高木真一/福住仁嶺(ARTA NSX GT3/BS)が今季初勝利でランキングトップを守り最終戦でのチャンピオン獲得へ向けて大きくリード

  • 開催場所:スポーツランドSUGO
  • 開催日:2019年09月21日(土) 〜 2019年09月22日(日)
300-1.jpg

2週間のインターバルをおいて第7戦がスポーツランドSUGOで開催された。ウェイトハンディが獲得ポイントと同じとなり、これまでと比較して半減となるが、それでもランキング上位チームにとっては苦しい状況に変わりなかった。ランキングトップの高木真一/福住仁嶺(ARTA NSX GT3/BS)が予選で2番手グリッドを獲得。ウェットコンディションの決勝では序盤からトップに立つと、そのまま首位を守って今季初勝利を飾り、ランキング2位以下に大きく差をつけて最終戦を迎えることとなった。

<予選>
GT300クラスは、Q1を2グループに分けて行った。第6戦を終了した時点のチームランキングの奇数がAグループ、偶数がBグループに分かれて、各グループのトップ8台がQ2へ進出した。まず、Aグループで高木/福住組と蒲生尚弥/菅波冬悟(LEON PYRAMID AMG/BS)がQ2に進出。シリーズの後半戦で一気にランキングトップ争いに名を連ね始めた脇阪薫一/吉田広樹(埼玉トヨペットGB マークX MC/BS)がBグループで出走したが、午前中の練習走行でクラッシュしてしまった影響でQ1敗退。同じくBグループの新田守男/阪口晴南(K-tunes RC F GT3/BS)は、練習走行でクラストップタイムをマークして期待されたが、約0.1秒及ばずにQ2進出を逃してしまった。Bグループで唯一Q2進出を果たしたのは、嵯峨宏紀/中山友貴(TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT/BS)。Q2では高木/福住組が2番手。嵯峨/中山組、蒲生/菅波組が12番手、13番手となった。ポールポジションは昨年の同サーキットでポールポジションを獲得している井口卓人/山内英輝(SUBARU BRZ R&D SPORT/DL)。

300-2.jpg

<決勝>
台風の影響によってスタート直前から雨が降り始めてウェットコンディションとなったが、雨量が少なく、グリッド上位陣の中でもタイヤチョイスが別れた。濡れた路面のためにセーフティカースタートとなり、4周目からレースが開始された。スリックタイヤをチョイスしたポールポジションスタートの井口/山内組は、降り続く雨の中で苦しい展開となった。高木/福住組はウェットタイヤをチョイスしてレース開始直後からトップの座を奪い、ウェットコンディションの中を快走した。その背後では、13番手スタートの蒲生/菅波組が序盤に3位まで順位アップしていた。そして、18番手スタートの新田/阪口組も6番手へと、ブリヂストンユーザーが大きく順位をアップした。レース途中でセーフティカーがコースインするタイミングでも、高木/福住組は直前にピットインを済ませてトップの座は揺るがなかった。セーフティカー導入で大量リードは失ってしまってしまったが、再スタート後も快走して2位以下に15秒以上の大差をつけて優勝。新田/阪口組は、ピットインのタイミングを逸してしまったが追い上げて3位フィニッシュ。ランキング2位はそのままだが、トップとは14.5ポイント差をつけられている。

300-3.jpg

<優勝ドライバーのコメント>
高木真一選手「予選2位からのスタートということで、当然雨の中では有利なポジションだなと思っていました。ポールポジションの61号車、3位の25号車がスリックタイヤを履いているのが分かって、このまま雨が降ればマージンができるなと思っていました。序盤は小雨で、ライン上には乾いた部分もあったので、最初の10周くらいはタイヤを労わりながら、2位の4号車との間隔を見ながらペースを上げたり下げたりしていました。そしてピットインできる最小限の周回数を過ぎたところからはペースを上げて、タイヤがなくなるまでフルプッシュで走るつもりでいました。すると36周目のSPコーナーに差し掛かったところで<ピットに入ってください>と連絡があって、セーフティカーが入る前の絶妙なタイミングでピットインできたことも勝因でした。ここ十何年チャンピオンを獲っていないので最終戦のもてぎも何かあるんじゃないかなと心配していますが、ランキング2位が96号車の新田守男さんというのは嬉しいです。元コンビだったおっちゃん同士でがんばろうかなと思います」

福住仁嶺選手「この優勝は僕にとってSUPER GTでの初めての優勝なので、本当に嬉しいです。高木(真一)さんがうまくレース運びをしてくれて、僕に交代した時にタイヤを4本とも交換しました。ちょうどそのタイミングで雨量が増えてきたのでタイヤをなかなか温められず、最初の4周ぐらいは厳しい状況が続きましたが、タイヤが発熱してからはペースを上げることができて後ろのクルマが離れていきました。しかし、今度は燃費の問題が出てきて<最後まで燃料が持たないかも>と連絡があって、少しペースを抑えました。最後まで走り切れて、優勝という形で終われたので、チームの皆さんには本当に感謝しています」

<ブリヂストン MSタイヤ開発部マネージャー:山本貴彦のコメント>
「GT300クラスのブリヂストンユーザーは、スタート時にはウェットタイヤを選択してレースに臨んでいます。今回優勝のARTAさんは、実に安定したレース運びでトップを奪ってからは大量リードを築きました。その他のブリヂストンユーザーの各チームも序盤で順位を大きくアップして上位陣に加わっています。終わってみれば、トップ4の中に3台のブリヂストンユーザーがいました。そして、チャンピオン争いは、ほぼ高木/福住組と新田/阪口組に絞られました。GT500クラスとGT300クラスのダブルチャンピオン獲得へ向けて強力に各チームをサポートしてまいります」

レース結果

コース:スポーツランドSUGO

[GT300]

決勝

  • 開催日:2019/09/22
  • 天候:Rain
  • 路面:Wet
  • 路面温度:21〜20℃
  • 決勝出走:28
  • 完走:28
  • (3.738km x 78laps = 291.525km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 55 高木 真一/福住 仁嶺 BS Bridgestone ARTA NSX GT3 78 2:08:11.525
2 4 谷口 信輝/片岡 龍也 YH グッドスマイル 初音ミク AMG 78 +15.162
3 96 新田 守男/阪口 晴南 BS Bridgestone K-tunes RC F GT3 78 +56.566
4 65 蒲生 尚弥/菅波 冬悟 BS Bridgestone LEON PYRAMID AMG 78 +1:10.120
5 56 平峰 一貴/S.フェネストラズ YH リアライズ日産自動車大学校 GT-R 77
6 33 S.トン/道見 真也 YH エヴァRT初号機 X Works GT-R 77
7 21 R.ライアン/富田 竜一郎 YH Hitotsuyama Audi R8 LMS 77
8 52 脇阪 薫一/吉田 広樹 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB マークX MC 77
9 9 横溝 直輝/峰尾 恭輔 YH PACIFIC MIRAI AKARI NAC PORSCHE 77
10 18 小林 崇志/松浦 孝亮 YH UPGARAGE NSX-GT3 76
11 360 青木 孝行/柴田 優作 YH RUNUP RIVAUX GT-R 76
12 720 荒 聖治/A.パロウ YH Mclaren 720S 76
13 34 道上 龍/大津 弘樹 YH Modulo KENWOOD NSX GT3 76
14 48 田中 勝輝/飯田 太陽 YH 植毛GO&FUN GT-R 76
15 10 星野 一樹/石川 京侍 YH GAINER TANAX triple a GT-R 75
16 50 加納 政樹/山下 亮生 YH ARNAGE AMG GT3 75
17 2 高橋 一穂/加藤 寛規 YH シンティアム・アップル・ロータス 75
18 5 坂口 夏月/平木 湧也 YH ADVICS マッハ車検 MC86 マッハ号 75
19 60 吉本 大樹/宮田 莉朋 DL SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 75
20 88 小暮 卓史/元嶋 佑弥 YH マネバ ランボルギーニGT3 75
21 35 N.ホートンカム/S.ウォーキンショー YH arto RC F GT3 75
22 11 平中 克幸/安田 裕信 DL GAINER TANAX GT-R 75
23 31 嵯峨 宏紀/中山 友貴 BS Bridgestone TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 75
24 7 藤井 誠暢/J.P.デ・オリベイラ YH D'station Vantage GT3 74
25 30 永井 宏明/織戸 学 YH TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 74
[GT300]

予選

  • 開催日:2019/09/21
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Dry
  • 路面温度:25〜24℃
  • 決勝出走:28
  • (3.738km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 61 井口 卓人/山内 英輝 DL SUBARU BRZ R&D SPORT 1:16.834
2 55 高木 真一/福住 仁嶺 BS Bridgestone ARTA NSX GT3 1:17.189
3 25 松井 孝允/佐藤 公哉 YH HOPPY 86 MC 1:17.517
4 56 平峰 一貴/S.フェネストラズ YH リアライズ日産自動車大学校 GT-R 1:17.561
5 7 藤井 誠暢/J.P.デ・オリベイラ YH D'station Vantage GT3 1:17.767
6 4 谷口 信輝/片岡 龍也 YH グッドスマイル 初音ミク AMG 1:17.828
7 33 S.トン/道見 真也 YH エヴァRT初号機 X Works GT-R 1:18.005
8 10 星野 一樹/石川 京侍 YH GAINER TANAX triple a GT-R 1:18.306
9 34 道上 龍/大津 弘樹 YH Modulo KENWOOD NSX GT3 1:18.430
10 720 荒 聖治/A.パロウ YH Mclaren 720S 1:18.481
11 360 青木 孝行/柴田 優作 YH RUNUP RIVAUX GT-R 1:18.494
12 31 嵯峨 宏紀/中山 友貴 BS Bridgestone TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 1:18.563
13 65 蒲生 尚弥/菅波 冬悟 BS Bridgestone LEON PYRAMID AMG 1:18.596
14 60 吉本 大樹/宮田 莉朋 DL SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 1:18.932
15 35 N.ホートンカム/S.ウォーキンショー YH arto RC F GT3 1:19.708
16 30 永井 宏明/織戸 学 YH TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 1:20.904
17 11 平中 克幸/安田 裕信 DL GAINER TANAX GT-R 1:19.209
18 96 新田 守男/阪口 晴南 BS Bridgestone K-tunes RC F GT3 1:18.991
19 87 高橋 翼/A.クート YH T-DASH ランボルギーニGT3 1:19.446
20 18 小林 崇志/松浦 孝亮 YH UPGARAGE NSX-GT3 1:19.023
21 9 横溝 直輝/峰尾 恭輔 YH PACIFIC MIRAI AKARI NAC PORSCHE 1:19.586
22 21 R.ライアン/富田 竜一郎 YH Hitotsuyama Audi R8 LMS 1:19.108
23 5 坂口 夏月/平木 湧也 YH ADVICS マッハ車検 MC86 マッハ号 1:19.587
24 52 脇阪 薫一/吉田 広樹 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB マークX MC 1:19.173
25 48 田中 勝輝/飯田 太陽 YH 植毛GO&FUN GT-R 1:20.194