大嶋和也/山下健太(WAKO’S 4CR LC500/BS)が第4戦のチャンインターナショナルサーキットでポールtoウィン。チームにとって6年ぶりの栄冠

  • 開催場所:チャン・インターナショナルサーキット
  • 開催日:2019年06月29日(土) 〜 2019年06月30日(日)
6_podium.jpg

シリーズ唯一の海外戦、タイ・ブリラムのチャンインターナショナルサーキットで第4戦が開催された。これまでレクサスと相性の良いサーキットであり、今年も予選でポールポジションを得た大嶋和也/山下健太(WAKO’S 4CR LC500/BS)と共に順位アップしてきた中嶋一貴/関口雄飛(au TOM’S LC500/BS)と平川亮/ニック・キャシディ(KeePer TOM’S LC500/BS)がトップ3を形成。一旦トップを奪われた大嶋/山下組がピットインのタイミングでトップを奪い返し、平川/キャシディ組の追撃を退けて優勝した。

<予選>
例年のタイラウンドに比べると気温、路面温度共にやや低め。とはいえ40℃以上の路面温度状況の中でのタイムアタックとなった。Q1では開幕戦の岡山を制した野尻智紀/伊沢拓也(ARTA NSX-GT/BS)がトップタイムを叩き出し、これに3号車の平手晃平/フレデリック・マコヴィッキ(CRAFTSPORTS MOTUL GT-R/MI)が2番手につける展開で、さらに第3戦の鈴鹿でポールtoウィンを飾った中嶋/関口(au TOM’S LC500/BS)が3番手につけた。しかしQ2で一気にタイムを伸ばしたのは、Q1を最終枠8番手で通過した大嶋/山下(WAKO’S 4CR LC500/BS)だった。山下がコースレコードタイムを更新。2番手に国本雄資/坪井翔(WedsSport ADVAN LC500/YH)そして、平手/マコヴィッキ組が3番手となった。

<決勝>
この週末一番の暑さとなった決勝日。
ポールスタートの大嶋/山下組はスタートでトップをキープ。その背後で4番手スタートの中嶋/関口組がスタートで一つ、そして6周目に2位へ上がるとトップに一気に迫った。そして29周目トップへ躍り出て30周してトップ2がピットイン。作業が早かった大嶋/山下組が先にコースインしトップへ返り咲いた。序盤に8位まで順位を落としていた平川/キャシディ組はピットインを終えて一気に順位を上げて3番手に上がっていた。アクシデントでコース上に止まったマシンがありセーフティカーが3周に渡って入りレースが再開された直後、トムスチームの2台が接触、中嶋/関口組が後退。平川/キャシディ組はトップへ迫りサイドバイサイドのバトルが展開されたが最後は大嶋/山下組が突き放しトップを守ってゴール。チームにとっては2013年以来の勝利となった。

6_2.jpg

<優勝ドライバーのコメント>
大嶋和也選手のコメント「最後に勝ったのは2013年で、それからは苦戦することが多く、また最近ではいいレースをすることも多くなったものの、やはりなかなか勝つことができませんでした。だから今日こうして6年ぶりに勝つことができて、また今の体制で初めての優勝を飾ることができ、本当に嬉しいです」


山下健太選手のコメント「前半の大嶋選手の走行を見ていて、ペース的に厳しいのは覚悟していました。ピットの作業がものすごく早くてトップで送り出してもらったので、これは『絶対にトップを守らなきゃいけない』と思ってプレッシャーもありましたが、優勝できて嬉しいです。本当にチームに感謝しています」


<ブリヂストン MSタイヤ開発部マネージャー:松本真幸のコメント>
「またしてもレクサスさんとブリヂストンのパッケージが勝利を得ることができました。実に4年連続です。今回も優位性を十分に発揮することができました。チームルマンさんとトムスさんの2台はウェイトハンディが苦しいかなと思っていたのですが、予選からハンディを感じさせないペースで走っているのを見て、ライバルタイヤメーカーに対しても良いタイヤを準備できたと思います。他のNSXとGT-Rが振るわなかった点については、日本に帰ってから分析をし、次戦の富士500マイルに備えたいと思います」

レース結果

コース:チャン・インターナショナルサーキット

[GT500]

決勝

  • 開催日:2019/06/30
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 路面温度:48℃〜44℃
  • 決勝出走:15
  • 完走:13
  • (4.554km x 66laps = 300.564km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 6 大嶋 和也/山下 健太 BS Bridgestone WAKO'S 4CR LC500 66 1:44:12.812
2 37 平川 亮/N.キャシディ BS Bridgestone KeePer TOM'S LC500 66 +1.236
3 19 国本 雄資/坪井 翔 YH WedsSport ADVAN LC500 66 +10.249
4 24 高星 明誠/J.マーデンボロー YH リアライズコーポレーションADVAN GT-R 66 +10.743
5 39 H.コバライネン/中山 雄一 BS Bridgestone DENSO KOBELCO SARD LC500 66 +18.435
6 3 平手 晃平/F.マコヴィッキィ MI CRAFTSPORTS MOTUL GT-R 66 +23.668
7 38 立川 祐路/石浦 宏明 BS Bridgestone ZENT CERUMO LC500 66 +26.457
8 12 佐々木 大樹/J.ロシター BS Bridgestone カルソニック IMPUL GT-R 66 +32.712
9 36 中嶋 一貴/関口 雄飛 BS Bridgestone au TOM'S LC500 66 +33.212
10 64 N.カーティケヤン/牧野 任祐 DL Modulo Epson NSX-GT 66 +1:25.917
11 23 松田 次生/R.クインタレッリ MI MOTUL AUTECH GT-R 66 +1:28.681
12 1 山本 尚貴/J.バトン BS Bridgestone RAYBRIG NSX-GT 52
13 17 塚越 広大/B.バゲット BS Bridgestone KEIHIN NSX-GT 51
- 16 武藤 英紀/中嶋 大祐 YH MOTUL MUGEN NSX-GT 36 DNF
- 8 野尻 智紀/伊沢 拓也 BS Bridgestone ARTA NSX-GT 35 DNF
[GT500]

予選

  • 開催日:2019/06/29
  • 天候:Cloudy-Fine-Cloudy
  • 路面:Dry
  • 路面温度:40℃〜45℃
  • 決勝出走:15
  • (4.554km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 6 大嶋 和也/山下 健太 BS Bridgestone WAKO'S 4CR LC500 1:23.260
2 19 国本 雄資/坪井 翔 YH WedsSport ADVAN LC500 1:23.350
3 3 平手 晃平/F.マコヴィッキィ MI CRAFTSPORTS MOTUL GT-R 1:23.455
4 36 中嶋 一貴/関口 雄飛 BS Bridgestone au TOM'S LC500 1:23.457
5 37 平川 亮/N.キャシディ BS Bridgestone KeePer TOM'S LC500 1:23.471
6 24 高星 明誠/J.マーデンボロー YH リアライズコーポレーションADVAN GT-R 1:23.646
7 1 山本 尚貴/J.バトン BS Bridgestone RAYBRIG NSX-GT 1:23.736
8 8 野尻 智紀/伊沢 拓也 BS Bridgestone ARTA NSX-GT 1:23.809
9 12 佐々木 大樹/J.ロシター BS Bridgestone カルソニック IMPUL GT-R 1:24.191
10 23 松田 次生/R.クインタレッリ MI MOTUL AUTECH GT-R 1:24.288
11 39 H.コバライネン/中山 雄一 BS Bridgestone DENSO KOBELCO SARD LC500 1:24.327
12 17 塚越 広大/B.バゲット BS Bridgestone KEIHIN NSX-GT 1:24.354
13 16 武藤 英紀/中嶋 大祐 YH MOTUL MUGEN NSX-GT 1:24.580
14 64 N.カーティケヤン/牧野 任祐 DL Modulo Epson NSX-GT 1:24.780
15 38 立川 祐路/石浦 宏明 BS Bridgestone ZENT CERUMO LC500 1:24.903