塚越広大/松下信治(Astemo NSX-GT/BS)2位、宮田莉朋/サッシャ・フェネストラズ(KeePer TOM’S GR Supra/BS)が3位フィニッシュ

  • 開催場所:鈴鹿サーキット
  • 開催日:2022年05月28日(土) 〜 2022年05月29日(日)
2022年 SUPER GT 第3戦 鈴鹿サーキット [GT500] 結果

まだ5月というのに、いきなり夏の到来を告げるようなコンディションの下で行われた第3戦だった。気温は、30度に達し、路面温度は、この時期としては異例の50度まで上昇した。予選、決勝を通して、コンディションにマッチしたタイヤ選択が各チームを悩ませた。決勝序盤から激しい順位争いが展開されて、度重なるフルコースイエロー(FCY)とセーフティカー導入の展開の末に塚越広大/松下信治(Astemo NSX-GT/BS)が5番手グリッドからスタートして今季初表彰台、2位でフィニッシュした。

_F1A6314.JPG

<予選>
予選の前には、路面温度は40度を超えていた。
予選を迎える前に行われていた午前中の練習走行は、セッションの最終盤に立川 佑路/石浦宏明(ZENT CERUMO GR Supra/BS)に火災が発生して赤旗中断、数分を残して終了となってしまい、多くのチームが予選シミュレーションを行えないまま予選へ突入しなくてはならなかった。Q1では前戦の富士で大クラッシュしてしまった千代勝正/高星明誠(CRAFTSPORTS MOTUL Z/MI)がマシンの修復、ドライバー高星選手も問題なく復帰し、ベストタイムを記録していた。そしてQ2では、宮田莉朋/サッシャ・フェネストラズ(KeePer TOM’S GR Supra/BS)が各セクターでコースレコードを大きく上回る速さで走行していたが、最終セクターのシケイン手前のブレーキングでミス。再度アタックをかけたが、2番手となった。ポールポジションは前戦に続き、国本雄資/阪口晴南(WedsSports ADVAN GR Supra/YH)が獲得している。

_F1A1914.JPG

<決勝>
雲ひとつない空、気温は午後の決勝スタートに向けてグングンと上昇して30度に達していた。そして路面温度は50度。タイヤに厳しい高温との戦いとなった。スタート直後の1コーナーからトップの順位争いが展開され、3番手からスタートした千代/高星組がトップに立った。7番手から上位進出が期待されていた平峰一貴/ベルトラン・バゲット(カルソニックIMPUL Z/BS)はエンジントラブルでストップするという不運。そして、8番手スタートの坪井 翔/ジュリアーノ・アレジ(ua TOM’S GR Supra/BS)はグリッドに向かう途中に黄旗区間で他車を抜いてしまい、ドライブスルーペナルティが通告。ブリヂストンユーザーが消え、また続々と後退するという展開になってしまった。
酷暑のコンディションで52周レースの3分の1を終えたところにピットインしてタイヤをコンディションに合わせて交換するチームが多かった。このピットインタイミングで塚越/松下組が2位へ。3位には宮田/フェネストラズ組、4位に関口雄飛/中山雄一(DENSO KOBELCO SARD GR Spura/BS)がつけていた。
千代/高星組は、トップの座をキープしてそのままゴール。大アクシデントからの復活、優勝を果たした。

_76A4204.JPG

<ブリヂストン MSタイヤ開発マネージャー:山本貴彦のコメント>
「この5月に路面温度が50度に達するという状況は異例でした。今回鈴鹿に持ち込み、各チームに供給したタイヤの想定温度レンジをオーバーしていました。ユーザーさん達にとっては、予選からソフト側、ハード側どちらをチョイスするか迷い、悩ましい状況でした。予選Q1で使用したタイヤでスタートするというタイヤの抽選となって、ソフト側をQ1で装着していたチームはミニマム周回でピットインしてハード側にして復帰していましたが、中盤以降路面温度がどんどん下がって、また難しい状況になってしまいました。昨年のように表彰台を他社メーカーのタイヤユーザーさんに独占されることからは改善されたのですが、まだまでですね。次戦は富士、夏真っ只中ですからもっと厳しい状況なので、気を引き締めて臨みます」

レース結果

コース:鈴鹿サーキット

[GT500]

決勝

  • 開催日:2022/05/29
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 路面温度:50°C〜38°C
  • 決勝出走:15
  • 完走:13
  • (5.807km x 52laps = 301.964km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 3 千代 勝正/高星 明誠 MI CRAFTSPORTS MOTUL Z 52 1:55'50.895
2 17 塚越 広大/松下 信治 BS Bridgestone Astemo NSX-GT 52 1:55'55.444
3 37 S.フェネストラズ/宮田 莉朋 BS Bridgestone KeePer TOM'S GR Supra 52 1:55'55.727
4 39 関口 雄飛/中山 雄一 BS Bridgestone DENSO KOBELCO SARD GR Supra 52 1:55'55.775
5 19 国本 雄資/阪口 晴南 YH WedsSport ADVAN GR Supra 52 1:55'59.252
6 24 佐々木 大樹/平手 晃平 YH リアライズコーポレーションADVAN Z 52 1:56'01.324
7 8 野尻 智紀/福住 仁嶺 BS Bridgestone ARTA NSX-GT 52 1:56'01.367
8 14 大嶋 和也/山下 健太 BS Bridgestone ENEOS X PRIME GR Supra 52 1:56'04.173
9 100 山本 尚貴/牧野 任祐 BS Bridgestone STANLEY NSX-GT 52 1:56'05.199
10 36 坪井 翔/G.アレジ BS Bridgestone au TOM'S GR Supra 52 1:56'06.257
11 64 伊沢 拓也/大津 弘樹 DL Modulo NSX-GT 52 1:56'08.659
12 23 松田 次生/R.クインタレッリ MI MOTUL AUTECH Z 52 1:57'25.117
13 16 笹原 右京/大湯 都史樹 DL Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT 37 1:21'42.441
- 38 立川 祐路/石浦 宏明 BS Bridgestone ZENT CERUMO GR Supra 10 DNF
- 12 平峰 一貴/B.バゲット BS Bridgestone カルソニック IMPUL Z 1 DNF
[GT500]

予選

  • 開催日:2022/05/28
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 路面温度:44°C〜38°C
  • 決勝出走:14
  • (5.807km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 19 国本 雄資/阪口 晴南 YH WedsSport ADVAN GR Supra 3 1'44.112
2 37 S.フェネストラズ/宮田 莉朋 BS Bridgestone KeePer TOM'S GR Supra 5 1'44.269
3 3 千代 勝正/高星 明誠 MI CRAFTSPORTS MOTUL Z 3 1'44.425
4 16 笹原 右京/大湯 都史樹 DL Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT 3 11'44.457
5 17 塚越 広大/松下 信治 BS Bridgestone Astemo NSX-GT 4 1'44.653
6 39 関口 雄飛/中山 雄一 BS Bridgestone DENSO KOBELCO SARD GR Supra 4 1'44.925
7 12 平峰 一貴/B.バゲット BS Bridgestone カルソニック IMPUL Z 4 1'45.662
8 36 坪井 翔/G.アレジ BS Bridgestone au TOM'S GR Supra 3 1'46.137
9 14 大嶋 和也/山下 健太 BS Bridgestone ENEOS X PRIME GR Supra 3 1'45.219
10 24 佐々木 大樹/平手 晃平 YH リアライズコーポレーションADVAN Z 3 1'45.233
11 64 伊沢 拓也/大津 弘樹 DL Modulo NSX-GT 4 1'45.293
12 23 松田 次生/R.クインタレッリ MI MOTUL AUTECH Z 3 1'45.360
13 8 野尻 智紀/福住 仁嶺 BS Bridgestone ARTA NSX-GT 3 1'45.388
14 100 山本 尚貴/牧野 任祐 BS Bridgestone STANLEY NSX-GT 3 1'45.640
- 38 立川 祐路/石浦 宏明 BS Bridgestone ZENT CERUMO GR Supra DNS