんて最高の決勝だった。チーム、TRD、ブリヂストンのおかげだと思っている。タイトルを争っている100号車のRAYBRIG NSXをパスできたのは良かったけれど、決してリスクは負わないように落ち着いて周回を重ねて、そしてパスすることができた。ランキングトップに返り咲くことができ、最高の気分だ。チャンピオン連覇のためにこの勢いで最終戦に臨める」

<ブリヂストン MSタイヤ開発部マネージャー:松本真幸のコメント>
「トムスチームの1-2フィニッシュおめでとうございます。決勝でレクサス勢が順位アップできたのは、NSXと比較してやや硬めのタイヤチョイスをしたことによります。一方今回GT-Rが不調であったことが気になります。GT-Rは、オートポリスにおける事前テストが好調だっただけに残念です。2つのブリヂストンユーザーチームが同ポイントで最終戦に臨みます。平川/キャシディ組のチャンピオン連覇、あるいは久々のNSXチャンピオン獲得をサポートできる可能性が高まってきました。最終戦のもてぎもしっかりと戦いたいと考えています」

rd7 ap 1_2.jpg

レース結果

コース:オートポリス

[GT500]

決勝

  • 開催日:2018/10/21
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 路面温度:36
  • 決勝出走:15
  • 完走:15
  • (4.674km x 65laps = 303.81km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 1 平川 亮/N.キャシディ BS Bridgestone KeePer TOM'S LC500 65 1:56:02.296
2 36 中嶋 一貴/関口 雄飛 BS Bridgestone au TOM'S LC500 65 +0.436
3 19 国本 雄資/山下 健太 YH WedsSport ADVAN LC500 65 +12.614
4 38 立川 祐路/石浦 宏明 BS Bridgestone ZENT CERUMO LC500 65 +21.331
5 100 山本 尚貴/J.バトン BS Bridgestone RAYBRIG NSX-GT 65 +21.628
6 17 塚越 広大/小暮 卓史 BS Bridgestone KEIHIN NSX-GT 65 +32.944
7 24 J.P.デ・オリベイラ/高星 明誠 YH フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R 65 +37.072
8 39 H.コバライネン /小林 可夢偉 BS Bridgestone DENSO KOBELCO SARD LC500 65 +45.462
9 6 大嶋 和也/F.ローゼンクヴィスト BS Bridgestone WAKO'S 4CR LC500 65 +48.517
10 64 B.バゲット/松浦 孝亮 DL Epson Modulo NSX-GT 65 +1:00.596
11 12 佐々木 大樹/J.マーデンボロー BS Bridgestone カルソニック IMPUL GT-R 65 +1:04.447
12 8 野尻 智紀/伊沢 拓也 BS Bridgestone ARTA NSX-GT 65 +1:12.433
13 3 本山 哲/千代 勝正 MI CRAFTSPORTS MOTUL GT-R 65 +1:18.125
14 16 武藤 英紀/中嶋 大祐 YH MOTUL MUGEN NSX-GT 64
15 23 松田 次生/R.クインタレッリ MI MOTUL AUTECH GT-R 64
[GT500]

予選

  • 開催日:2018/10/20
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 路面温度:34度C〜30度C
  • 決勝出走:15
  • (4.674km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 8 野尻 智紀/伊沢 拓也 BS Bridgestone ARTA NSX-GT 1:31.441
2 17 塚越 広大/小暮 卓史 BS Bridgestone KEIHIN NSX-GT 1:31.989
3 100 山本 尚貴/J.バトン BS Bridgestone RAYBRIG NSX-GT 1:32.151
4 36 中嶋 一貴/関口 雄飛 BS Bridgestone au TOM'S LC500 1:32.563
5 1 平川 亮/N.キャシディ BS Bridgestone KeePer TOM'S LC500 1:32.733
6 16 武藤 英紀/中嶋 大祐 YH MOTUL MUGEN NSX-GT 1:33.150
7 64 B.バゲット/松浦 孝亮 DL Epson Modulo NSX-GT 1:33.184
8 38 立川 祐路/石浦 宏明 BS Bridgestone ZENT CERUMO LC500 1:33.323
9 6 大嶋 和也/F.ローゼンクヴィスト BS Bridgestone WAKO'S 4CR LC500 1:33.527
10 19 国本 雄資/山下 健太 YH WedsSport ADVAN LC500 1:33.530
11 12 佐々木 大樹/J.マーデンボロー BS Bridgestone カルソニック IMPUL GT-R 1:33.638
12 39 H.コバライネン /小林 可夢偉 BS Bridgestone DENSO KOBELCO SARD LC500 1:33.807
13 24 J.P.デ・オリベイラ/高星 明誠 YH フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R 1:33.994
14 23 松田 次生/R.クインタレッリ MI MOTUL AUTECH GT-R 1:34.055
15 3 本山 哲/千代 勝正 MI CRAFTSPORTS MOTUL GT-R 1:34.695