新田守男/阪口晴南(K-tunes RC F GT3/BS)が開幕戦に続いて第3戦の鈴鹿を制して2勝目

  • 開催場所:鈴鹿サーキット
  • 開催日:2019年05月25日(土) 〜 2019年05月26日(日)
GT300_suzuka.jpg

第3戦の鈴鹿は、コーナリングに優れるマザーシャシー(MC)、JAF-GTの車両に対してFIA GT3マシンはやや不利という前評判があったが、それを覆す作戦で開幕戦に優勝している新田守男/阪口晴南(K-tunes RC F GT3/BS)が、厳しいコンディションの状況下で絶妙なタイヤチョイスと作戦で2勝目を記録してランキングトップに躍り出た。今シーズン、開幕戦、第2戦で連続して2位を記録している高木真一/福住仁嶺(ARTA NSX GT3/BS)は、今回6位に入ってポイント加算。ランキング2位となっている。

<予選>
予選日、決勝日ともに記録的な高温が予想された第3戦では、高い路面温度に対応できるタイヤチョイスがキーファクターだった。予想通りにマザーシャシー(MC)の松井孝充/佐藤公哉(HOPPY 86 MC/YH)がポールポジションを獲得。同じくMCの坂口夏月/平木湧也(ADVICS マッハ車検 MC86 マッハ号/YH)が3番手、JAF-GTの井口卓人/山内英輝(SUBARU BRZ R&D SPORT/DL)が4番手に着けた。そして、新田/阪口組が2番手タイムをひねり出して、フロントローに位置して決勝を迎えることとなった。他のブリヂストンユーザーは、高木/福住組が9番手、嵯峨宏紀/中山友貴組(TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT)が13番手、2018チャンピオンの黒澤治樹/蒲生尚弥(LEON PYRAMID AMG/BS)が22番手、脇阪薫一/吉田広樹(埼玉トヨペットGB マークX MC)が25番手から決勝をスタートすることとなった。

<決勝>
決勝直前のウォームアップ走行でアクシデントが起きた。黒澤/蒲生組の右フロントのホイールナットが外れかかって、コース上にストップ。このトラブルで修理作業に時間がかかり、ピットスタートとなってしまった。トップの松井/佐藤組は、タイヤ無交換作戦が予想された。新田/阪口組は、2位をキープして序盤戦を走行。500クラスのマシンがクラッシュしてセーフティカーがコースイン、以後レースが再開されるとともにピットイン、タイヤを4本交換、ドライバー交代してレースに復帰した。迅速なピット作業で大きくタイムロスすることなく、タイヤ無交換作戦のトップ松井/佐藤組に続いて2位をキープ。タイヤの摩耗に苦しむトップに対して、コンディションの良いタイヤで差を詰めて行った新田/阪口組は残り8周で待望のトップへ。その後は、追いすがるMCやJAF-GTを引き離してゴール。残り3周となった時点で、高木/福住組が6位に順位アップして5ポイントを獲得している。

GT300_suzuka3.jpg

<ドライバーのコメント>
新田守男選手のコメント「決勝日も同じように路面温度が高くなると予測されていたので、それに合わせたタイヤを選んで予選を走っていました。でも、路温が上がらず決勝は10度くらい低かった。だからスタート以降は厳しい走りになることは覚悟していましたけれど、意外に大きく離されることもなかった。MC勢がタイヤ無交換をやることは分かっていたので、自分たちのタイムロスをどれだけ挽回できるか考えて、(阪口)晴南が走る後半のタイヤを決めました。晴南が走り始めてからは、いいパフォーマンスを見せてくれたので安心しました。ブリヂストンの見事なパフォーマンスで、思っていた以上に早くトップ(の25号車)に追いつくことができました」

阪口晴南選手のコメント「開幕戦でも勝っていますが、あの時はレースが短縮されて僕自身は乗っていませんでした。今日は自分も走って思いっきりプッシュ。疲労感と達成感を感じています。レース前半は、厳しそうでしたが新田さんが粘って走っているのは分かって、凄いなあと見ていました。そして新田さんからのアドバイスで選んだタイヤに交換することになりました。このタイヤチョイスはとてもいい選択でした。アウトラップから速く走れたのですが、そのままフルプッシュし続けると最後に厳しくなるかもしれないと思い、80%から90%でプッシュしていきました。ピットからトップとの差を聞きながら、影山監督からは、追いついたら後ろについて様子を見るのではなくスパッと抜くように、とアドバイスされていましたが、その通りに一気に抜くことができました。逆転した後ぐんぐん離すことができ、ここで優勝できると確信しました」


<ブリヂストン MSタイヤ開発部マネージャー:松本真幸のコメント>
「GT500クラスと同じく、GT300クラスでも厳しい状況の中でパフォーマンスをちゃんと発揮できたと思います。ライバル達はタイヤ無交換、または2本交換でピットストップのロスタイムを短縮してくるのは予想していましたが、K-tunesさんは本来のセオリーである4本交換で堂々と勝利してくれました。タイヤのチョイスも作戦もベストでした。そして、ARTAさんの頑張りでシーズンの序盤でランキング1-2を達成しています。これを維持できるようにサポートしてまいります」

レース結果

コース:鈴鹿サーキット

[GT300]

決勝

  • 開催日:2019/05/26
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 路面温度:42℃〜40℃
  • 決勝出走:29
  • 完走:28
  • (5.807km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 96 新田 守男/阪口 晴南 BS Bridgestone K-tunes RC F GT3 49 1:48:35.123
2 5 坂口 夏月/平木 湧也 YH ADVICS マッハ車検 MC86 マッハ号 49 1:48:58.128
3 61 井口 卓人/山内 英輝 DL SUBARU BRZ R&D SPORT 49 1:48:59.062
4 4 谷口 信輝/片岡 龍也 YH グッドスマイル 初音ミク AMG 49 1:49:00.154
5 25 松井 孝允/佐藤 公哉 YH HOPPY 86 MC 49 1:49:07.467
6 55 高木 真一/福住 仁嶺 BS Bridgestone ARTA NSX GT3 49 1:49:07.492
7 34 道上 龍/大津 弘樹 YH Modulo KENWOOD NSX GT3 49 1:49:14.285
8 21 R.ライアン/富田 竜一郎 YH Hitotsuyama Audi R8 LMS 49 1:48:21.712
9 11 平中 克幸/安田 裕信 DL GAINER TANAX GT-R 49 1:49:23.366
10 60 吉本 大樹/宮田 莉朋 DL SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 49 1:49:25.423
11 31 嵯峨 宏紀/中山 友貴 BS Bridgestone TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 49 1:49:26.131
12 10 星野 一樹/石川 京侍 YH GAINER TANAX triple a GT-R 48 1:47:21.680
13 720 荒 聖治/A.パロウ YH Mclaren 720S 48 1:47:32.443
14 65 黒澤 治樹/蒲生 尚弥 BS Bridgestone LEON PYRAMID AMG 48 1:47:33.182
15 18 小林 崇志/松浦 孝亮 YH UPGARAGE NSX-GT3 48 1:47:37.127
16 35 N.ホートンカム/S.ウォーキンショー YH arto RC F GT3 48 1:47:42.833
17 87 高橋 翼/A.クート YH T-DASH ランボルギーニGT3 48 1:48:00.514
18 56 平峰 一貴/S.フェネストラズ YH リアライズ日産自動車大学校 GT-R 48 1:48:10.593
19 88 小暮 卓史/元嶋 佑弥 YH マネバ ランボルギーニGT3 48 1:48:11.749
20 360 青木 孝行/柴田 優作 YH RUNUP RIVAUX GT-R 48 1:48:19.570
21 30 永井 宏明/織戸 学 YH TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 48 1:48:29.567
22 9 横溝 直輝/峰尾 恭輔 YH PACIFIC MIRAI AKARI NAC PORSCHE 48 1:48:31.177
23 2 高橋 一穂/加藤 寛規 YH シンティアム・アップル・ロータス 48 1:48:31.809
24 50 加納 政樹/山下 亮生 YH ARNAGE AMG GT3 48 1:48:41.370
25 48 田中 勝輝/飯田 太陽 YH 植毛GO&FUN GT-R 48 1:48:49.736
[GT300]

予選

  • 開催日:2019/05/25
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 路面温度:48℃〜41℃
  • 決勝出走:29
  • (5.807km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 25 松井 孝允/佐藤 公哉 YH HOPPY 86 MC 1:57.008
2 96 新田 守男/阪口 晴南 BS Bridgestone K-tunes RC F GT3 1:57.134
3 5 坂口 夏月/平木 湧也 YH ADVICS マッハ車検 MC86 マッハ号 1:57.571
4 61 井口 卓人/山内 英輝 DL SUBARU BRZ R&D SPORT 1:57.587
5 10 星野 一樹/石川 京侍 YH GAINER TANAX triple a GT-R 1:57.609
6 4 谷口 信輝/片岡 龍也 YH グッドスマイル 初音ミク AMG 1:57.909
7 34 道上 龍/大津 弘樹 YH Modulo KENWOOD NSX GT3 1:57.935
8 360 青木 孝行/柴田 優作 YH RUNUP RIVAUX GT-R 1:57.951
9 55 高木 真一/福住 仁嶺 BS Bridgestone ARTA NSX GT3 1:58.343
10 88 小暮 卓史/元嶋 佑弥 YH マネバ ランボルギーニGT3 1:58.435
11 21 R.ライアン/富田 竜一郎 YH Hitotsuyama Audi R8 LMS 1:58.436
12 11 平中 克幸/安田 裕信 DL GAINER TANAX GT-R 1:58.508
13 31 嵯峨 宏紀/中山 友貴 BS Bridgestone TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 1:58.582
14 720 荒 聖治/A.パロウ YH Mclaren 720S 1:59.941
15 33 S.トン/M.リー YH エヴァRT初号機 X Works GT-R 1:59.969
16 2 高橋 一穂/加藤 寛規 YH シンティアム・アップル・ロータス 2:02.727
17 30 永井 宏明/織戸 学 YH TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 1:59.258
18 87 高橋 翼/A.クート YH T-DASH ランボルギーニGT3 1:59.384
19 7 藤井 誠暢/J.P.デ・オリベイラ YH D'station Vantage GT3 1:59.483
20 60 吉本 大樹/宮田 莉朋 DL SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 1:59.582
21 56 平峰 一貴/S.フェネストラズ YH リアライズ日産自動車大学校 GT-R 1:59.684
22 65 黒澤 治樹/蒲生 尚弥 BS Bridgestone LEON PYRAMID AMG 1:59.695
23 18 小林 崇志/松浦 孝亮 YH UPGARAGE NSX-GT3 1:59.887
24 50 加納 政樹/山下 亮生 YH ARNAGE AMG GT3 1:59.901
25 52 脇阪 薫一/吉田 広樹 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB マークX MC 2:00.056